クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~

キャッシュレス社会でこの先生きのこるため、クレジットカードのお得情報や入会審査に関する情報を発信しています。

デポジット型ライフカード(Dp)の説明書~デビットカードの欠点も克服!~

投稿日:2018年12月30日 更新日:



ライフカードが非公式ながら、デポジット型のクレジットカードをリリースしていた様です。今回は噂のデポジットカードについての紹介をしたいと思います。正式名称が特に定められておらず、「ライフカードデポ」、「デポライフ」、「ライフカード(Dp)」などと呼ばれているこのカードですが、当サイトでは「ライフカード(Dp)」と呼称を統一しておきます。

「審査が不安な方向けに、独自審査なので他社クレジットカード入会審査で否決された方もどうぞ」と謳って人気を集めている、ライフカード(Ch)についてはご存知の方も多いでしょう。年会費5,000円 (税抜き) ながら、CICなどの信用情報にブラック情報が過去あった方やブラック情報が今も残っている方でも発行されやすい当サイトでもかなりの人気クレジットカードです。

ライフカード有料版(Ch)の説明書2018年版~審査が不安な方はコチラを~

ライフカードには二種類あります。年会費無料の「ライフカード」、もうひとつが年会費有料(5,000円+税)の「ライフカード ...

続きを見る

デポジット型ライフカード(Dp)はライフカード(Ch)よりもさらに審査が寛容であると思われます。クレジットカードをどうやっても作れないけれど、どうしてもクレジットカードを必要とする方向けにリリースされた新しいタイプの特別なクレジットカードです。

本記事では以下の点を中心に解説します。

  • デポジット型ライフカード(Dp)とライフカード(Ch)の違い
  • 預り金(デポジット)が必要な理由
  • ライフカード(Dp)の入会方法、審査から発行における注意事項

デポジット型ライフカード(Dp)、これまでの年会費ありライフカード(Ch)とどこが違うの?

早速ですが、デポジット型ライフカード(Dp)と年会費有料のライフカード(Ch)の違いについて、以下の表にまとめてみました。以下、違いをひとつひとつ説明します。

デポジット型ライフカードゴールド(Dp)デポジット型ライフカード(Dp)有料版ライフカードゴールド(ch)有料版ライフカード(ch)
カード券面

国際ブランド
審査レベル★+
・現況重視
・比較的寛容
★+
・現況重視
・比較的寛容
年会費10,000円+消費税5,000円+消費税10,000円+消費税5,000円+消費税
デポジット
(預り金)
20万円10万円なしなし
ショッピング利用限度額20万円10万円10万~30万円10万~20万円
リボ・分割枠なしなしあり
※審査結果次第で付与されない場合もあります
キャッシング枠なしなしなしなし
ポイント還元100円毎にポイント加算
お誕生日月3倍
初年度1.5倍
100円毎にポイント加算
お誕生日月3倍
初年度1.5倍
100円毎にポイント加算
お誕生日月3倍
初年度1.5倍
100円毎にポイント加算
お誕生日月3倍
初年度1.5倍
ポイント有効期限最長5年最長5年最長5年最長5年
付帯保険(自動付帯) 海外旅行傷害保険:最高1億円
(自動付帯) 国内旅行傷害保険:最高1億円
シートベルト傷害保険:最高2百万円
ショッピングガード保険:最高2百万円
(自動付帯) 海外旅行傷害保険:最高2千万円
(利用付帯) 国内旅行傷害保険:最高1千万円
シートベルト傷害保険:最高2百万円
カード会員保証制度
(自動付帯) 海外旅行傷害保険:最高1億円
(自動付帯) 国内旅行傷害保険:最高1億円
シートベルト傷害保険:最高2百万円
ショッピングガード保険:最高2百万円
(自動付帯) 海外旅行傷害保険:最高2千万円
(利用付帯) 国内旅行傷害保険:最高1千万円
シートベルト傷害保険:最高2百万円
カード会員保証制度
弁護士無料サービス
ETCカード無料無料無料無料
空港ラウンジ利用なしなし
電子マネーiD付帯なしなし

 

上の表から読み取れるデポジット型ライフカード(Dp)と年会費有料ライフカード(Ch)の違いはざっくりまとめると以下の5点に絞られます。

デポジット型ライフカード(Dp)の特徴

  • 預り金 (デポジット) が必要
  • 利用限度額 = デポジット金額
  • リボ・分割枠なし
  • 電子マネー iD (アイディ) が付帯しない
  • その他サービスはライフカード(Ch)と同じ

一般のクレジットカードと違って支払いできないお店やサービスがあったりするの?

ありません。Mastercardブランドのカードが使える場所であれば、他のクレジットカードと全く同じように利用できますのでご安心ください。コンビニ、スーパー、家電量販店などの店頭でのお買物や、Amazonや楽天といったオンラインショッピングサービスでももちろん使えますよ。

また、ETCカードが無料発行できますので、クレジットカードをなかなか発行できないけれど通勤やお仕事で頻繁にクルマを使う必要のある方にとってもメリットの大きなクレジットカードです。

毎月預り金 (デポジット)が必要なの?そもそも預り金 (デポジット) がなぜ必要なの?

毎月のデポジットは必要ありません。ライフカード入会審査後の、クレジットカード郵送時に初回年会費と同時に代引きで一度支払えばOKです。

デポジットとは別に、毎月のクレジットカードで決済したお金は入会時に指定した金融機関の口座から毎月引き落とされます。あくまで一度きりの保証金という扱いですのでご安心を。

デポジット型ライフカード(Dp)はどうしてもクレジットカード払いが必要な方へ、クレジットカード払い可能な環境を提供するためのカードです。そのため、本来であれば信用がなくクレジットカードを発行できない方へもカードを発行するべく考えた苦肉の策として、事前にショッピング利用枠と同額のお金を預かり、万が一にも支払い延滞があった場合はデポジットから補填する、という仕組みをとっています。

もちろん「預り金」なのでカード解約時には返金されますのでご安心を。

預り金 (デポジット) が必要ならデビットカードと何が違うの?

デビットカードはあくまで「即時決済」が前提です。そのためデビットカードは一部の携帯電話、プロバイダ、ガソリンスタンドなどの「利用後の料金支払い」サービスの決済に対応していません

その点、デポジット型ライフカード(Dp)であれば通常のクレジットカードと全く同じように使えるため、クレジットカード払いが可能なサービスであればほぼ全ての決済に使用できます。非常に大きなメリットであると言えます。

また、クレジットカードとして発行する以上はデビットカードと異なり指定信用情報機関のCICとJICCに毎月の利用状況がクレヒス (クレジットヒストリー) として追記されていきます。きちんと支払う限りは「良いクレヒス」として蓄積されていくため、将来別のクレジットカードを発行したくなった場合や、高額商品の割賦購入時の審査などで有利に働きます。長期的な視点で見た場合、非常に重要なポイントになります。

デポジットなしで入会しやすい特別審査ライフカードもあります

ライフカード有料版(Ch)

審査レベル★+

  • 年会費5,000円+税 (ゴールドは10,000円+税)
  • ETCカード無料発行 & 電子マネーiDもついて便利!

カード受取時に初年度年会費 (税込5,400円、ゴールドは税込10,800円) を代引き (現金) で支払う必要があります。支払わない限りクレジットカードを受け取れないためご注意下さい!

ライフカード年会費有料版(Ch)を申し込む

利用限度額 = デポジット金額

ライフカード(Ch)はショッピング枠10万円~30万円であったのに対して、ライフカード(Dp)は最大10万円 (ゴールドなら20万円) とやや低くなります。また、ライフカード(Ch)は審査結果次第でリボ・分割枠が付帯しますが、ライフカード(Dp)は完全に一括払いのクレジットカードです。

また、ライフカード(Ch)と同じくキャッシング枠が付帯しない、いわゆるショッピング専用クレジットカードです。

カードの見た目で利用を拒否されたりしませんか?

そういったことは全くありません。

ライフカード(Ch)と同様に、デポジット型ライフカード(Dp)も一般のライフカードと見た目は全く同じです。お店の人が見てもまず分かるわけがありませんし、もちろんオンラインショッピングやオンラインサービスで決済を拒否されるといったこともありません。

この点、ライフカードはとても気を遣っています。2008年のリーマンショック以降の景気悪化に伴い、望まぬ債務整理や自己破産といったいわゆる金融事故を経験している人や止むを得ない支払い延滞を経験している方は増えていますが、こうした方にもクレジットカードを安心して使ってもらうために敢えて同一デザインにしている様です。

ライフカード社も、「審査の不安な方向け」と銘打ってクレジットカードの勧誘を行う時点で、お客様の中には少なからず過去に望まぬ延滞や金融事故を起こしてしまった方がいることも分かっているはずです。もちろんそんな過去は誰にも知られたくないでしょう。そういった方々でも外で目立つことなく安心してカード決済できるようするための粋な計らいです。

電子マネーiDが付帯しないものの他のサービスはすべてライフカード(Ch)準拠

年会費有料版として知られるライフカード(Ch)と比較して、iDが付帯しないものの海外旅行・国内旅行保険が付帯する点や、弁護士相談無料サービスといった付帯特典についてはすべて同じです。

ポイント還元サービス (LIFEサンクスポイント)があるのも同じで、年会費無料版のライフカードと同じくお誕生月にはポイント還元率が3倍になる嬉しいサービスもそのまま付帯していますよ。

デポジット型ライフカード(Dp)の入会方法、審査・発行において注意するべきこと

ライフカード(Dp)の入会方法

現在のところ、年会費ありのライフカード(Ch)の審査に落ちてしまった方向けに、個別にインビテーション(招待状)が送付されている様です。突撃 (いわゆる直接申し込み) で可決したという話はあまり聞いたことがありません。そもそも、ライフカード(Ch)に可決すればデポジットを負担しなくても済むため、まずはライフカード(Ch)から申し込むのが賢いやり方でしょう。

実際、ライフカード(Ch) でも大抵の方は審査通過可能ですし、デポジット負担もなく、電子マネーiDも付帯するため利便性もライフカード(Ch)が上回ります。そういった点からもまずはライフカード(Ch)の申込みをおススメします。

ライフカード有料版(Ch)の審査基準 ~ブラックでも審査に通る可能性は十分あり~

今回は反響の大きかった、「ライフカード有料版(Ch)」と一般のライフカードの違いについて、審査における違いや付帯特典の違 ...

続きを見る

[実際の可決率は?]ライフカード有料版(Ch)の審査合否情報

クレジットカード審査の常識を覆すレベルで、「さすがにこれは厳しいか」という人にも発行してくれるライフカード有料版(Ch) ...

続きを見る

ライフカード(Dp)の審査・発行で注意するべきこと

ライフカード(Dp)の審査基準は日本国内の一般的なクレジットカードと比較するとかなり寛容であることはここまで読んでいただいてお分りいただけていると思います。しかしながら誰でも審査に通るかというと、必ずしもそうではありません。お申し込みの際には以下の点にしっかり注意して下さい。

氏名、生年月日、住所について間違えずに記入すること

当たり前の話じゃん、と思われるかもしれませんが意外とこれで審査に落ちてしまう方は多いです。せっかく申し込むので申込み確定のボタンをクリックする前に2回ぐらい見直しましょう。

初年度年会費、デポジットをクレジットカード受領時にきちんと支払うこと

無事にライフカード(Dp)発行に至っても、カード受取時に初年度年会費とデポジットを代引き (現金) で支払う必要があります。支払わない限りクレジットカードを受け取れないためご注意下さい。

  • ライフカード(Dp) … 105,400円  : 年会費5,000円(+消費税) & デポジット10万円
  • ライフカードゴールド(Dp)  … 218,000円 : 年会費10,000円(+消費税) & デポジット20万円

ライフカード(Dp)の支払いを延滞したときのペナルティ

支払い延滞のリスク回避のためにデポジット(預り金)を予め入れておくわけですから、もちろん遅れた分の支払いはデポジットから差し引かれます。

「デポジット入れてあるんだし期日までに引落し口座に入金しておかなくても大丈夫なんでしょ?」と思っている貴方、大間違いの可能性があります。

デポジットからの支払いは信用情報 (CIC) の記録に"A" (未入金) として記録されるとのことです。複数回のデポジットからの支払いが発生すると強制解約に至るとのこと。

ライフカード(Dp)で強制解約を食らう場合、当面クレジットカードの利用は控えるべきでしょう。公共料金の銀行口座引き落としや少額のスマホ割賦購入などで、まずは毎月決まった額をきちんと支払う習慣を養うべきです。

おわりに

今回はライフカードから新たに出現した、デポジット型ライフカード(Dp)についての紹介と、既存のライフカード(Ch)との違いについての説明や審査・発行時の注意事項についてお伝えしました。

今回も最後まで読み進めて下さり、ありがとうございました。

関連記事

おすすめ記事

1

2018年8月現在の、日本国内の主要クレジットカードの審査難易度のランキングです!当サイト独自基準で作成しております。2 ...

2

2018年8月現在の日本国内の主要クレジットカードの審査難易度の一覧をランキング形式で公開いたします!先日公開した、「ラ ...

3

今回は反響の大きかった、「ライフカード有料版(Ch)」と一般のライフカードの違いについて、審査における違いや付帯特典の違 ...

4

今回はクレジットカードの基礎知識として、クレジットカード利用枠のメイン枠である「ショッピング枠」と「キャッシング枠」につ ...

5

今回は、クレジットカードに必ず載っている、「VISA」や「Mastercard」といったいわゆる「国際ブランド」と呼ばれ ...

6

今回は最近よく聞く、「共通ポイント」という言葉の意味や、日本国内で現在主流となっている共通ポイントについて解説します。 ...

7

今回は、2018年4月現在の主要なクレジットカードに特典として付帯してくる、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の一覧表を ...

-ブラック・喪明け, ライフカード, 個別クレジットカード紹介
-, ,

Copyright© クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~ , 2019 All Rights Reserved.