クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~

キャッシュレス社会でこの先生きのこるため、クレジットカードのお得情報や入会審査に関する情報を発信しています。

入会審査が寛容・独特なクレジットカード五選!2019年1月版

投稿日:2019年1月7日 更新日:



今回は2019年1月現在の、独自のスタイルの入会審査を行っており、人によっては入会しやすいと言われているクレジットカードをいくつか紹介します。

必ずしも審査が緩いというわけでは決してありません。しかし一般的な審査基準とは少し異なる基準であると言われており、様々な理由でクレジットカード入会審査に落ちてしまう方でも、これらのカードであれば入会できるかも知れません。

注 : あくまで当サイト独自の調査結果に基づく記事内容であり、入会審査を約束するものではないことをご了承の上読み進めていただくようお願いします。

独自基準で入会審査を行っているクレジットカード五選!

その一. アメリカン・エキスプレス・カード

いわゆる「グリーンカード」と呼ばれるアメックスのエントリーカード。

全般的にアメックスのクレジットカード入会審査は緩くありません。定職・固定収入があること、一定以上の収入がある事 (当カードの場合、年収300万円以上) が要求されます。専業主婦、学生、フリーターは門前払いです。

アメックスの特徴は、審査において現在の支払い能力を何よりも重視しており、過去の延滞や異動情報によるマイナスの評価は相対的にかなり小さく扱われることです。

そのため、過去に異動や強制解約があった方でも、定職に就いているか定期的な収入があり、継続的に利用代金を支払えると判断された場合、カード入会に至るケースが多いです。

同様に、スーパーホワイト (これまでクレジットカードを利用してこなかったり、ローンで品物を購入した事がなく、信用情報が真っ白の方) に対しても比較的寛容な審査基準の様なので、これまで現金主義でやってきたがために、信用情報が真っ白すぎて本人にの属性に問題がなくても、クレジットカード審査で落とされてしまう方にも向いています。

年会費は12,000円 (+消費税) と安くはありませんがその分アフターケアはしっかりしており、コールセンターのオペレータの対応や不正使用にあった際の対応もピカイチです。

アメックスグリーンカード詳細

アメックスの審査基準に関する考察

その二. ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANA (全日空) 提携のアメックスカードのエントリーレベルのクレジットカード。

アメックスグリーンカードと同等、もしくは少し審査基準が低めとも言われています。やはり現在の支払い能力に大きな比重を置く審査基準をとっており、過去に金融事故を起こしてしまったものの今は更生しており支払い能力がしっかりしている方や、いわゆるスーパーホワイトの方にとっても最初の一枚として適したクレジットカードです。

年会費も7,000円+消費税とアメックスの中では飛び抜けて格安であるのも魅力のひとつです。また、ANAマイルとの等価交換可能なポイントがカード利用100円 : 1ポイントのレートで貯まっていくため、将来はマイルを貯めてタダで旅行に行きたいと考えている方にも◎。

ANAアメックスカード詳細

その三. 年会費有料ライフカード(Ch)

「審査が不安な方向けに」を謳ったクレジットカード。

年会費有料ライフカード(Ch)は、ショッピング枠利用に用途を絞り審査基準が寛容な、セーフティネットとも呼べるクレジットカードです。一括払い・リボ・分割払いに対応しています。他社のクレジットカードで審査落ちした方でも、本カードで審査可決し、クレヒスを積み上げて他社発行のクレジットカードをいくつも取得している事例も多数あります

年会費が5,000円+消費税分かかるものの、一般のマスターカードブランドのクレジットカードとして利用可能であるため、各種オンラインショッピングやデビットカード利用不可能な月額課金サービスの支払いに大活躍してくれるでしょう。

また、ETCカード無料発行対応、電子マネーiD (アイディ)、Apple Pay対応とクレジットカードがあれば使いたい基本的なサービスに一通り対応しています。

審査の不安な方向けとは言え、カードデザインも通常のライフカードと同一デザインであるため、外出先でも何も気にせず堂々と使えるところも◎!

初年度年会費5,000円+消費税をカード受取時に代引きで支払う必要があります。要注意!

年会費有料ライフカード(Ch)詳細

年会費有料ライフカード(Ch)の審査基準・可決率の考察

[実際の可決率は?]ライフカード有料版(Ch)の審査合否情報

クレジットカード審査の常識を覆すレベルで、「さすがにこれは厳しいか」という人にも発行してくれるライフカード有料版(Ch) ...

続きを見る

その四. アコムマスターカード

消費者金融のアコムが発行するクレジットカード。即日発行可能である点が他社にない強み。

通称アコマス。全国に多数存在するアコムの無人契約機で即時発行可能なクレジットカードです。申込み当日に発行できるという、他社にない強みがあります。

消費者金融基準の審査であるため、何とかして発行してくれようとします。よほどのことがない限り、申込めばある程度の結果が期待できます。

消費者金融のローンカードにクレジット機能が付帯している、といっても良いスタンスのクレジットカードです。マスターカードブランドでの決済が可能であるため、一度取得できれば様々な場面でクレジット決済時に活躍してくれるでしょう。

リボ専用カードのため、金利を把握した上で繰り上げ返済して使うようにしましょう

もちろんこのカードでクレジットカード決済をしてきちんと返済すればクレヒスも付きます。ライフカード(Ch)同様、このカードでクレヒスを積み上げて立ち直り、他社カードを多数取得している方も何人もいます。

アコムマスターカード詳細

その五. デポジット型ライフカード(Dp)

何が何でもクレジットカードが欲しい、アコマスもライフカード(Ch)もダメだった人向け。

昨年秋ごろからひっそりと登場したデポジット型クレジットカードという新しいスタイルのクレジットカードです。

ショッピング枠利用限定、リボ・分割支払い不可能という縛りがあり、あらかじめショッピング枠限度額と同額のお金 (スタンダードカード : 10万円、ゴールドカード : 20万円) をライフカードに預けておく必要があります。何かあっても予め預けておいたデポジットから支払いになるため、審査基準も非常に寛容なものと推測されます。年会費有料ライフカード(Ch)やアコムマスターカードの審査にも落ちてしまった場合の最終手段として控えていてくれるイメージでしょうか。

デポジット型というデビットカードにかなり近いスタイルではありますが、クレジットカードの分類であり、入会時や毎月の利用時には信用情報機関 (CIC、JICC) への照会・記録を行います。そのため使っていけばクレヒスも育ちます。

まずはライフカード(Ch)やアメックスなどを検討し、どうしてもダメな場合のご利用が一般的な流れになるでしょう。実際に本カードの申込み案内はライフカード(Ch)の審査に否決された方のみに送られてきており、クローズドな応募受付けが主流の様です。

デポジット型ライフカード(Dp)詳細

 

番外編 : もはや一般クレジットカードと同水準の審査を行っていると言われているクレジットカード

楽天カード

一時期は、「誰でも通る」、「職業 : 忍者でも通る」、「職業 : モンスターハンターでも通る」などと滅茶苦茶なことを言われていましたが、実態はかなり異なります。信用情報ホワイトには概して厳しめです。クレヒスのない方はいきなり申し込まず、スマホ割賦購入、ライフカード有料版(Ch)、アコマスなどでとにかく半年分のクレヒスを作ってからの申込み推奨です。

かつて存在した、ショッピング枠5万円での審査可決の報告も途絶えてしまっており、審査否決の報告事例が徐々に増えています。これまでよりも入会審査レベルを少し引き上げたものと思われます。

しかし信用情報にキズがなければ大抵は審査に通過するのも事実ではありますし、年会費無料でかなりしっかりしたオンラインサービスを提供しているため、年会費無料にこだわる場合は有力な選択肢になるでしょう。

カード入会で楽天スーパーポイントが沢山もらえるのも魅力的ですね。

エポスカード

プロセントによる機械審査を主要な審査として行っているどころか、実は機械審査しかしていないのではないか、とすら一部で言われています。さすがにそれはないと思っていますが・・・。

しかしエポスで一度事故を起こしてしまうと社内ブラックは永久不滅とも言われており、イメージとは裏腹に再入会審査は一筋縄ではいかない場合も。

マジカルクラブTカードJCB

かつては大抵の人なら審査に通るリーサルウェポンとも言われていた、いわば最終兵器のひとつであったクレジットカードも今は昔。

年会費無料カードの入会審査が渋くなって来ている傾向があると言われていますが、その傾向に違わず、ライフカード(ch)よりも明らかに高難易度になっているようです。

おわりに

今回は2019年1月現在の、独自基準の審査を行っており、人によっては一般的なクレジットカードよりもかなり入会が容易な可能性のあるクレジットカードをいくつか紹介しました。

キャッシュレス化が進んで、スマホ決済などでクレジットカードがなくても非現金決済が行える機会が増えてきたとはいえ、やはりクレジットカードが必須な場面もまだまだ多く残っているのが現状です。この社会インフラともいえるクレジットカードを利用できないことで被る不利益・不便はとても大きいものです。セーフティネットたるカードこそが今必要なものであるという当サイトの考え方は今年も変わっていません。本記事がクレジットカードが作れず困っている方の一助になれば幸いです。

今回も最後まで読み進めて下さり、ありがとうございました。

関連記事

おすすめ記事

1

2018年8月現在の、日本国内の主要クレジットカードの審査難易度のランキングです!当サイト独自基準で作成しております。2 ...

2

2018年8月現在の日本国内の主要クレジットカードの審査難易度の一覧をランキング形式で公開いたします!先日公開した、「ラ ...

3

今回は反響の大きかった、「ライフカード有料版(Ch)」と一般のライフカードの違いについて、審査における違いや付帯特典の違 ...

4

今回はクレジットカードの基礎知識として、クレジットカード利用枠のメイン枠である「ショッピング枠」と「キャッシング枠」につ ...

5

今回は、クレジットカードに必ず載っている、「VISA」や「Mastercard」といったいわゆる「国際ブランド」と呼ばれ ...

6

今回は最近よく聞く、「共通ポイント」という言葉の意味や、日本国内で現在主流となっている共通ポイントについて解説します。 ...

7

今回は、2018年4月現在の主要なクレジットカードに特典として付帯してくる、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の一覧表を ...

-クレジットカード審査・与信・利用限度額

Copyright© クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~ , 2019 All Rights Reserved.