クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~

キャッシュレス社会でこの先生きのこるため、クレジットカードのお得情報や入会審査に関する情報を発信しています。

ライフカードの説明書2018年版~誕生月ポイント3倍、仮想通貨と交換可能な審査の緩いカード~

投稿日:2018年5月14日 更新日:



ライフカードはライフカード株式会社 (消費者金融アイフルの子会社) が発行している年会費無料のクレジットカードです。かつては誕生月限定でポイント還元5倍 (2.5%還元) というサービスで一世を風靡したものですが、2017年に誕生月ポイント3倍に下がったのは記憶に新しいところ。しかし今でもライフカードは色々な面で魅力的なクレジットカードです。今回はライフカードの魅力について記事を書きたいと思います。



ライフカード事始め

ポイント還元0.5%というとイマイチに聞こえますが、MUFGカードや三井住友カードと同率です。また、これらのカード同様の、いわゆるステージ制をとっており、年間利用額150万円以上で翌年の還元率は2倍の1.0%になります。そのためポイントが貯まりにくいカードではありません。

また、誕生月限定ですがポイント還元率が3倍の1.5%になるため、年に一度のボーナスステージでは未だ非常に強力な還元率のカードであると言えるでしょう。

会員向けのショッピングモールサイト、L-Mall (エルモール) を経由してお買物をすることで、最大還元率が25倍 (12.5%) に達します。ポイント交換対象もそれなりに充実しており、QUOカードや図書カードなどの商品券、楽天スーパーポイントやANAマイルへ移行することも可能です。

また、もう一つの特徴として、審査が柔軟かつ寛容であるという点があります。現在の属性がある程度しっかりしていれば信用情報が現在進行形でブラックの方でも審査に通っている事例があります。

ポイント

審査レベル
★+ ~ ★★

ライフカード

  • 誕生月はポイント3倍
  • ビットコインへも交換可能!
  • 実は審査が非常に寛容

お得に申し込む

実物を見ると分かりますが、実に鮮やかできれいなブルーで、カードホルダや財布に入れておくだけでどこか満足度の上がるカード券面に仕上がっています。

入会はお得なキャンペーンバナーから!

ライフカードのデメリット

最初にこのカードのデメリットを伝えておきます。ライフカードには海外旅行・国内旅行ともに旅行傷害保険は付帯しません。年会費無料カードなので仕方ないのですが、旅行保険が必要な方は別途加入するなどして対処しましょう。

関連

付帯保険まとめ
クレジットカード付帯保険比較表2018年版【海外旅行・国内旅行・家族特約】

今回は、2018年4月現在の主要なクレジットカードに特典として付帯してくる、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の一覧表を ...

ライフカードの審査基準

ライフカードは株式会社ライフ(旧ライフ、最初は信販系の会社でした)が2010年に消費者金融の「アイフル」のグループ傘下に入る際に、クレジットカード事業を継承させるために設立した「ライフカード株式会社」により審査・発行されています。つまりは審査が緩い消費者金融系のクレジットカードと言って良い存在です。

申込み資格

  • 日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方

つまり18歳以上、高校生ではない、日本国内に住所があり電話で連絡がつく人であれば申し込めば審査に通る可能性があります

申込み結果事例

申し込んだ人属性・その他結果
(1) 40代男性有職者、信用情報ブラック合格
(有料カード)
(2) 20代男性自営業の方合格
(3) 20代女性パート・アルバイト不合格
(4) 50代女性年収500万、連続申込み(多重)12枚目合格
(5) 30代男性信用情報ブラック合格
(有料カード)
(6) 40代男性有職者、信用情報ブラック (アイフルで債務整理)不合格
(7) 30代男性年収550万、喪明け、勤続1年合格
(8) 30代男性パート・アルバイト不合格
(9) 30代男性年収600万、喪明け・多重申込み・他社キャッシングあり不合格
(10) 60代男性年金受給者
(年収600万)
合格
(11) 40代男性年金受給者
(年収300万)
不合格
(12) 50代男性年収800万、信用情報ブラック合格
(13) 20代男性パート・アルバイト合格
(14) 40代男性パート・アルバイト合格

いくつかの事例からこんな傾向が見えてきます。

  • 有職者であれば審査に通る
  • 自営業の方でも審査に通っている
  • 信用情報ブラックでも収入がしっかりしていれば審査に通っている (アメックスみたいですね)
  • 喪明けでも審査に通る
  • 年金受給者やパート・アルバイトでも審査に通る可能性あり
  • 他社借り入れが多いと審査に通らない

また、ネットでも言われている審査の傾向として以下の事項があります。

  • 学生でも通る (学生専用カードへ申し込むこと)
  • キャッシングやリボ残が多すぎると落とされやすい

また、ボーダーギリギリで落とされた場合には、年会費有料の各種保険サービス付帯カードを勧められる場合があります。少額の年会費を支払ってでもクレヒスを積んでおきたい事情のある方にはとてもありがたい話です。ライフカード側としてもリスクを負う分のヘッジとして年会費を徴収するため、ある意味win-winなわけですね。

お得に申し込む

ポイント付与システム

還元率もさることながら、貯めたポイントでビットコインをもらえるのが非常に大きなポイントじゃないでしょうか。完全ノーリスクで資産運用させてくれるクレジットカードはそうそうありません。

ライフカードによるポイント付与の基本

カード決済額1,000円ごとに1ポイント(LIFEサンクスポイント)が付与されます。1ポイントは5円相当、還元率に直すと0.5%。しかしこれに上乗せしてポイント還元率を増やす方法が多数あります。

入会後1年間はポイント1.5倍

→ 0.5%x1.5 = 実質0.75%となります。

年間利用額に応じて翌年のポイント還元率アップ

ステージ制度をとっており、年間利用額に応じて翌年のポイント還元率が変わります。

  • レギュラーステージ 50万円未満 1倍(0.5%)
  • スペシャルステージ 50万円以上 1.5倍(0.75%)
  • プレミアムステージ 150万円以上 2倍(1%)

※年間50万の利用で別途ボーナスポイント付与

上記の各ステージとは別で、年間利用額が50万円に達するとボーナスポイント300ポイント(1500円相当)が付与されます。レギュラーステージでちょうど年間50万円利用すると、通常の500ポイント+300ポイント  = 800ポイントになります。この場合は還元率約0.8%になります。

ポイント有効期限は最大5年

通常は有効期限2年ですが、手動繰り越し処理によって最大5年に延長できます。永久不滅とはいきませんが、かなり有効期限が長い部類です。

家族間でポイント移行可能!

LIFEサンクスポイントが100ポイント以上貯まっている状態であれば、家族間でのポイント移行も可能です。ポイントを1人に集中させて一気にマイルやお目当てのポイントへの交換をすることも可能です。

ポイント重視なら家族カードは不要

家族カード発行も可能なライフカードですが、誕生月ポイント3倍の特典は本会員にしか適用されません。ご夫婦や親子でポイントを貯める場合は一人一人がカードを個別に発行されることを強くおススメします。年会費無料で、家族一人ずつの誕生月ポイント3倍特典の恩恵を受けられます。

お得に申し込む

ポイント交換先にはビットコインも!?

( ライフカード 公式サイトより)

実に斬新。なんと貯めたポイントを600ポイント単位でビットコインへ交換してくれます。ある意味これ、究極の余剰資金による投資ですよね。タダでもらったポイントで投資するので完全ノーリスク。素晴らしい!

※ ビットコインをもらうには、仮想通貨取引所の大手であるbitFlyerのアカウントが必要です。bitFlyerのアカウントをもっていない方はこちらのページからアカウントを開設しましょう。完全無料です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

年会費無料カードにしてはオペレータの対応が非常にまとも

昨今はコスト削減の波を受けて、大半が機械音声というクレジットカード会社も多いですが、ライフカードは比較的コールセンターのオペレータにつながりやすく、また、その対応も至ってまともです。

ライフカード、メリット・デメリットのまとめ

メリット

  • 誕生月限定でポイント3倍 (1.5%還元)
  • 年会費無料のため、18歳以上の家族で本会員になれば人数分だけ誕生月3倍の恩恵に預かれる
  • ビットコインへ交換可能、ノーリスクで投資できる
  • 審査が非常に寛容

デメリット

  • 海外、国内旅行ともに保険が一切付帯しない。

年会費無料のライフカードを作ってみよう

ポイント

審査レベル
★+ ~ ★★

ライフカード

  • 誕生月はポイント3倍
  • ビットコインへも交換可能!
  • 実は審査が非常に寛容

お得に申し込む

入会はお得なキャンペーンバナーから!

おわりに

今回はライフカードの特徴やそのメリット・デメリット、審査基準、ポイント還元率のシステム、ビットコインへの交換などについてのお話でした。最後まで読んで下さりありがとうございました。

-ライフカード, 個別クレジットカード紹介

Copyright© クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~ , 2018 All Rights Reserved.