クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~

キャッシュレス社会でこの先生きのこるため、クレジットカードのお得情報や入会審査に関する情報を発信しています。

楽天カード、「日本で一番使われているクレジットカード」になったが、実際どれぐらいすごい事なのか?

投稿日:2018年2月24日 更新日:



2017年上半期のクレジットカード取扱高で楽天カードがついに日本で首位に立った、というニュースが2018年1月10日に流れました。覚えている方も多いと思います。今回は業界全体の取扱高の推移や、楽天カードのシェアの伸び率、業界全体の各社のシェアなどについて、ひと月前のニュースを分析してみたいと思います。

因みに日本で首位ということは、クレディセゾンや三井住友カード、三菱UFJニコスを抜いたということになります。勢いが止まらない楽天カード。テレビCMなどで知名度を上げて急激にシェアを伸ばし続けていましたが、名実ともに「日本で一番使われているクレジットカード」に成長したことになります。

楽天カードマンが急速にクレジットカード業界の勢力図を塗り替えつつあります。やはり年会費無料かつ高還元率カードの重力に魂を引かれる人は多いという事です。

楽天カード初の首位 クレジット取扱高3兆円 昨年4~9月 大量のポイント強み  2018/1/10付日本経済新聞 朝刊

クレジットカード業界の勢力図が変わりつつある。楽天グループのカード会社、楽天カードの2017年4~9月期の取扱高は約3兆円に達し、三菱UFJニコスなど銀行系を抜き、自社発行ベースで初めて首位に立ったもようだ。強みはグループ全体で総額2000億円に及ぶポイント付与。今後カード代金のポイント払いも検討する。

楽天カードの穂坂雅之社長が「提携カードを除いた取扱高でトップに立った」と明らかにした。

引用元 : 日本経済新聞 「楽天カード初の首位 クレジット取扱高3兆円 昨年4~9月 大量のポイント強み」
URL    : https://www.nikkei.com/article/DGKKZO25464490Z00C18A1EE9000/



楽天カードの快進撃

2017年4月~9月、上半期で3兆円の取扱高 … ってどれぐらいすごいのか

単独で12%程度の市場シェア

3兆円、という数字だけ見ると何となくすごい気になるんですが、これがどれぐらいのことなのか、統計資料を当たって調べてみました。

「一般社団法人日本クジレット協会」(東京都中央区)という団体が日本国内におけるクレジットカードの取扱高や利用残高の統計を発表しています。それによると、2016年の国内クレジット取扱高は、49兆7259億円です。

引用 : 一般社団法人日本クレジット協会 「市場規模統計」 (https://www.j-credit.or.jp/information/statistics/download/toukei_03_h_170630.pdf)

楽天カードは上半期だけで取扱高3兆円に達しているので、単純計算で行けば年間6兆円を超える計算になります。

クレジットカード取扱高総額が、

  • 2014年 → 2015年で5.6%増加
  • 2015年 → 2016年で6.3%増加
  • 2016年 → 2017年で6.0%増加 (前2年からの仮定)

2017年を前年+6%の伸びとした場合、52,709,511となり、約52兆7095憶円の取扱高となります。

市場シェアの11.3%程度を単独で占める見込みであることになります。

実際の市場シェアは?

引用元 : クレディセゾン IR情報 (http://corporate.saisoncard.co.jp/ir/data/) 内、「2017年第二四半期決算説明会」資料

クレディセゾンの決算資料で、毎年各クレジットカードグループ単位での市場シェアを分かりやすく表記してくれています(2016年度統計)。それによると、首位のセゾングループで14.6% (クレディセゾン単体で9.2%、残りがUCや高島屋セゾンなど関連企業)、三井住友FGが14.3%、三菱UFJニコスが13.6%と続き、楽天カードは10.1%で4番手です。

2015年のセゾン決算資料の統計では、首位のセゾングループで15.1% (クレディセゾン単体9.3%)、三井住友FGが14.8%、三菱UFJニコスが14.1%、4番手が楽天カードで9.1%でした。上位3社が軒並みシェアを減らし、減らした分の相当な部分を楽天カードが吸収していることになります。

先の日経記事では「楽天カードの穂坂雅之社長が「提携カードを除いた取扱高でトップに立った」と明らかにした。」とあります。

2015年度(2015年4月~2016年3月)までの情報であることや、クレジットカード取扱高全体の伸び率、そして後述の楽天カードの伸び率を見ても、「グループ単位でなく会社単位でみた場合に楽天カードが首位に立ったのはほぼ間違いないということなのでしょう。

スポンサーリンク

このペースで市場シェアが推移していくと、早ければ二年以内にグループ単位の統計でも3位に浮上してしまいそうです。楽天カード恐るべしです。

年率20%超えの伸び率

同社が発行するカードがどれくらい使われたかを示す取扱高は前年同期比21%増の2兆9968億円。

引用元 : 日本経済新聞 「楽天カード初の首位 クレジット取扱高3兆円 昨年4~9月 大量のポイント強み」
URL    : https://www.nikkei.com/article/DGKKZO25464490Z00C18A1EE9000/

前年同期比21%増という恐ろしい伸び率です。また、日経の同記事添付の資料によると2012年上期と2017年上期で約3倍にまで取扱高が膨れ上がっています。そりゃ首位にもなりますわな…。

伸び率の源泉は「楽天スーパーポイント」

日経の同期時によると、楽天カードの取扱高を伸ばす最大の要因がポイント付与、とのこと。2016年には年間2000億円分の楽天スーパーポイントを利用者に付与しているそうです。楽天市場での4%還元が取扱高を押し上げる要因であるとのこと。

年間で2000億円もポイントを付与していたらそりゃ加入者も伸びるわな…、と思ってしまいますが、実は楽天市場以外での決済が全体の80%以上を占めており、残り20%弱が楽天市場での決済とのこと。

(参考) 日本国内のクレジットカード与信総額と残高(未返済)

引用 : 一般社団法人日本クレジット協会 「市場規模統計」 (https://www.j-credit.or.jp/information/statistics/download/toukei_03_h_170630.pdf)

「日本クレジット協会」の統計資料を読んでみると、日本国内の信用供与額(与信の総額)が53兆9265億円、期末時点での信用供与残高(クレジット未返済総額)が10兆227億円であることが分かります。

クレジットカード取扱高総額が、2014年→2015年で5.6%、2015年→2016年で6.3%の増加であることが先のクレジット協会資料からわかりますが、取扱高に比べて与信総額が明らかに早いペースで増えています。楽天カードの快進撃も要因のひとつでしょうけれど、各社とも顧客獲得により力を入れて与信を緩くしているように見えますね。やはり楽天カードの伸び方がそれだけ恐るべきものであるということなのでしょうか。

スポンサーリンク

グループ単位の日本一も射程圏内か

年率20%という伸びを維持していれば、早々に2位、3位は抜いてしまいそうです。メガバンク系クレジットカードが楽天カードより取扱高が低いということになるということです。問題はこの伸び率を維持できるか、ということですが、伸び率を維持するために常に変わり続けて新しいサービスやモノを出し続けようという姿勢が、楽天カードからは強く見えます。

前回記事でお伝えした、JCBとの提携によるディズニー・デザインのカード導入もその一環でしょう。

楽天カードからディズニー・デザインカード登場!

人気の楽天カードについにディズニー・デザインのカードフェイスがラインナップに追加されました。「完全オリジナルのデザイン」 ...

ディズニー・デザインカード発行に伴い新規加入者へ大量ポイントを付与するキャンペーンを展開中

※ JCBは国際ブランドとしての取扱高シェアをVISAやMastercardから奪えればそれが儲けになるからこういう提携が出来るんですね。その内、楽天プレミアム・アメリ○ン・エ○○プレス・カード、なんてのが出てきたりするんでしょうか。

ともかく、このままだと最大手のメガバンク系クレジットカード企業グループが楽天カードの背中を追う展開になりかねません。業界地図がどう塗り替わるか、とても楽しみです。

楽天カードの(私が勝手に考える)課題

やはり、「ブランドイメージ」ではないでしょうか。

「誰でも審査に通る」、「人前で恥ずかしくて使えない」、などといった印象が一部で未だに根強く残っている様です。特に某巨大掲示板とか。

実際のところ誰でも審査に通るなんてことはなく、途上与信も頻繁に行っており、会員の状況管理はかなり厳しく行っています。支払いが少しでも遅延したら容赦のない強制解約に至ることも少なくありません。簡易審査で済む限度額30万円までのクレジットカード会員ならともかく、与信枠100万円以上の会員に対してはそれ相応に厳しく審査していますよ。

また、人前で使えない…ってのも実際ただのネタでしかなく、楽天カードを使っている人はたくさん見かけます。因みに我が家は楽天カードのポイント(期間限定P含む)と他のクレジットカードポイントを楽天スーパーポイントに合算して、ご飯を作るのが面倒なときのデリバリー代に充てたり、年末年始の贈答品を買ったりしています。贈答品に使える食品ラインナップは楽天市場 > Amazon ですしね。

おわりに

楽天カードの伸び率がいかに激しく、すごい勢いでシェアを伸ばして単体ベースのクレジットカード首位をとってしまったかお分かりいただけたと思います。年率20%で伸び続けてきたら、楽天カード勤務の方たちはさぞボーナスが毎年多いんだろうな、と少し羨ましくも感じてしまったりします。

以上、今回は「2017年上半期のクレジットカード取扱高で楽天カードがついに日本で首位に立った模様」という一月前のニュースを少し深掘りして分析してみました。

イチオシクレジットカード~年会費無料・有料カード~

楽天カード

楽天カードマンでお馴染み、年会費無料の高還元率カード。最初の一枚におススメ。
・信用育成後は最大ショッピング枠最大300万円/キャッシング枠最大100万円
常時1%以上の還元率
・楽天市場で3%~還元!
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料1%~10%★~★★+VISA Mastercard JCB
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
一週間5万~100万円★★+★★★★

ライフカード

誕生月はポイント3倍!審査も緩めなお得カード!
年会費無料カードの中でもサービス充実
・貯まったポイントは各種ポイント、マイルや仮想通貨に交換可能
・年会費は永年無料
カード不正利用・紛失対応〇
海外旅行時のホテル・レストラン手配や病気・ケガの対応デスクサービス〇
審査はかなり寛容な部類。
・入会特典で最大15,000円分のポイントプレゼント!
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料0.5%~1.5%
ANA 2.5~7.5マイル/1000円
 ★+~★★VISAMastercardJCB
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
最短3営業日10万~200万円★★★★++★★★++

リクルートカード

いつでも1.2%還元の高還元カード
nanaco、suica、楽天Edy、Smart ICOCAチャージも1.2%還元!(※.1、※.2) 
・還元されたポイントはPontaポイントへ等価交換可能
※.1 … 利用額30,000円/月まで
※.2 … JCBブランドの場合はnanaco(ナナコ)、モバイルSuicaのみ
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料1.2%~13%
JAL1.2マイル(200円)
 ★★~★★★VISA Mastercard JCB Union Pay
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
~2週間10万~100万円
(学生10万円)
★★++★★★★++

VIASOカード

安心と信頼の銀行系ブランド、三菱UFJニコスによる年会費無料カード
・最短で翌営業日発行
国内/海外旅行保険(最大2,000万円)利用付帯
・たまったポイントは1ポイント1円で年一回オートキャッシュバック
・会員用ショッピングモール経由でのネットショッピングで最大10%還元
・ETCカード決済でポイント2倍
・大手携帯電話キャリア利用料金(NTTドコモ、au、Softbank、Y!Mobile)決済でポイント2倍
・大手プロバイダ利用料金(Yahoo! BB、@nifty、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN)決済でポイント2倍
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
無料0.50%
5ポイント/1,000円
★+~★★-Mastercard
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
最短1~2営業日10万~100万円★+ ~ ★★★★★★★

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンアメックスのエントリーカード
・無期限有効な永久不滅ポイントが貯まるアメックス
LIVIN、西友でお得な優待あり (5%OFF)
・カード利用で翌年度年会費無料
・アメリカン・エキスプレス・コネクト利用可能(各種会員限定サービス〇)
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
初年度無料
翌年以降1,000円(税別)
0.5%~1%
JAL2.5マイル/1,000円
ANA3マイル/1,000円 
 ★+~★★+AMEX
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
即日(来店受取)~1週間10万円~
(セゾン共通枠)
★★★★★★++

三井住友VISAクラシックカード

VISAカードの定番、銀行系プロパーカード!迷ったときはこれを作っておけばOK
・緊急時の対応に定評あり、初心者におススメ
クレジットカードに必要な基本機能を一通り備えたカード
信頼と安心の銀行系プロパーカード
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
 初年度無料
翌年以降1,350円
0.5%~1.0%
ANA300~600マイル/10万円
 ★★★VISA
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
3営業日10万~80万円★★★+★★★

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

信頼の銀行系ブランド、三菱UFJニコスによるプロパーゴールドカード
・国内主要空港ラウンジ … ○
・海外旅行保険自動付帯、国内旅行保険(入院保険○)利用付帯
・アメックス特典も付帯
デュアルスタイル特典
・VISA/Master/JCBとの二枚もち(追加250円/年)がお得
・入会後3ヶ月間はポイント3倍!
・常時国内利用時のポイント還元1.5倍、海外2.0倍
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
初年度無料
翌年度以降1,905円(税別)
 0.40%~1.50% ★★★AMEX Union Pay
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
最短3営業日10万~200万円★★★+★★★++

楽天ゴールドカード

楽天カードから格安ゴールドカード登場。
・楽天市場での還元率最大5%!
国内主要空港およびハワイ・ホノルル空港ラウンジ利用〇
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
2,000円
(税別)
 1%~10%
ANA1マイル(200円)
★★++VISA Mastercard JCB
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
一週間20万~200万円★★★★★★★+

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード

ポイントの代わりにANAマイルが貯まる、アメックス発行の提携カード。
各種プロテクション(不正利用補償・盗難/紛失補償)が付帯。
ANAマイルを無期限化することも可能!
入会ボーナスでANAマイルを1,000マイルプレゼント! & ANA航空便搭乗でボーナスマイル+10%
入会審査は寛容な模様 (現況重視)。
・国内空港ラウンジ … ○ (同伴者一名も無料利用可能)
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
7,000円(税別)1%
ANA1マイル/100円 
 ★+~★★+AMEX
最短発行ステータス度サービス充実度お得度
通常1~3週間★★★★★★+★★★++

アメリカン・エキスプレス®・カード

海外旅行に強いアメックスの元祖、定番のT&Eカード。
各種プロテクション(不正利用補償・ショッピング返品保障・盗難/紛失補償)が充実。
海外旅行サポート … ○
・国内空港ラウンジ … ○ (同伴者一名も無料利用可能)
・海外空港ラウンジ … ○ (プライオリティパス、スタンダード付帯)
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
12,000円(税別)0.3%~1%
ANA1マイル/100円 
 ★★★AMEX
最短発行ステータス度サービス充実度お得度
通常1~3週間★★★★★★★★★★★++

-時事ニュース, 楽天カード

Copyright© クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~ , 2018 All Rights Reserved.