クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~

キャッシュレス社会でこの先生きのこるため、クレジットカードのお得情報や入会審査に関する情報を発信しています。

ブラックでも発行可能!デポジット型クレジットカードでクレヒスを作ろう



保証金 (デポジット) を預け入れるだけで誰でも発行可能と言われているデポジット型クレジットカード。まだ日本ではなじみの薄いタイプのカードですので、『デポジット型クレジットカードはどんなカードなの?』、『メリットとデメリットはどんなものがあるの?』といった疑問を持つ方も多いでしょう。今回はこれらの疑問について徹底的に解説します。

「審査に不安のある方向け」と謳っているクレジットカードはいくつかありますが、デポジット型クレジットカードの普及で流れが変わりつつあります。アメリカでは割と一般的な形態のクレジットカードですが、ようやく日本でも普及し始めたと言えるでしょう。

デポジット型ライフカードとして以下の二つを取り上げたいと思います。

デポジット型ライフカード(Dp)

有料版ライフカード(Ch)を作れなかった方でも審査に通るライフカード登場!
どうしてもクレジットカードを欲しい方、他社でクレジットカードを作れなかった人、申し込む価値アリ。
・年会費5,000円+消費税 (ゴールドは10,000円+税)
デポジット (保証預り金 : 10万円 or 20万円~190万円) がそのまま利用限度額に
デポジットを預ければほぼ誰でも審査に通る。
・喪明けからのクレヒス育成に!
・お誕生月はポイント3倍!ポイントは各種ポイント、マイル、仮想通貨に交換可能

カード不正利用・紛失対応 〇
ゴールドカードは空港ラウンジも利用可能

年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
一般 : 5,000円+消費税

ゴールド : 10,000円〜20,000円+消費税
0.5%~1.5%
ANA 2.5~7.5マイル/1000円
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
3営業日~一般 : 10万円
ゴールド : 20万円~90万円 (年会費10,000円+消費税)
ゴールド : 100万円~190万円 (年会費20,000円+消費税)

※ ゴールドのみ20万円~190万円まで選択可 (同額の預り金が必要)
★★★★+★★★++

日本国内初と思われるデポジット型クレジットカードの元祖と言うべきクレジットカード。個人的にこのカードの最大のメリットは、僅かな年会費で自己破産でも信用情報上の喪明け前からクレヒスを積むスタートダッシュが可能である事だと思います。また、見た目は普通のライフカードなので外でも安心して使えるのが何気にポイント高いと思います。

 

SBS Premium Card (DP) 個人向けカード

デポジット(保証金)を預ければ誰でも審査に通るクレジットカード!
他社カードを作れない人、デポジット型ライフカード(Dp)を作れない人は申し込む価値アリ!

・年会費15,000円+消費税 ~
ライフカード提携の完全独自基準による寛容な審査。
デポジット(保証金)を預ければほぼ審査に通る。
喪明けからのクレヒス育成に!
・デポジットを預けることで最大利用枠190万円まで

ETCカード無料付帯
・入会から1年間ポイント1.5倍 & お誕生月の利用でポイント3.0倍
・国内/海外旅行割引や電子書籍読み放題のプレミアムサービスも付帯!
年会費ポイント還元率審査難易度国際ブランド
15,000円(+消費税) ~
30,000円(+消費税)
0.5%~1.5%[cc-master]
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
3営業日~年会費15,000円+税 : 10万円
年会費20,000円+税 : 20~90万円
年会費30,000円+税 : 100~190万円
(預り金と同額)
★★★★★★★++

ライフカード提携のもとSBSから発行された第二のデポジット型クレジットカード。ライフカードと異なりゴールドカードとしてのゴージャスな見た目やプレミアムな付帯特典が特徴。せっかく年会費を払うなら所有欲を満たしてくれる豪華なカードフェイスが欲しいという方、ライフカードのブルーの券面があまり好みでない方にはコチラをおススメします。また、個人事業主や小規模な法人経営者の方で、過去の債務整理などが原因でクレジットカードを作れないという方には、 SBS Premium Card (DPB) をおススメします。

 

デポジット型クレジットカードとは?普通のクレジットカードとの違い

デポジット型クレジットカードはその名の通り、保証金を預けて利用可能になるクレジットカードです。アメリカでもサブプライムカードとして、通常のクレジットカードをなかなか発行できない人向けの修行カードとして一定の地位を得ている模様。

代表格としては本サイトでも過去に紹介した、Amazon Store Card。預け入れたお金がそのまま利用可能額になる、デポジット型のクレジットカード (Amazon.com限定のハウスカード) です。明確にクレヒスが悪く通常のクレジットカードの発行が難しい人向けと謳われています。

米アマゾン、信用スコアの低い人向けクレヒス修行用カード発行

米アマゾンは現地時間6月10日、クレジット (信用) スコアの低い人向けに、クレジットスコアを改善可能とするAmazon ...

続きを見る

デポジット (預かり金・保証金) が必要ならデビットカードと何が違うの?

クレジットカードは原則としては立替え払い、特に狭義では分割払い機能が付いたものを指します。分割払い機能のない一括払い専用のカードの場合、チャージカードと呼ばれることもあります。ライフカード(Dp)やSBS Premium Cardは分割払い機能が省略されており、デポジットが必要となるところから分かりにくく感じますが、れっきとしたクレジットカードです。入会に際し最低限の信用調査もあり、クレジットカードとして個人信用情報機関へ登録されます。

デビットカードはあくまで「即時決済」が前提です。そのためデビットカードは一部の携帯電話、プロバイダ、ガソリンスタンドなどの「利用後の料金支払い」サービスの決済に対応していません

その点、デポジット型ライフカード(Dp)やSBS Premium Cardであれば通常のクレジットカードと全く同じように使えるため、クレジットカード払いが可能なサービスであればほぼ全ての決済に使用できます。非常に大きなメリットであると言えます。デポジット型ライフカード(Dp)、SBS Premium Cardともに分割払い・リボ払い利用不可能なので、デポジットを預け入れる前提で使うチャージカードという理解になります。

デポジットを預け入れる必要がある反面、大きな利点として、クレジットカードとして発行する以上はデビットカードと異なり指定信用情報機関のCICとJICCに毎月の利用状況がクレヒス (クレジットヒストリー) として追記されていきます。きちんと支払う限りは「良いクレヒス」として蓄積されていくため、将来別のクレジットカードを発行したくなった場合や、高額商品の割賦購入時の審査などで有利に働きます。長期的な視点で見た場合、非常に重要なポイントになります。

デポジット型クレジットカードのメリット・デメリット

デポジット型クレジットカードのメリット

審査が極めて寛容

支払い延滞や貸し倒れが発生した際のリスクヘッジとしてショッピング枠と同額のデポジットを預け入れるため、一般的に入会審査は非常に寛容です。イシュア (カード発行会社) に対して過去に金融事故でも起こしていない限り、ほぼ誰でも入会可能というのが実情です。

クレジットカードとして利用できる

クレジットカードがなくても利用可能なQRコード決済や先払い・同時払いが原則のデビットカードと異なり、ガソリンスタンド、プロバイダや携帯電話などの利用後に料金が確定するサービスにおける支払いが可能です。デビットカードで支払い不可能なサービスも多く、デポジット型とは言え腐っても鯛、クレジットカードとしての機能を持つデポジット型クレジットカードの利便性が圧倒的に上回ります。

クレヒスを構築できるため早期のキャッシュレス社会復帰も可能に

デポジット型カードでも利用代金をきちんと支払っていけばクレジットカードのクレヒスとして蓄積されていきます。クレヒス構築の第一歩として、スマホ端末の分割購入などが有名ですが、あくまでローンのクレヒスでしかありません。

クレジットカードのクレヒスとして蓄積される支払い実績情報は立派なクレジットヒストリーを構築してくれます。自己破産2年目ぐらいからクレヒスを構築できるのは非常に大きなアドバンテージです。通常は金融事故情報が消える5年後からようやくクレヒス構築を再開できるところ、1万円や2万円の年会費を支払うだけで先取り可能なので年会費を支払う価値は十二分にあると言えるでしょう。

デポジット型ライフカード(Dp)

有料版ライフカード(Ch)を作れなかった方でも審査に通るライフカード登場!
どうしてもクレジットカードを欲しい方、他社でクレジットカードを作れなかった人、申し込む価値アリ。
・年会費5,000円+消費税 (ゴールドは10,000円+税)
デポジット (保証預り金 : 10万円 or 20万円~190万円) がそのまま利用限度額に
デポジットを預ければほぼ誰でも審査に通る。
・喪明けからのクレヒス育成に!
・お誕生月はポイント3倍!ポイントは各種ポイント、マイル、仮想通貨に交換可能

カード不正利用・紛失対応 〇
ゴールドカードは空港ラウンジも利用可能

年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
一般 : 5,000円+消費税

ゴールド : 10,000円〜20,000円+消費税
0.5%~1.5%
ANA 2.5~7.5マイル/1000円
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
3営業日~一般 : 10万円
ゴールド : 20万円~90万円 (年会費10,000円+消費税)
ゴールド : 100万円~190万円 (年会費20,000円+消費税)

※ ゴールドのみ20万円~190万円まで選択可 (同額の預り金が必要)
★★★★+★★★++

SBS Premium Card (DP) 個人向けカード

デポジット(保証金)を預ければ誰でも審査に通るクレジットカード!
他社カードを作れない人、デポジット型ライフカード(Dp)を作れない人は申し込む価値アリ!

・年会費15,000円+消費税 ~
ライフカード提携の完全独自基準による寛容な審査。
デポジット(保証金)を預ければほぼ審査に通る。
喪明けからのクレヒス育成に!
・デポジットを預けることで最大利用枠190万円まで

ETCカード無料付帯
・入会から1年間ポイント1.5倍 & お誕生月の利用でポイント3.0倍
・国内/海外旅行割引や電子書籍読み放題のプレミアムサービスも付帯!
年会費ポイント還元率審査難易度国際ブランド
15,000円(+消費税) ~
30,000円(+消費税)
0.5%~1.5%[cc-master]
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
3営業日~年会費15,000円+税 : 10万円
年会費20,000円+税 : 20~90万円
年会費30,000円+税 : 100~190万円
(預り金と同額)
★★★★★★★++

デポジット型クレジットカードのデメリット

多額の現金が拘束される

ショッピング枠を得るために、後で返ってくるとは言えど最低でも10万円の現金を保証金として預け入れなければなりません。デポジット型クレジットカードを利用している間、このお金は一切利息もつかず自分の自由にも使うことはできません。

保証金として預け入れた金額 = ショッピング枠限度額となるため、利用可能額が低い問題はデポジットの増額と追加年会費を支払うことで回避できますが、クレジットカードとして利用するためにより多額の現金が拘束されるのはやはりデメリットと言えるでしょう。

分割払い・リボ払い・ボーナス払いなどが利用できない

クレジットカード本来の機能である、分割払い・リボ払いやボーナス払い (これは日本特有と思いますが) が利用できません。一括払い専用のチャージカードとしての機能のみが利用可能です。もちろんキャッシング機能も付帯しません。

しかしこの点はアメックスも同じなので、あまり大きなデメリットにはならないでしょう。自己破産や任意整理などを経験した方にとっては金銭感覚を取り戻す良い機会であるとも言えるので一概に悪い点ではありません。

まとめ

今回はデポジット型クレジットカードのメリットとデメリットについて解説しました。確かに10万円からの保証金を預ける必要があるのはデメリットではありますが、それを補って余りあるだけのメリットを享受可能な、いわばキャッシュレス・クレジット社会の救世主と言えるカードであるのがお分かりいただけたかと思います。

以下、一般的なデポジット型クレジットカードの審査に落ちないためのコツをまとめました。お申込みの前の参考にして下さい。

審査に落ちないためのコツ

  • 過去にライフカードで金融事故を経験した方はSBS Premium Card (DP)を申込むべし。
  • 住所・氏名は正確に!
  • 勤務先や連絡先を嘘偽りなく申告しましょう
  • 自己破産直後は審査に通りにくいため最低でも1年は待つべし
  • カード受取の際にはデポジットと年会費を代引きできちんと支払うべし

デポジット型ライフカード(Dp)

有料版ライフカード(Ch)を作れなかった方でも審査に通るライフカード登場!
どうしてもクレジットカードを欲しい方、他社でクレジットカードを作れなかった人、申し込む価値アリ。
・年会費5,000円+消費税 (ゴールドは10,000円+税)
デポジット (保証預り金 : 10万円 or 20万円~190万円) がそのまま利用限度額に
デポジットを預ければほぼ誰でも審査に通る。
・喪明けからのクレヒス育成に!
・お誕生月はポイント3倍!ポイントは各種ポイント、マイル、仮想通貨に交換可能

カード不正利用・紛失対応 〇
ゴールドカードは空港ラウンジも利用可能

年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
一般 : 5,000円+消費税

ゴールド : 10,000円〜20,000円+消費税
0.5%~1.5%
ANA 2.5~7.5マイル/1000円
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
3営業日~一般 : 10万円
ゴールド : 20万円~90万円 (年会費10,000円+消費税)
ゴールド : 100万円~190万円 (年会費20,000円+消費税)

※ ゴールドのみ20万円~190万円まで選択可 (同額の預り金が必要)
★★★★+★★★++

SBS Premium Card (DP) 個人向けカード

デポジット(保証金)を預ければ誰でも審査に通るクレジットカード!
他社カードを作れない人、デポジット型ライフカード(Dp)を作れない人は申し込む価値アリ!

・年会費15,000円+消費税 ~
ライフカード提携の完全独自基準による寛容な審査。
デポジット(保証金)を預ければほぼ審査に通る。
喪明けからのクレヒス育成に!
・デポジットを預けることで最大利用枠190万円まで

ETCカード無料付帯
・入会から1年間ポイント1.5倍 & お誕生月の利用でポイント3.0倍
・国内/海外旅行割引や電子書籍読み放題のプレミアムサービスも付帯!
年会費ポイント還元率審査難易度国際ブランド
15,000円(+消費税) ~
30,000円(+消費税)
0.5%~1.5%[cc-master]
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
3営業日~年会費15,000円+税 : 10万円
年会費20,000円+税 : 20~90万円
年会費30,000円+税 : 100~190万円
(預り金と同額)
★★★★★★★++

関連記事

おすすめ記事

1

2018年8月現在の、日本国内の主要クレジットカードの審査難易度のランキングです!当サイト独自基準で作成しております。2 ...

2

2018年8月現在の日本国内の主要クレジットカードの審査難易度の一覧をランキング形式で公開いたします!先日公開した、「ラ ...

3

保証金を預ければ誰にでも発行されると噂のデポジット型ライフカードについて紹介します。カード受取時に代引きでデポジット ( ...

4

今回は反響の大きかった、「ライフカード有料版(Ch)」と一般のライフカードの違いについて、審査における違いや付帯特典の違 ...

5

年会費無料ながら、ライフカード(Ch)などと同等に審査に不安のある方でも通りやすいと言われているセディナカードJiyu! ...

6

今回は、クレジットカードに必ず載っている、「VISA」や「Mastercard」といったいわゆる「国際ブランド」と呼ばれ ...

7

今回は最近よく聞く、「共通ポイント」という言葉の意味や、日本国内で現在主流となっている共通ポイントについて解説します。 ...

8

今回は、2018年4月現在の主要なクレジットカードに特典として付帯してくる、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の一覧表を ...

-SBS, クレジットカード審査・与信・利用限度額, ブラック・喪明け, ライフカード
-

Copyright© クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~ , 2019 All Rights Reserved.