クレジットカード 入会審査

プラチナカードに必要な年収・属性は?

投稿日:

プラチナカード…それは成金趣味のゴールドカードとは一線を画す趣を持つ、大人だけが分かる真の輝き。

なんて聞いても、実際ゴールドカードと年会費以外に何が違うのよ?という方が多いかも知れません。
今回はそのプラチナカード、ゴールドカードと何が違うのか、プラチナカードを取得するためにはどれぐらいの属性 (年収や勤続年数) が必要であるかを解説してまいります。

かなり市民権を得て来たプラチナカード。ゴールドカードよりも上のグレードであるということは知れ渡っているものに、サービスや保有する利点はあまり詳しく知られていないポイントも解説していきます。この記事を読み終えたら、あなたもプラチナカードが欲しくなっちゃうでしょう。

 



Contents

そもそもプラチナカードってどんなカード?

世間が抱いているであろうプラチナカードに対するイメージ

皆さんはプラチナカードと聞いてどんなイメージを持つでしょうか。

  • 自分には縁がない
  • リアルお金持ちがもっていそうなカード
  • 限度額が高い
  • 選ばれた人にしか案内が来ない
  • 入会審査がとても厳しくて自分には無理
  • 年会費がとても高い
  • ある程度のポジションの社会人としては持っておきたい
  • よく分からんけど、付帯保険とかいろいろなサービスが充実している

一般的なプラチナカード

プラチナカードは、クレジットカードのグレードの一種です。特別にプラチナカードというものがあるわけではなく。
おおむねゴールドカードと呼ばれる一般よりワンランク上のカードの各種サービスレベルが更にアップしたもの、と言えます。

「金属としての価値がプラチナ>ゴールド」であるから上のランクの名称として使用されていると言われています。意外と安直ですね…。しかしながら大半は外見が真っ黒だったり銀色だったりと、あまりゴールドカードほどのインパクトは総じてありません。でもいいんです、分かる人にだけ分かれば。

プラチナカードには以下の特徴があります。

  • ゴールドカードと比べて更にワンランク上のサービスが提供される
    • 当たり前に空港ラウンジ利用可能
    • 付帯保険も自動付帯が当たり前
    • 航空機遅延保険
    • ショッピング保険
    • コールセンターは24時間
    • コンシェルジュサービス
    • 提携レストランの優待
    • 提携ホテル宿泊料金の優待
    • ホテルのアップグレード
  • ポイント制度上の優遇
  • クレジット・分割払い・リボ払い限度額が高めに設定される
  • 年会費は20,000円~150,000円とピンキリ

スポンサーリンク

ワンランク上のサービス

当たり前に空港ラウンジ利用可能

ゴールドカードで付帯されることの多い空港のカードラウンジですが、プラチナカードであれば当たり前に付帯されます。プライオリティパスが付帯されることも多いです。

付帯保険も自動付帯が当たり前

クレジットカードの付帯保険のサービス内容はゴールドカードと比較しても明らかに充実しています。特に家族特約や自動付帯(保持しているだけで保険対象となる)が標準的になってきます。

航空機遅延保険

搭乗予定の飛行機が大幅に遅延してしまい宿泊を余儀なくされてしまった場合などに、宿泊費などをカバーしてくれる保険です。飛行機による出張やプライベートの旅行が多い方には助かる保険です。

ショッピング保険

プラチナカードを使って買い物をした商品が購入直後に壊れたり盗まれたりといった場合に損失を埋め合わせてくれる保険です。ゴールドカードでも適用される場合がありますが、適用範囲や上限額がに違いが出てくることも。そうそうお世話になることもない保険であるとは思いますが、あるのとないのとでは安心感が違います。

コールセンターは24時間

コールセンターの対応可能時間も一般カードが9時~17時だったりするのに比べて、遅い時間まで対応してくれたりします。

コンシェルジュサービス

プラチナカードといえばコンシェルジュサービス、というくらいに各社ともにプラチナランクのカードからコンシェルジュ(無料の秘書)サービスが付いてきます。年会費の安いプラチナカードには付いていない場合もありますが、招待制(インビテーション必須)のプラチナカードであれば必ずと言っていいほどついて来ます。

  • 急なホテルの予約
  • 飲み会や会食のレストラン予約
  • 贈答品の手配 (送別会のお花など)
  • 新幹線や航空機チケットの手配

この辺のこまごました事を無料でやってくれますが、安いお店を一生懸命探したりしてくれるわけではないので、あまりお金に糸目をつけなくていいのでとにかく急ぎで○○が必要なんだ!というときに使うと良いでしょう。

たとえば、忙しくて航空券を探して取る暇がない、みどりの窓口に出向いて新幹線のチケットを買っている余裕がない、といったときにコンシェルジュサービスに依頼して予約を代行してくれたり、自宅やオフィスにチケットを郵送してたりしますので、忙しい人にも便利なサービスです。特に割引価格で買ってくれたりするわけではないので、プラチナカードホルダとして、秘書を使ってみたい場合に使ってみるとちょっといい気分になれるかも。

提携レストランの優待

高級レストランや料亭などで外食費が安くなるサービスを提供しているプラチナカードが多いです。
たとえば、半期に一度、提携レストラン (コース料金一人10,000円前後~) のコース料金が一人分無料になる、といったサービスが提供されています。ご家族や配偶者との記念日のお食事に使えるとお得ですね!

提携ホテル宿泊料金の優待

ホテルに優待価格で宿泊できるサービスもプラチナカードならでは、なのですが…実際のところは楽天トラベルや一休といった専門サービスに価格で負けてしまうことが多いので、あまり役に立つかというと…。

ホテルのアップグレード

カードによっては、部屋のアップグレードをしてくれる場合も。安い部屋を取ったのに、クラブラウンジが使える部屋に案内された、などのケースもあります。

スポンサーリンク

ポイント制度上の優遇

利用額に応じたポイント付与の割合や、1ポイントの価値が通常カードよりも上がることが多いです。

MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードの場合

1,000円で1ポイントであることは他のMUFGカードと変わりませんが、このカード限定で1ポイントがJALマイルで実に8マイルで交換可能になります。NICOSなどの他のMUFG系列カードのポイントをこちらのポイントへ変換することで、このメリットを更に享受可能になります。

また、ファイブスターメンバーになることで更なるポイント優遇を受けられたり、デュアルスタイル (ショッピング枠・キャッシング枠共有でVISAまたはMasterブランドでもう一枚発行する) による二枚持ちで、AMEXブランドの本カード決済で付与されるポイントが1.5倍になります。

関連記事

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス©カード、申込みから到着までの流れ

いやはや、タイトルが長い長い…。 今回は、通称「黒鹿」、MFUGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの申込みから到着までの流れについて書いてみたい ...

続きを見る

クレジット・分割払い・リボ払い限度額

ゴールドカードに比べて2倍程度かそれ以上の額に設定されることが多いようです。
ショッピング枠では少なくても100万円以上であることが多く、大半は200万円以上であることが多いです。最大は500万円~1000万円程度が多いようです。
券面の渋い輝きは、成金色のゴールドカードにはない価値を示すもの、という事の様ですね、ハイ。

 

年会費は20,000円~150,000円とピンキリ

各種サービスを提供する対価として費用が発生するのは当たり前なのですが、年会費の価格帯は以下のパターンに集中している様に見受けられます。

  • 20,000円~50,000円/年
  • ~100,000円/年
  • ~150,000円前後/年
年会費20,000円~50,000円のプラチナカード
  • MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード  (20,000円+税)
  • セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード (20,000円+税)
  • エポスVISAプラチナカード (20,000円+税)
  • セディナプラチナカード (30,000円+税)
  • 楽天ブラックカード (30,000円+税)
  • JAL・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード (31,000円+税)
  • JAL・JCBカードプラチナ (31,000円+税)
  • 三井住友トラスト・プラチナカード (35,000円+税)
  • 三井住友プラチナカード (50,000円+税)
年会費~100,000円のプラチナカード
  • ANA VISAプレミアムカード (80,000円+税)
年会費~150,000円のプラチナカード
  • ダイナースクラブプレミアムカード (130,000円+税)
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナカード (130,000円+税)
  • ANAダイナースプレミアムカード (155,000円+税)

※JCB THE CLASSも価格帯やサービスのグレードから、いわゆるプラチナランクなカードになると思うのですが、JCB本体にプラチナランクが存在しないこと、JCB Gold The Premiereがセミプラチナクラスのランクのカードとして扱われているっぽいことから、一応本サイトではJCB THE CLASSはセミブラックカード的な扱いということにしておきます。賛否両論あるとは思いますが、個々人の解釈次第という事で。

関連記事

クレジットカードのランク付けとは?

今回はクレジットカードの「格」とでもいうべきランク付けについて紹介します。 一言にクレジットカードといっても世の中実に数千種類のクレジットカードがあり、それこそ ...

続きを見る

スポンサーリンク

プラチナカードの入会審査

さて、ここからはプラチナカードの審査の厳しさや、通過するのに必要な属性について解説していきます。

今も昔もインビテーション制が多いが変化も出てきている

一昔前であれば、カード会社からの招待状 (インビテーション) がないと申込みすら出来ない事が多かったですが、最近はインビテーションなしでも申込み可能なプラチナカードが少しずつですが増えてきています。

インビテーションなしで申込み可能なプラチナカード

  • MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード  (20,000円+税)
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード (20,000円+税)
  • JAL・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード (31,000円+税)
  • JAL・JCBカードプラチナ (31,000円+税)
  • 三井住友プラチナカード (50,000円+税)

このあたりが代表的な、インビなしで申込み可能なプラチナカードです。インビテーションが要らないってだけで、審査はそれなりに厳しいです。

一昔前のプラチナカード審査

やはり年収が大きくものを言います。プラチナカードをもてる年収として、以前は1000万以上だとか、三井住友で900万以上(限度額300万円とした場合の3倍)が最低要件と言われていました。しかし最近は格安プラチナカードを中心に、この基準が大きく崩れてきています。平たく言えば、定職があれば誰でも持てる、とさえ言われ始めています…。

最近のプラチナカード審査事情

プラチナカードを保持している層として、最も多いのが30代後半~50代の年代であると言われています。サラリーマンの平均年収が、500万円弱なので年収として300後半~500万程度あれば問題ないのではないかというのが最近の認識です。極端な言い方をしてしまうと、それなりの勤続年数と平均前後の年収でプラチナカードを持てるということになります。

ただし、インビテーション制をとるプラチナカードが未だ多くを占める現状を踏まえると、プラチナカードを持ちたいカードの平カードまたはゴールドカードから始めて、半年~一年は使い込んで利用実績をあげることが必要であるのは想像に難くありません。プラチナはあなたの信用度のランクを表す色でもある、ということです。

スポンサーリンク

プラチナカード審査通過に必要な属性

やはりゴールドカードと同様に、年収・勤続年数といった属性以外にも、各クレジットカード会社で重視する様々な属性があります。
例えば、そのカード会社のクレジットカードを○年以上利用していること、年間○○万円以上利用していること、などです。

もちろん、年収や勤続年数を上げることで利用実績が少ない場合の審査結果を好転させることも可能ですが、かなりの努力が必要であると言えるでしょう。素直に決済をプラチナを持ちたいカードに集中させてしばらく待つのが一番確実です。

MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード

年会費20,000円+税

年収400万~ が必要と言われています。インビテーションなしでも申込み可能です。また、MUFGカードの利用実績がなくても、BTMU (三菱東京UFG銀行)との取引歴が長い場合、特に給与振込口座などとして使っている場合だと思いますが、唐突にプラチナカードのお誘い(DM)が来る場合があります。

「原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方(学生以外)」が対象だそうです。ほぼ普通カードと変わらないです。年齢要件は特になく、実は最もハードルの低いプラチナカードの一つかも知れません。最大手の銀行系カードで、ここまで入りやすいプラチナカードを出してくれるのは有難い事ですね。他の高級プラチナカードと比べてもサービス品質がそこまで落ちるわけでもなく、コストパフォーマンスにとても優れたプラチナカードです。

これでVISAブランドでMUFGカードからプラチナ出してくれればもっと便利なんですがね…。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス©カード、申込みから到着までの流れ

いやはや、タイトルが長い長い…。 今回は、通称「黒鹿」、MFUGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの申込みから到着までの流れについて書いてみたい ...

続きを見る

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

年会費20,000円+税

年収400万円~、満25歳以上が加入要件であると言われています。個人事業主などの方向けのカードとされていますが、インビなしで申込み可能であるため、一般個人がいきなりプラチナが欲しい場合に申し込んでもOKだったりします。

JALアメリカン・エキスプレス・カードプラチナ

年会費31,000円+税

年収500万円~600万円程度が必要と言われています。しかしながら審査はMUFGカードが行うため、実はMUFG本家のプラチナアメックスと審査基準がほとんど変わらないかも知れません…。インビなしで申込み可能です。

ANA VISAプラチナプレミアムカード

年会費80,000円+税

年収700万円~、なおかつ30歳以上であることが加入要件であると言われています。他のカードに比べるとぐっとハードルが上がります。

楽天ブラックカード

年会費30,000円+税

インビテーション必須です。楽天プレミアムカード からのアップグレードが必須なのか、楽天カード 楽天ゴールドカード からでもアップグレード可能なのかどうかは分かりません。

年収要件は恐らく最低でも1,000万円程度。年齢要件は不明ですが、とにかく楽天グループのロイヤルカスタマーであることが求められる様です。

以下、ロイヤルカスタマーとして、ブラックカード加入の加点要素になる要件をいくつか挙げていきます。

  • 楽天銀行に口座を持ち、利用実績があること
  • 楽天証券に口座を持ち、利用実績があること
  • 楽天市場でのランクがプラチナであること
  • etc.

銀行と証券はもちろんそれなりの額の利用実績が必要ということでしょう…。楽天のサービスを利用しまくり、貯蓄や資産運用も楽天系列でやっていれば、楽天プレミアムカードからのインビテーションが来やすくなるという事でしょうか。


楽天銀行

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

年会費130,000円+税

高級プラチナカードの一角、アメックスのプラチナです。雨白と一部では呼ばれているアイツです。
アメックスゴールドカードからのインビテーションのみでアップグレードが可能です。

一部では年収1,000万円以上が加入要件であると言われてもいますが、昨今は加入要件が緩くなったとも言われており、年収600万円台でも利用実績があればアップグレードできている報告がチラホラ上がっております。

また、ゴールドカードに初年度年会費無料キャンペーンで入会された方が一年間使い続けて年会費を一度払ったとたんにプラチナインビが来た、という報告も上がっております。利用実績はそれなりに必要で、年間最低でも350万程度。500万円以上の利用でインビテーションが来たという話をよく聞きます。

やはりラスボスはセンチュリオンなんですね。

金属製のリアルメタルカードも発行され始め、攻め始めたアメックス。プラチナインビを狙ってみるか本気で悩んでおります。

プラチナカードに年会費を払う価値はあるのか?

付帯してくる旅行保険や空港ラウンジなどのベネフィットはともかくとして、対応の親身さ、太っ腹さはプラチナがゴールドよりも明らかに一歩上です。

知人の経験談として、海外出張中に重い病気に罹患した際、現地での医療費を旅行保険で賄ってもらえた他、知人の世話にきたご家族の滞在費をすべてカード会社側が持ってくれたそうです。そんな神対応をしてくれるカード会社、それはアメリカン・エキスプレス。実話です。

こういう対応をしてもらえた話を聞くと、やはり年会費有料でもランクの高いカードを最低1枚は持っておきたいという気持ちになりますね。
ある意味、日々の安心感をカネで買うようなものです。

年会費無料カードなら楽天カードで決まり!

当サイトの一番人気は高還元ポイントで大人気の楽天カード。年会費も永年無料です!

はじめてのクレジットカードとしてもおススメです。様々なシーンで貯まる楽天ポイントでお得なポイント生活を始めよう!

安心の三井住友VISAカード

当サイトの人気二番手は、代表的なVISAカード、三井住友VISAカード!

最初の一枚ならこれ作っとけ!というぐらい、クレジットカードの代名詞的存在感は健在です。どこへ行っても使える安心感はやはりこのカードに勝るものはありません。使い込むことでゴールドカード、プラチナカードへとステップアップしていけるのも魅力の一つです。

JALマイルを貯めるならJALカード一択!!

本サイトで人気三番手はJALカード! 何だかんだJALマイルを貯めるなら一番効率がいいカードです。比較的、特典航空券での席を取りやすいのが魅力ですね。以下のリンクで申込みからカード発行までの流れも詳細に解説しております。

クレカ・キャッシュカード・WAONカード三位一体のイオンカードセレクト

生活圏内にイオンモールがある方は作っておいて損のない一枚です。このカード一枚でクレジット、キャッシュカード、WAONカードとして使えます。財布の中のカードが増えて大変…という貴方におススメの一枚。

初年度年会費無料!海外旅行にも強いセゾン・アメックスゴールド

貯めたポイントは永久不滅、失効しません!じっくりポイントを貯める派の人におすすめのセゾンカード。リーズナブルな年会費でアメックスゴールドと同等の付帯保険や各種特典も付いており、海外旅行に安心の一枚です。

-クレジットカード, 入会審査
-

Copyright© クレカ・電子マネーで節約!~生き残るためのお金の知識~ , 2017 All Rights Reserved.