クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~

キャッシュレス社会でこの先生きのこるため、クレジットカードのお得情報や入会審査に関する情報を発信しています。



三菱UFJニコス発行クレジットカードの「共通枠」

投稿日:2018年4月22日 更新日:

前回の記事で、クレジットカードのいわゆる「共通枠」についてお話ししました。今回は共通枠をとっているクレジットカード会社の中でもとりわけ複雑な共通枠を設定している、三菱UFJニコス発行のクレジットカードの共通枠のお話を書きたいと思います。

三菱UFJニコスは今でこそ数あるクレジットカード会社の中でも最大手クラスです。しかしご存じのとおり、母体となるMUFG (三菱UFJフィナンシャルグループ) は合併による合併を重ねて巨大化してきており、非常に複雑な歴史を持っています。当然ながらその配下のクレジットカード事業を行う会社とて合併の波からは逃れることは出来ませんでした。今回は三菱UFJニコスの歴史にも触れつつ、共通枠の説明をしたいと思います。

共通枠って何?という方はコチラの記事を読んでみて下さい

三菱UFJニコス発行のクレジットカード共通枠は「3つのカード会社分」存在する

三菱UFJニコスは、以下の3つのクレジットカード会社が吸収・合併することにより設立された大手クレジットカード会社です。

  1. 株式会社ディーシーカード (DCカードブランド)
  2. 日本信販株式会社 (NICOSブランド)
  3. 株式会社UFJカード (MUFGカードブランド)

三菱UFJニコス発行のカードに、都合3社分の共通枠が存在している理由は、未だに社内で三社分立とも言える体制が敷かれており、それぞれ旧DC組や旧NICOS組がクレジットカード審査・発行・管理業務を行っていることが原因です。なぜこんなことになっているのかという理由について、推測ですが、クレジットカード勘定系のシステム統合が非常に困難であることが背景にあると考えられます。

15年ほど前になりますが、みずほ銀行の統合時のシステム大規模傷害や、最近だと楽天カードのシステム刷新による数日間の一部機能傷害は記憶に新しい方が多いでしょう。クレジットカードや銀行など金融機関のシステム刷新や統合は、非常に綿密な計画と検証に基づいて行われる必要があり、膨大な資金と時間を要するものです。ひとつ間違えれば大事故につながるため、システム統合に二の足を踏んでしまうのも無理はありません。

DCカードブランドの共通枠

DCカードブランドのクレジットカードには、券面またはカード裏面に上記のDCカードロゴが描かれています。

  • DCカード
  • DCカードJizile)
  • JALカード (VISA, Mastercardブランド
  • JMB KIPSカード
  • GDOカード
  • TEPCOカード
  • etc.

上記のカードが該当します。

これらのクレジットカードを複数持っている場合、DCカードブランド共通枠が設定され、複数カードで利用枠をシェアすることになります。

NICOSカードブランドの共通枠

NICOSブランドのクレジットカードには、券面またはカード裏面に上記のNICOSロゴが描かれています。

  • NICOSカード
  • VIASOカード全般
  • Tokyo Metro ToMeカード (NICOSブランド)
  • 三菱地所カード
  • JAカード
  • etc.

上記のカードが該当します。

これらのクレジットカードを複数持っている場合、NICOSカードブランド共通枠が設定され、複数カードで利用枠をシェアすることになります。

MUFGカードブランドの共通枠

  • MUFGカードブランドのクレジットカードには、券面またはカード裏面に上記のMUFG CARDロゴが描かれています。

旧UFJカードおよび、三社統合ブランドとして発足したMUFGカードがこれに該当します。

  • MUFGイニシャルカード
  • MUFGカード ゴールド
  • MUFGカード ゴールドプレステージ
  • MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
  • リクルートカード (VISA/Mastercardブランド)
  • スヌーピーカード
  • KIPSカード
  • MileagePlus MUFGカード (旧ワンパスUFJカード)
  • J-WESTカード
  • JQカード
  • セントレアカード
  • etc.

上記のカードが該当します。

これらのクレジットカードを複数持っている場合、MUFGカードブランド共通枠が設定され、複数カードで利用枠をシェアすることになります。

三社統合共通枠

DC、NICOS、MUFG (旧UFJ含む) と3つの共通枠だけならいいのですが、三菱UFJニコスは割賦販売法にかなり厳密に則って計算しているのか、きちんと「三菱UFJニコスとして」あなたに〇〇円までの与信を行いますよ、という枠を設定しています。

そのため、DCカード共通枠 + NICOSカード共通枠 + MUFGカード共通枠 = あなたの与信額、ではありません

以下、三社統合共通枠 (勝手に命名) の例を挙げつつ説明します。

  • DCカード共通枠 … 200万円 (JALカードのみ)
  • NICOSカード共通枠 … 100万円 (ToMeカード、三菱地所カードでシェア)
  • MUFGカード共通枠 … 500万円 (MUFGプラチナアメックス、リクルートカード、JALアメックスでシェア)

これに対して、三社統合共通枠は643万円でした。恐らく割賦販売法の与信計算に則って、いわゆる支払可能見込額を計算した結果を当てはめている様に見えます。

(税込み年収 - 住宅・生活維持費 - クレジット債務) x 0.9 = 三社共通統合枠

という計算を行っているものと推測されます。

因みに、DCカードはJAL CLUB-A GOLDのS枠200万円、NICOSカードはTokyo Metro ToMeカードPrimeのS枠100万円、MUFGカードは、MUFGプラチナアメックスのS枠500万円、がそれぞれ適用されています。個々のブランドのクレジットカードの中での最大利用枠を合計したものと、年収ベースの与信可能額を比較し、その内の低い方を適用していると思われます。

とは言え、MUFGプラチナアメックスはS枠500万とは言え、リボ・分割枠は100万しかないので (元々そういうカードです)、やや機械的に算出されてしまっている気がします。割賦販売法の包括支払可能見込額ってリボ・分割・ボーナス払いに対しての適用ですので。しかしCICにも極度額500万円と記載されてしまっているので、リボ・分割枠100万を含むS枠500万円が計算に使われているのは間違いなさそうです。

※ 年収に比して既存カードのS枠が高すぎると、新規入会時の審査に悪影響が及ぶと言う方もいますがどうなんでしょう。包括支払可能見込額を参考に最終的に各社独自の判断で与信しているのが実態だと思いますが…。

スポンサーリンク

三菱UFJニコスの歴史

ディーシーカード (DCカード)

旧三菱銀行系のクレジットカード会社です。1967年に「ダイヤモンドクレジット」という社名で設立されたのが始まりです。その後、1989年には業界初のVISA、Mastercardブランドのクレジットカードをデュアル発行するサービスを開始しました。今のデュアルスタイルの元祖です。このとき社名を「株式会社ディーシーカード」に変更しています。

2007年4月1日に、UFJニコスと合併し、三菱UFJニコスが誕生しました。

日本信販 (NICOSカード)

1951年に、日本百貨サービスの創業者、山田光成氏により、「日本信用販売株式会社」が設立されたのが始まりです。当初はいわゆるクーポン券による割賦販売をあっせんする業務を行っていました。その後、1961年には旧三和銀行(※.1)、東洋信託銀行(※.2)と共同出資で、「日本クレジットビューロー(※.3)」を設立しています。1987年にVISA、Mastercard発行権を獲得しクレジットカード事業に乗り出しました。その後、1991年にはカードブランドを日本信販からNICOSに変更しています。

※.1 … 現在の三菱UFJ銀行
※.2 … 現在の三菱UFJ信託銀行
※.3 … 現在のJCB (つまりJapan Credit Bureauなわけですね)

日本のクレジットカード史に大きな足跡を残した日本信販ですが、2000年頃には経営難に陥っており、2004年にはUFJ銀行に買収され連結子会社になっています。その後、2005年にUFJグループ内のUFJカードと統合し、UFJニコスが誕生しました。

UFJカード (旧UFJカード、現MUFGカード)

1968年、東海銀行 (※.1) 系クレジットカード会社として「株式会社ミリオンカード・サービス」が設立されたのが始まりです。

その後、2002年のUFJ銀行発足に足並みをそろえて、ミリオンカード・サービスがフィナンシャルワンカード (旧三和銀行系など3社合併して成立したカード会社)を買収し、4社統合のカード会社として「UFJカード」が誕生しました。この時にブランド名をミリオンカードから、UFJカードに変更しています。

2005年に日本信販に買収され、UFJニコスになり、2007年のDCカードとの合併で三菱UFJニコス誕生に至ります。

しかしながら、三菱UFJニコスを構成するクレジットカード会社三社の統合ブランドであるMUFGカードは、旧UFJカードのインフラを利用しています。この事実を見ると、実際の勝者はUFJだったのでしょうか?単に最も先進的で使いやすかったから?それとも面倒な部分を押し付けられただけなのでしょうか?

 

イチオシクレジットカード~年会費無料・有料カード~

楽天カード

楽天カードマンでお馴染み、年会費無料の高還元率カード。最初の一枚におススメ。
・信用育成後は最大ショッピング枠最大300万円/キャッシング枠最大100万円
常時1%以上の還元率
・楽天市場で3%~還元!
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料1%~10%★★++VISA Mastercard JCB
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
一週間5万~100万円★★+★★★★

ライフカード

誕生月はポイント3倍!審査も緩めなお得カード!
年会費無料カードの中でもサービス充実
・貯まったポイントは各種ポイント、マイルや仮想通貨に交換可能
・年会費は永年無料
カード不正利用・紛失対応〇
海外旅行時のホテル・レストラン手配や病気・ケガの対応デスクサービス〇
審査はかなり寛容な部類。
・入会特典で最大15,000円分のポイントプレゼント!
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料0.5%~1.5%
ANA 2.5~7.5マイル/1000円
★★++
(有料版★+)
VISAMastercardJCB
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
最短3営業日10万~200万円★★★★++★★★++

dカード

ドコモユーザでなくても発行可能!作れば確実にお得、今や作らないのはもったいない
・ローソンでのお買物、5%還元!
・初年度年会費無料、翌年以降もカード利用があれば無料
・マツキヨ系列ドラッグストアでdポイント3倍!
・最短5分の超速審査!
・普段のお買物は1%還元
・ポイントは1ポイント単位で無駄なく利用可能!
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
初年度無料
翌年以降1,250円(税別)
 1.0%~4.0% ★★++VISA Mastercard
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
即日審査完了(条件付き)10万~100万円★★★★+★★★★★+

Yahoo!Japanカード

Tポイントがザクザクたまる高還元カード。最初の一枚におススメ!
通常1%ポイント還元
・Yahoo!ショッピングとLOHACOでTポイント3倍還元!
・Tカードとしても使えてお財布をスリムに
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料1.0%~3.0% ★★+VISAMastercardJCB
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
通常1~2週間10万~100万円★★★★★★+

VIASOカード

安心と信頼の銀行系ブランド、三菱UFJニコスによる年会費無料カード
・最短で翌営業日発行
国内/海外旅行保険(最大2,000万円)利用付帯
・たまったポイントは1ポイント1円で年一回オートキャッシュバック
・会員用ショッピングモール経由でのネットショッピングで最大10%還元
・ETCカード決済でポイント2倍
・大手携帯電話キャリア利用料金(NTTドコモ、au、Softbank、Y!Mobile)決済でポイント2倍
・大手プロバイダ利用料金(Yahoo! BB、@nifty、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN)決済でポイント2倍
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
無料0.50%
5ポイント/1,000円
★★++Mastercard
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
最短1~2営業日10万~100万円★+ ~ ★★★★★★★

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンアメックスのエントリーカード
・無期限有効な永久不滅ポイントが貯まるアメックス
LIVIN、西友でお得な優待あり (5%OFF)
・カード利用で翌年度年会費無料
・アメリカン・エキスプレス・コネクト利用可能(各種会員限定サービス〇)
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
初年度無料
翌年以降1,000円(税別)
0.5%~1%
JAL2.5マイル/1,000円
ANA3マイル/1,000円 
★★++AMEX
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
即日(来店受取)~1週間10万円~
(セゾン共通枠)
★★★★★★++

三井住友VISAクラシックカード

VISAカードの定番、銀行系プロパーカード!迷ったときはこれを作っておけばOK
・緊急時の対応に定評あり、初心者におススメ
クレジットカードに必要な基本機能を一通り備えたカード
信頼と安心の銀行系プロパーカード
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
 初年度無料
翌年以降1,350円
0.5%~1.0%
ANA300~600マイル/10万円
★★★(一般)
★★++ (学生)
VISA
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
3営業日10万~80万円★★★+★★★

ライフカード(年会費有料版)

審査が不安な方向けのライフカード登場!
他社でクレジットカードを作れなかった人、申し込む価値アリです。
・年会費5,000円+消費税
ライフカードの完全独自基準による寛容な審査。
・お誕生月はポイント3倍!ポイントは各種ポイント、マイル、仮想通貨に交換可能

カード不正利用・紛失対応 〇
海外旅行時のホテル・レストラン手配や病気・ケガの対応デスクサービス 〇
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
5,000円+消費税0.5%~1.5%
ANA 2.5~7.5マイル/1000円
★+Mastercard
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
最短3営業日10万~200万円★★★★++★★★++

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード

ポイントの代わりにANAマイルが貯まる、アメックス発行の提携カード。
各種プロテクション(不正利用補償・盗難/紛失補償)が付帯。
ANAマイルを無期限化することも可能!
入会ボーナスでANAマイルを1,000マイルプレゼント! & ANA航空便搭乗でボーナスマイル+10%
入会審査は寛容な模様 (現況重視)。
・国内空港ラウンジ … ○ (同伴者一名も無料利用可能)
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
7,000円(税別)1%
ANA1マイル/100円 
 ★★★AMEX
最短発行ステータス度サービス充実度お得度
通常1~3週間★★★★★★+★★★++

アメリカン・エキスプレス®・カード

海外旅行に強いアメックスの元祖、定番のT&Eカード。
各種プロテクション(不正利用補償・ショッピング返品保障・盗難/紛失補償)が充実。
海外旅行サポート … ○
・国内空港ラウンジ … ○ (同伴者一名も無料利用可能)
・海外空港ラウンジ … ○ (プライオリティパス、スタンダード付帯)
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
12,000円(税別)0.3%~1%
ANA1マイル/100円 
 ★★★+AMEX
最短発行ステータス度サービス充実度お得度
通常1~3週間★★★★★★★★★★★++

おすすめ記事

1

2018年8月現在の、日本国内の主要クレジットカードの審査難易度のランキングです!当サイト独自基準で作成しております。2 ...

2

2018年8月現在の日本国内の主要クレジットカードの審査難易度の一覧をランキング形式で公開いたします!先日公開した、「ラ ...

3

今回は、2018年4月現在の主要なクレジットカードに特典として付帯してくる、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の一覧表を ...

4

クレジットカードの国際ブランド内 (VISA, Master, JCB, Amex, ダイナース) での格付け(グレード ...

5

クレジットカードの国際ブランド内 (VISA, Master, JCB, Amex, ダイナース) での格付け(グレード ...

6

2018年第一回の記事は、クレジットカードの国際ブランド内 (VISA, Master, JCB, Amex, ダイナー ...

7

今回からいくつかに分けて、各クレジットカードの国際ブランド内での格付け(グレード)について書いていきたいと思います。クレ ...

-クレジットカードの仕組み, 三菱UFJニコス(DC, NICOS, MUFG)

Copyright© クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~ , 2018 All Rights Reserved.