クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~

キャッシュレス社会でこの先生きのこるため、クレジットカードのお得情報や入会審査に関する情報を発信しています。

ライフカード有料版(Ch)の説明書2018年版~審査が不安な方はコチラを~

投稿日:2018年8月23日 更新日:



ライフカードには二種類あります。年会費無料の「ライフカード」、もうひとつが年会費有料(5,000円+税)の「ライフカード」です。年会費ありの「有料版」はクレジットカード審査が不安な方向けの、いわば裏カードの様なもの。同じ名前、同じカード券面でも年会費無料版とは大きな違いがあります。今回はこの「有料版」のライフカードにスポットを当ててみたいと思います。

かつては年会費無料の通常版ライフカードの審査で否決された方の一部にのみ、ライフカード有料版(Ch)の申込み案内が送られていましたが、2018年8月現在、自己申し込み可能です。

※ 正式名称がはっきりと提示されておらず、「ライフカード(年会費あり)」、「有料ライフカード」、「ライフカード有料版」、「ライフカード(Ch)」などと呼ばれていますが、当サイトでは「ライフカード有料版(Ch)」で呼称を統一します。

年会費ありのライフカード有料版(Ch)は無料ライフカードと何が違う?

まず根本的に異なる点として、スタンダードカードは年会費が5,000円+税 (ゴールドは10,000円+税) かかります。この理由については推測交じりですが後述します。

審査の難易度が異なる

これが最も大きく異なる点でしょう。ライフカード(年会費あり)は、一般的なクレジットカードと異なり、ライフカード独自基準での審査を行っています。推測になりますが、属性がしっかりしていれば現在進行形で信用情報ブラックの方でも入会可能な可能性があります


出典 :  ライフカード公式サイト

ライフカード有料版(Ch)は他社と異なり、公式サイトが審査の通りやすさ・寛容さを前面に打ち出した作りであり、実際に他社カード申込みで審査落ちした人もウェルカムな点が非常に斬新なクレジットカードです。知る限りここまで「審査の通りやすさ」を強調しているクレジットカードもかなり珍しいです。

当方の経験からの推測になりますが、恐らくライフカードも、この「有料版」に関してはアメックスの様に現在の収入や職業などの属性にかなり大きな傾斜配点をする審査を行っているものと思われます。将来の優良顧客予備軍の発掘、クレジットカードを作れなくなった方が社会的に立ち直るのを支援してくれている側面もあるので、こうした審査を行うカードが日本にはもう少しあっても良いかと思います。

付帯特典が通常カード(年会費無料)と異なる

普通カード(年会費5,000円+税)、ゴールド(年会費10,000円+税)ともに以下のサービスが付帯しています。いずれも年会費無料版のライフカードには付帯していないものです。

  • 海外・国内旅行傷害保険付帯
  • 弁護士無料法律相談(1時間)サービス付帯

国際ブランドはMastercardのみ

年会費無料版のライフカードはVISA、Mastercard、JCBから国際ブランドを選択可能でしたが、こちらの年会費有料ライフカードはMastercardのみの対応です。

ライフカード内の社内処理など諸々、大人の事情によりそうなっているように感じられます。

基本的にショッピング枠のみを付与

クレジットカードの利用枠として付与されるのはショッピング枠のみです。キャッシング枠は付与されません。また、リボ・分割枠もゼロもしくは一括支払い枠よりも少額になる傾向があります。

審査に不安のある方向け

ライフカード有料版(Ch)

審査レベル★+

  • 年会費5,000円+税 (ゴールドは10,000円+税)
  • お誕生月はポイント3倍 & 海外・国内旅行保険自動付帯
  • 電子マネー「iD」付帯 & ETCカード無料発行!
  • ライフカード独自の審査基準による寛容な審査だから大丈夫!
    • 他社カードの審査に通らない >> OK!
    • クレジットカードをずっと作らずに来てしまった >> OK!
    • 過去に延滞をしてしまい審査が不安 >> OK!

カード受取時に初年度年会費 (税込5,400円、ゴールドは税込10,800円) を代引き (現金) で支払う必要があります。支払わない限りクレジットカードを受け取れないためご注意下さい!

ライフカード年会費有料版(Ch)を申し込む

年会費無料版と同じ点

以下の点に付いては年会費無料版のライフカードと同じです。

カード券面デザイン

実は年会費無料版と全く同じです。そのため本当に見分けがつきません。この理由ですが、いくつか推測可能です。

1. 券面を新しくデザインするのが面倒くさかった、それに費用をかけたくなかった
2. 「審査の不安な方向け」のカードをオリジナルな券面にすると、目立ってしまいユーザが外で使いづらいから意図的に同じデザインにしてある

私は2だと思っています。

わざわざ、「審査の不安な方向け」と銘打ってクレジットカードの勧誘を行う時点で、どのような客層が来るかは分かっているはずです。そのお客様の中には少なからず過去に望まなかったとはいえ延滞や金融事故を起こしてしまった方もいるでしょう。もちろんそんな過去は誰にも知られたくないでしょう。そういった方々でも外で目立つことなく安心してカード決済できるように、意図的に同一デザインにしているのではないでしょうか。

アコマスと異なり、分かる人には分かってしまう様な見た目でなく、外で普通のカードとして使えるという点は無視できない要素であると思います。堂々と使って下さい。どこで使っても恥ずかしくありません。

ポイント制度

年会費無料版のライフカードと同様に、以下のポイントサービスが維持されています。クレジットカードを使って買い物をする楽しみを残してくれているのは◎ですね。

  • 100円毎にポイント加算
  • ポイント還元率0.5%
  • お誕生月にポイント3倍

家族カード、ETCカード無料発行

無料版と同じく、家族カードやETCカードも無料で発行してくれます。クルマでの移動が多い方にとっては嬉しいサービスです。

Apple Payにも登録可能

年会費無料版のライフカードと同じくライフカード有料版(Ch)も、Apple Payに登録してスマホ決済可能です。

ライフカードはiPhoneでApple Payに登録すると「iD」として登録されます。パパっとコンビニやタクシーで料金を支払えるのはとても便利なので、入会された方には是非とも使っていただきたい機能です。

有料ライフカード(Ch)の入会方法

以下のリンクから直接申し込みが可能です。

申込み資格

  • 日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
    未成年の方は、親権者の同意が必要となります。

つまり18歳以上、高校生ではない、日本国内に住所があり電話で連絡がつく人であれば申し込めば審査に通る可能性があります

これだけ見ても「20歳以上」、「安定した収入」といったキーワードが並んでいない時点で、かなり審査基準が緩めなのは想像が付くと思います。

審査難易度

誰でも通るわけではありません。しかし過去に延滞や金融事故を起こしている方でも、現在の収入や職業、お住まいや家族構成に問題がないとライフカードが判断すれば発行される可能性は高いです。アメックスなどと同様の「現況重視」な審査を行っている模様です。

  • 過去に携帯電話・スマホ本体の分割払いやクレジットカード代金支払いを延滞してまい、それ以降カードを作りにくくなっている方
  • 30代~40代以上でこれまで全くクレジットカードを作ってこなかったため、信用情報が「ホワイト」過ぎて機械審査で弾かれてしまう方
  • 属性 (年収や勤務先、勤続年数) に自信のない方

上記に当てはまる方でも、多くの方がライフカード有料版(Ch)の審査に通過しています。

利用限度額

発行当初の限度額は渋めなようです。このクレジットカードの位置付けから考えても仕方のないことです。発行当初の利用枠としては、ショッピング枠10~30万円 (同分割利用枠) の様です。原則的にキャッシング枠は付与されないショッピング専用カードです。この辺りもアメックスに近いところがありますね。

具体的な限度額は以下のとおりになります。年会費5,000円のライフカード有料版(Ch)は殆どが限度額20万円以下になるようです。

年会費10,000円(+消費税)の海外旅行・国内旅行保険の充実した、ライフカードゴールド(Ch)や新登場のライフカードノワール(Ch)では限度額30万円になるケースも多くみられます

  • ライフカード有料版(Ch) … 限度額10万~20万 (稀に30万円)
  • ライフカードゴールド(Ch) … 限度額10万円~30万円
  • ライフカードノワール(Ch) … 限度額10万円~30万円

年会費がやや上がりますが、限度額30万円まで欲しい方や充実した旅行保険付帯カードを持っておきたい方はこれらの上位カードを申し込むのもアリでしょう。ライフカード有料版(Ch)と審査難易度は殆ど同じです。

カード受取時の要注意事項!

※ 受取りの際に初年度年会費 (5,400円、ゴールドの場合10,800円) を代引きで請求されるため、その場で現金で支払う必要があります。支払わない限りカードを受け取れないのでご注意下さい。せっかくカードを申し込んで審査に通っても受け取れなければ意味がありませんので・・・

審査に不安のある方向け

ライフカード有料版(Ch)

審査レベル★+

  • 年会費5,000円+税 (ゴールドは10,000円+税)
  • お誕生月はポイント3倍 & 海外・国内旅行保険自動付帯
  • 電子マネー「iD」付帯 & ETCカード無料発行!
  • ライフカード独自の審査基準による寛容な審査だから大丈夫!
    • 他社カードの審査に通らない >> OK!
    • クレジットカードをずっと作らずに来てしまった >> OK!
    • 過去に延滞をしてしまい審査が不安 >> OK!

カード受取時に初年度年会費 (税込5,400円、ゴールドは税込10,800円) を代引き (現金) で支払う必要があります。支払わない限りクレジットカードを受け取れないためご注意下さい!

ライフカード年会費有料版(Ch)を申し込む

申込み・審査に関するアレコレ

インビテーションを待たずに突撃したからと言って審査否決になったりはしません。

かつては年会費無料のライフカードの審査に否決された人の中で、「この人になら」という一部の方に有料ライフカードの入会案内 (インビテーション?) が送られていましたが、現在は自己申し込み可能になっています。

年会費無料版へのアップグレードはあるの?

アップグレードはありませんが、ライフカード有料版(Ch)を半年~一年ほど使い込んでクレヒスに$マーク (返済マーク) を積み重ねていけば、通常版ライフカードや楽天カード、三井住友VISAカードなど他社発行のカードでも十分に審査通過の望みが出てきます。

審査が不安でも、ゆくゆくは他社のカード取得も考えている方はライフカード有料版(Ch)で修業してみることをおススメします。

まとめ

今回はライフカード有料版(Ch)に関する重要なポイントについて説明しました。

  • 審査に不安のある方向け
  • 他社でクレジットカード発行できなかった方も申し込んでみる価値アリ
  • ライフカード独自基準での特別な審査
  • 年会費5,000円(+消費税)、カード受取時に代引き支払い
  • カードデザインは通常のライフカードと同一、気にせず使える
  • ポイントサービスは通常の無料ライフカードと同等
  • 無料カードと異なり、海外・国内旅行保険と弁護士相談無料サービス付帯
  • ETCカード、家族カード無料発行

以下の表にまとめました。

ライフカードゴールド(ch)ライフカードノワール(ch)有料版ライフカード(ch)ライフカードゴールドライフカード
カード券面

国際ブランド
審査レベル★+
・現況重視
・比較的寛容
★+
・現況重視
・比較的寛容
★★★★★++
年会費10,000円+消費税5,000円+消費税10,000円+消費税無料
ポイント還元100円毎にポイント加算
お誕生日月3倍
初年度1.5倍
100円毎にポイント加算
お誕生日月3倍
初年度1.5倍
100円毎にポイント加算
お誕生日月3倍
初年度1.5倍
100円毎にポイント加算
お誕生日月3倍
初年度1.5倍
ポイント有効期限5年5年5年5年
付帯保険(自動付帯) 海外旅行傷害保険:最高1億円
(自動付帯) 国内旅行傷害保険:最高1億円
シートベルト傷害保険:最高2百万円
ショッピングガード保険:最高2百万円
(自動付帯) 海外旅行傷害保険:最高2千万円
(利用付帯) 国内旅行傷害保険:最高1千万円
シートベルト傷害保険:最高2百万円
カード会員保証制度
(自動付帯) 海外旅行傷害保険:最高1億円
(自動付帯) 国内旅行傷害保険:最高1億円
シートベルト傷害保険:最高2百万円
ショッピングガード保険:最高2百万円
カード会員保証制度
弁護士無料サービス
ETCカード無料無料無料無料

それでも審査の不安な方は、審査基準の詳細についての以下の記事もご参照下さい。誰でも入れるという意味での★+ではありませんが、審査に通過する可能性が思いの外高いことがわかります。

ライフカード有料版(Ch)の審査基準 ~ブラックでも審査に通る可能性は十分あり~

今回は反響の大きかった、「ライフカード有料版(Ch)」と一般のライフカードの違いについて、審査における違いや付帯特典の違 ...

続きを見る

ライフマスターカードゴールド & ノワール (上位カード) の充実特典について知りたい方は以下のページも読んでみて下さい。

ライフカード有料版(Ch)からノワールデザイン登場、ゴールド(Ch)と同格の審査に通りやすいカードです!

ひっそりと、ライフカード有料版(Ch)からノワールデザインカードが登場していました。本当に何の通知もなくしれっと申込みペ ...

続きを見る

年会費ありのライフカード有料版(Ch) について思うこと

年会費を徴収する理由

年会費5,000円+税は非ゴールドカードクラスでは安い方ではありません。一方で、格安ゴールドクラスの海外・国内旅行保険や弁護士法律相談無料サービスといった他にはないサービスが付帯しているのも事実です。

しかし5,000円の年会費のいくばくかは、ライフカードが取っているリスクのヘッジと考えるのが妥当であると思います。現在の属性をよく見て独自基準で発行可否を決めるとは言え、他社ではお断りされることのある、誤解を恐れずに言えば「良くない」客層を取り込もうとしています。当然、通常の基準で審査した会員と比較すると全体としては貸倒率も高いでしょう。そうしたリスクが顕在化した場合の補填として、年会費をやや高めに設定しているのだと思います。

このカードの存在意義

クレジットカードや電子マネーを中心として、キャッシュレス化が進んでいます。しかしクレジットカード審査は性悪説に基づいた非常に保守的な傾向が相変わらず続いています。

そして一度、支払い延滞や任意整理・自己破産などの金融事故により(※.1)クレジット(支払い能力に対する信頼性)の上に成り立つキャッシュレス社会から脱落してしまうと、社会復帰のために支払う労力は並大抵のものではありません。高齢でクレヒス無しの状態で放り出されるとなかなかクレジットカードや各種ローンの審査にも通りにくく、自身やご家族の人生にも影を落としてしまう場合すらあります。そういった方々に金融事故の烙印が押されている間にもクレヒスを積ませてあげる機会を年間5,000円+消費税という、月々たかだか400円程度で提供してくれるのであれば、セーフティネットとして非常に有意義なクレジットカードではないでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

1

2018年8月現在の、日本国内の主要クレジットカードの審査難易度のランキングです!当サイト独自基準で作成しております。2 ...

2

2018年8月現在の日本国内の主要クレジットカードの審査難易度の一覧をランキング形式で公開いたします!先日公開した、「ラ ...

3

今回は反響の大きかった、「ライフカード有料版(Ch)」と一般のライフカードの違いについて、審査における違いや付帯特典の違 ...

4

今回はクレジットカードの基礎知識として、クレジットカード利用枠のメイン枠である「ショッピング枠」と「キャッシング枠」につ ...

5

今回は、クレジットカードに必ず載っている、「VISA」や「Mastercard」といったいわゆる「国際ブランド」と呼ばれ ...

6

今回は最近よく聞く、「共通ポイント」という言葉の意味や、日本国内で現在主流となっている共通ポイントについて解説します。 ...

7

今回は、2018年4月現在の主要なクレジットカードに特典として付帯してくる、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の一覧表を ...

-ブラック・喪明け, ライフカード, 個別クレジットカード紹介
-,

Copyright© クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~ , 2018 All Rights Reserved.