クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~

キャッシュレス社会でこの先生きのこるため、クレジットカードのお得情報や入会審査に関する情報を発信しています。

LINEが利用者の通信履歴・連絡先データ等を利用、「信用スコアリング」による金融サービス参入へ



「LINE」が会員の通信履歴や連絡先データを解析し、個人単位の信用情報格付けを行い、貸金ビジネスを開始する模様です。

「ビッグデータの活用」といえば聞こえはいいですが、統計データじゃなくて個人単位の信用情報のスコアリングなのがかなり引っ掛かります。登録時の会員規約をあまり読まずに「同意」ボタンを押して会員登録してしまっている私も悪いっちゃ悪いのですが。

遠くない将来、こうした通信サービスやキャリアの支払い履歴や通信履歴、連絡先 (つまりは家族、友人など) の交友関係から勝手に信用情報のスコアリングが行われ、社会的な格付けが行われてしまうのかも知れませんね。

LINEが推進する、信用情報スコアリングとは

基本的にはクレジットカード入会審査におけるスコアリングとやろうとしていることは同じです。

何らかの基準からその人の支払い能力に点数を付けて、「この人は80点だから300万円まで枠をつけてあげよう」、「この人は45点だから100万円まで」、「この人は20点未満の赤点だから融資できないな」、というイメージですね。

例えば、信用力診断サイトの「マイスコア」ではご自身の年収や勤続年数などを入力することで疑似的に自分の信用情報をスコアリング出来ます。

通信アプリ大手のLINEはことし、利用者数7800万のメッセージアプリのデータを基に算出した信用スコアを活用して融資を行うサービスに乗り出します。

信用スコアから一人一人に適した貸し付け利率や利用できる金額が決まることから、利用者は自分の使えるお金に合わせて交際費や医療費など急な出費にも対応しやすいとしています。

引用元 : NHK NEWS WEB あなたの信用力は?「信用スコア」 活用広がる

NHKではさもごく最近のニュースかの様な伝え方をしていますが、実は2018年11月27日に開催されたフィンテックカンファレンスにおけるLINEグループ事業戦略発表会で既に発表されている既知の情報です。報道しない権利というやつですね、NHK。

スコアリングは、個々人に対していくらまで融資可能か、というデータを作成して様々な事業に活用することが目的です。

関連記事
あなたの信用度を自動計算!「スコアリング」の実態

今回はクレジットカード入会審査の際に行われる自動審査システムによる、「スコアリング」の詳細について書いてみたいと思います ...

続きを見る

例えば、クレジットカード入会審査においては、以下の属性を用いてカード入会申し込みしてきた人を入会させて良いか落とすか、入会させる場合はいくらまで立替えて良いかという判定を行っています。

  • 年収
  • 勤務先、勤続年数
  • 持ち家の有無
  • 既婚 or 未婚
  • 扶養家族の有無
  • 指定信用情報機関における支払い履歴

こうした、信用情報スコアリングデータベースを、既存の指定信用情報機関 (CIC, JICCなど) の情報によらず自社サービスの会員の通信履歴・連絡先情報・決済履歴などを用いて構築し、自社ビジネスに利用する流れになります。

 「LINEスコア」では、みずほ銀行およびオリコが有する与信審査ノウハウに加えて、非金融領域のデータとして、「LINE」およびLINEファミリーサービスの利用状況をはじめとするLINEプラットフォーム上での行動傾向データを活用。ユーザーの追加情報入力等を踏まえて、総合的にスコアを算出する予定だ。スコアの算出は、ユーザーからの同意をもとに行われる。

引用元 : MONEYzine LINEのスコアリングサービスと個人向けローンが目指すもの

某巨大掲示板では、「俺の通話履歴が勝手に抜かれている」などと騒いでいる方もおりましたが、一応ユーザからの同意を得た上でスコアリングを行うとのことです。

ただしこの、「行動傾向データ」というのが何を意味するのかは分かりません。LINEをインストールしたとき、しきりに位置情報を常時ONにしてLINEを使っていない時でも常時位置情報を提供するように求められた気がしますが。。。

ユーザの位置情報を分単位で監視して、そこからどのサービスをどれぐらい利用しているのか、という傾向を割り出すためのものなのでしょうか?そして、その行動傾向データや、LINE Pay等のチャージ頻度・金額・利用内容などから支払い能力を推測、よりお得な融資サービスなどの営業を行うのかな?と想像が膨らみます。

スポンサーリンク

百貨店の昔ながらの「外商」に似ているのかも

自社のサービス利用履歴から、優良顧客を選別してその人たちにより消費してもらうために各種の優待サービスを提供したり、顧客の自宅へ足を運んで高額商品の取引をしたり、といった囲い込みをどの百貨店も多かれ少なかれ行っています。見方を変えればこうしたデータ解析による顧客選別は外商制度に似ているのかも知れません。

支払いに関する履歴以外も細かくチェックされていると思うとちょっと気持ち悪いですが。

信用情報スコアリングビジネスの問題点

私が古い人間だからかも知れませんが、こうした信用情報を信用情報機関や金融機関以外が行うことによる弊害が懸念されます。

何らかの形で既にグループ内に金融関連企業を持っていたり、金融関連の経験が長い企業がスコアリングサービスを行うならまだ抵抗もないのですが。

またNTTドコモはことし3月から、携帯電話料金の支払い履歴や利用状況などを基に個人の信用スコアを算出し、金融機関などに提供するサービスを始めます。

ヤフーもネット通販や検索の履歴などの情報を活用し、信用スコアを企業に提供する実証実験を始める計画です。

中国ではこうした信用スコアが普及していて、スコアが高いほど不動産契約や就職活動などで優遇される仕組みが広がっているということです。

日本でもことし、信用スコアを活用したサービスがどこまで広がるのか注目されます。

引用元 : NHK NEWS WEB あなたの信用力は?「信用スコア」 活用広がる

スポンサーリンク

  • 信用情報そのものの精度が低いのではないか
  • 目的外の利用で不利益を被る人が増えるのではないか
  • 恣意的なスコアリング基準による思想信条の統制につながりはしないか
  • 融資や投資の過剰な勧誘が増えるのではないか

個人的に懸念しているのはこの辺りでしょうか。個人情報でも特にセンシティブな部分を扱うため、取扱企業もきちんとした会社であって欲しいのは万人が望むところでしょうし、当初の目的から大きく逸脱した利用が行われた場合や情報が漏洩した場合のペナルティなどが明示されていない段階では不安が残りますよね。

購入履歴、支払い履歴から情報を収集するのはまだ分かりますが、会話の履歴を見る必要があるんでしょうか?「LINEってイマイチ使えないよねー」なんて発言してたらスコア下げられるんじゃね?と勘繰られても仕方のないところな気がします。スコアリング基準が明示されており、ユーザが自分自身で検算できたりするならまだマシですが。

これまでクレジットカード会社、消費者金融、銀行等が占有していた信用スコアリングや貸金業に、他業種からの参入がしやすくなるというのはメリットなのかも知れません。

しかしノウハウのない企業や、遵法意識の低そうな企業には参入して欲しくないと思うのは私の心が狭くトレンドに追い付けない老人なんでしょうかね。CICに誤った延滞情報を大量登録しておいて知らんぷりのソフトバンクみたいな企業は願い下げです。

中国ではこうした信用スコアが普及していて、スコアが高いほど不動産契約や就職活動などで優遇される仕組みが広がっているということです。

中国ではAlipayの展開する信用情報スコアリングサービスで高得点を取れないと色々不便を被るそうです。Alipayには芝麻信用という付随する機能があり、以下の5項目の領域で個人信用情報のスコアリングを毎月行い、このスコアが劣ると与信や金利優遇面で良くない扱いを受けるそうです。

  1. ステータス・購買力
  2. 支払履行能力
  3. クレジットヒストリー
  4. 交友関係
  5. 消費における特徴

例えば友達が少なかったり、ケチケチ倹約して貯金してたりするとあまり良いスコアを与えられず、住宅ローンを組むときにも金利の低くないサービスを案内されてしまったりするんでしょうか。

この辺り、別の機会にもう少し掘り下げて紹介します。

ともあれ、スコアリングが行き過ぎるとこの様な管理社会とも言える息苦しい社会の到来も現実的にあり得るという事、スコアリングを行う企業が絶大な力を持ちうる事、これらがリスクであると言えるでしょう。日本じゃまだまだそうなりそうもないですが。

おわりに

今回はNHKの報道による、「LINE」の信用情報スコアリングや貸金業参入に関するお話、スコアリングが行き過ぎる場合の問題点などについてのお話でした。

最後まで読み進めていただき、ありがとうございました。

関連記事

発行しやすい人気のクレジットカード

ライフカード年会費有料版(Ch)

審査が不安な方向けのライフカード登場!
他社でクレジットカードを作れなかった人、申し込む価値アリです。
・年会費5,000円+消費税
ライフカードの完全独自基準による寛容な審査。
「審査の通りやすさ」がウリ。
・喪明けからのクレヒス育成に!
・お誕生月はポイント3倍!ポイントは各種ポイント、マイル、仮想通貨に交換可能

カード不正利用・紛失対応 〇
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
5,000円+消費税0.5%~1.5%
ANA 2.5~7.5マイル/1000円
★+
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
一週間程度10万~30万円★★★★+★★★++

デポジット型ライフカード(Dp)

有料版ライフカード(Ch)を作れなかった方でも審査に通るライフカード登場!
どうしてもクレジットカードを欲しい方、他社でクレジットカードを作れなかった人、申し込む価値アリ。
・年会費5,000円+消費税 (ゴールドは10,000円+税)
デポジット (保証預り金 : 10万円 or 20万円~190万円) がそのまま利用限度額に
デポジットを預ければほぼ誰でも審査に通る。
・喪明けからのクレヒス育成に!
・お誕生月はポイント3倍!ポイントは各種ポイント、マイル、仮想通貨に交換可能

カード不正利用・紛失対応 〇
ゴールドカードは空港ラウンジも利用可能

年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
一般 : 5,000円+消費税

ゴールド : 10,000円〜20,000円+消費税
0.5%~1.5%
ANA 2.5~7.5マイル/1000円
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
3営業日~一般 : 10万円
ゴールド : 20万円~90万円 (年会費10,000円+消費税)
ゴールド : 100万円~190万円 (年会費20,000円+消費税)

※ ゴールドのみ20万円~190万円まで選択可 (同額の預り金が必要)
★★★★+★★★++

アメリカン・エキスプレス®・カード

海外旅行に強いアメックスの元祖、定番のT&Eカード。
各種プロテクション(不正利用補償・ショッピング返品保障・盗難/紛失補償)が充実。
海外旅行サポート … ○
・国内空港ラウンジ … ○ (同伴者一名も無料利用可能)
・海外空港ラウンジ … ○ (プライオリティパス、スタンダード付帯)
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
12,000円(税別)0.3%~1% (最大3.0%)
ANA1マイル/100円 
 ★★★+
最短発行ステータス度サービス充実度お得度
通常1~3週間★★★★★★★★★★★++

セディナカード Jiyu!da!

自由自在に毎月の支払額・支払い方法を選べる審査緩めのリボ専用カード
・年会費無料
審査は比較的寛容
・口座引き落とし+余裕のある時は追加返済、返済プランも自由に!
・ハローキティデザインも選べます

ダイエーとイオンで毎日ポイント3倍! & 海外のショッピング利用もポイント3倍!
・新規入会&登録で最大6,000ポイントプレゼント
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料0.50%~1.50%★★+
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
審査 : ~二営業日
発行 : ~二週間
10万~200万円★★★★★★★

※本サイトの表記内容は2018年11月現在の内容になります。正しい詳細に関しては株式会社セディナの公式ページをご確認下さい。

楽天カード

楽天カードマンでお馴染み、年会費無料の高還元率カード。最初の一枚におススメ。
・信用育成後は最大ショッピング枠最大300万円/キャッシング枠最大100万円
常時1%以上の還元率
・楽天市場で3%~還元!
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料1%~10%★★++
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
一週間5万~100万円★★+★★★★

VIASOカード

安心と信頼の銀行系ブランド、三菱UFJニコスによる年会費無料カード
・最短で翌営業日発行
国内/海外旅行保険(最大2,000万円)利用付帯
・たまったポイントは1ポイント1円で年一回オートキャッシュバック
・会員用ショッピングモール経由でのネットショッピングで最大10%還元
・ETCカード決済でポイント2倍
・大手携帯電話キャリア利用料金(NTTドコモ、au、Softbank、Y!Mobile)決済でポイント2倍
・大手プロバイダ利用料金(Yahoo! BB、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN)決済でポイント2倍
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
無料0.50%
5ポイント/1,000円
★★++
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
最短1~2営業日10万~100万円★+ ~ ★★★★★★★

三井住友VISAクラシックカード

VISAカードの定番、銀行系プロパーカード!迷ったときはこれを作っておけばOK
・緊急時の対応に定評あり、学生の方や初心者におススメ
クレジットカードに必要な基本機能を一通り備えたカード
信頼と安心の銀行系プロパーカード
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
 初年度無料
翌年以降1,350円
0.5%~1.0%
ANA300~600マイル/10万円
★★★(一般)
★★++ (学生)
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
3営業日10万~80万円★★★+★★★

dカード

ドコモユーザでなくても発行可能!作れば確実にお得、今や作らないのはもったいない
・ローソンでのお買物、5%還元!
・年会費永年無料!!
・マツキヨ系列ドラッグストアでdポイント3倍!
・最短5分の超速審査!
・普段のお買物は1%還元
・ポイントは1ポイント単位で無駄なく利用可能!
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料 1.0%~4.0% ★★++
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
即日審査完了(条件付き)10万~100万円★★★★+★★★★★+

マジカルクラブTカードJCB

高齢ホワイトでクレジットカード審査に通らない方、マジカルで修業しませんか?
・年会費は永年無料!
Tポイントが貯まりやすい
・審査は相当に寛容な部類
・高齢ホワイト(クレヒスなし)にも優しい審査
・限度額はやや低め

年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料0.5%~★★
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
二週間程度3万円~100万円★★★++★★★++

JCB CARD W

安心と信頼のJCBブランドによる高還元プロパーカード
・いつでもどこでもポイント還元率2倍
・18歳~39歳までの方専用カード

JCB CARD W plus LにはJCB LINDAと同様の女性向けサービス多数付帯

 

年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
無料0.70%~2.50%★★★
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
~2週間明記なし
初期与信~100万(?)
★★★★★★

おすすめ記事

1

2018年8月現在の、日本国内の主要クレジットカードの審査難易度のランキングです!当サイト独自基準で作成しております。2 ...

2

2018年8月現在の日本国内の主要クレジットカードの審査難易度の一覧をランキング形式で公開いたします!先日公開した、「ラ ...

3

保証金を預ければ誰にでも発行されると噂のデポジット型ライフカードについて紹介します。カード受取時に代引きでデポジット ( ...

4

今回は反響の大きかった、「ライフカード有料版(Ch)」と一般のライフカードの違いについて、審査における違いや付帯特典の違 ...

5

年会費無料ながら、ライフカード(Ch)などと同等に審査に不安のある方でも通りやすいと言われているセディナカードJiyu! ...

6

今回は、クレジットカードに必ず載っている、「VISA」や「Mastercard」といったいわゆる「国際ブランド」と呼ばれ ...

7

今回は最近よく聞く、「共通ポイント」という言葉の意味や、日本国内で現在主流となっている共通ポイントについて解説します。 ...

8

今回は、2018年4月現在の主要なクレジットカードに特典として付帯してくる、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の一覧表を ...

-個人信用情報, 時事ニュース

Copyright© クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~ , 2019 All Rights Reserved.