1.節約術 クレジットカード クレジットカードの上手な使い方 クレジットカードの仕組み

【現金払い派涙目】LINE田端氏吠える。クレジットカードのポイントの原資はどこから来るのか?

更新日:

LINE、と言えば定番アプリと認知されておりますが、そのLINEの役員の方のツイートが物議をかもしております。社会の必須インフラにでもなったつもりなのか、やたら上から目線ですねこの方。



現金払いは損なのか?

一言で表せば「情弱乙www」ということなんですがこれでは記事が終わってしまうので無理やり続けますwww

田端氏が言うのは、現金払いをするということは、クレジットカードで決済する人が得ているポイントやマイルの一部肩代わりをしているのだ、ということ。

「店舗側が意識しているかどうかに関わらずカード手数料分だけ商品がちょっと値上げされてて、現金派もその料金で支払っている、っていうことでしょうか?」という疑問が投げかけられていますが、結論から言えば、

YES!! YES!! YES!! YES!!・・・

「もしかしてオラオラですかーッ!!」

のアレを思い出しますね。

キャッシュレスになった方が富が増大するのかどうかは知りませんが、少なくとも国家が保証してくれない、各企業が好き勝手に乱発している電子マネーよりは現金の方が信用できる気がしますが。

しかし、後半の一文。

「困るのはピンク産業と現金商売で税金支払い逃れてた人たち」

若くして出世されただけあっていい点を捉えているように思いました。

あまり大声ではいわれませんが、キャッシュレス化の目的の一つは課税対象の補足ではないか、と私は考えていました。現金払いの履歴よりも、電子決済によるコンピュータが作成した支払い履歴の方が遥かに正確であるため、脱税者の補足が容易なのです。

脱税は犯罪であるので絶対にダメですが、現金払いにはそれなりの利点(?)があったようですね。現金払いで領収書発行されない日払いのアルバイトなんか正にそうですね。

現金払いとカード払いで何が違う?

現金払いの例

レストランで1,000円分の食事をしたら、現金で1,000円お店に支払います。お店は1,000円を手にし、あなたの財布からは1,000円が無くなります。

クレジットカード払いの例

食事代をクレカ払いにすると、5~10%程度の加盟店手数料が発生します。あなたは将来1,000円をカード会社に支払い、レストランは900~950円程度しか受け取れず、カード会社は50~100円受取ります。その中からカード会社はあなたに楽天ポイントやANAマイルといった形でポイントを支払います。

この例では、カード払いだと一回一回の決済ではレストラン側が損をします。ただし、持ち合わせがなくてもツケで飯食ってええで!と言って客を呼び込んでいることにもなるので、トントンかそれ以上に儲かる・・・ことになっています。

このあたりの詳細は、以下のページも参考にして下さい。

クレジットカードの仕組み(1)
クレジットカードの仕組み(2)

お店(クレジットカード加盟店)は何をするか?

上の例では、1,000円の売上を得るための経費が50円から100円余計にかかるようになります。なので、当たり前と言えば当たり前ですが、レストラン側もカード加盟店手数料をカード会社に支払っても黒字になるような値付けをします。

元々の価格で、加盟店手数料をカード会社に支払ってもまだ黒字である場合は、客数が増加することで埋め合わせられるので問題ないのですが。

問題は加盟店手数料を払うと赤字になってしまう場合。値上げするしかないです。値上げした分客が離れても黒字になるような単価にしなければいけない場合もあるでせう。その場合は、上の例では50円の値上げでは済まないでせう。

この例だと、1,100円~1,200円ぐらいでしょうか。

値上げされた価格をベースにして、

  • 現金払い派は、ポイントバック無し
  • カード払い派は、ポイントやマイル(゚д゚)ウマー

ということで、冒頭のLINE役員の方は、「情弱乙www」と言っていたわけですね。

いや待て。

たかだか1~2%程度のポイントバックのために10%以上の値上げを受け入れる消費者も情弱乙な気がしますね。カード会社の一人勝ちじゃないでしょうか。ドヤ顔で情弱乙wwwと言っていた冒頭のあなたも情弱乙www

結局、どっちが得なのか?

クレジットカード払いに対応している場合、ほぼ間違いなくクレジットカード手数料を考慮しての値付けがされています。ギリギリまでの値下げはされていません。

そうである限り、クレジットカード払いが得であると言わざるを得ません。

ポイントバック以外に、支払い明細の自動作成や、支払い期日が近づいてきたらメールやアプリで教えてくれたりと、金銭管理面においてもクレジットカード払いならではのメリットがあります。また、一定以上のカード利用で商品券などが抽選でもらえたりと、消費者に対する還元は多いかと思います。

カード払いを前提とした値付けがされているものが多い以上、その影響を排除する事は難しいです。せめて、クレジットカードの利点を十二分に利用して、無駄なリボ金利や分割金利を支払わないようにしていくのが、賢い消費者の在り方ではないでしょうか。

イチオシのクレジットカード

楽天カード

年会費無料カードならこれを作っておけばまず間違いのない一枚。審査も比較的寛容で、現況重視です。何より年会費無料でも常時1%、楽天市場で4%の還元率は他のカードより一歩リード。

審査難易度★★
お得度★★★★★
付帯サービス★★
年会費無料
ポイント還元率1.00%~4.00%
メリット・年会費永年無料
・ポイントは実質無期限!

・いつでも1%の高還元率。ETCやEdyでもポイント付与。
・楽天市場でポイント4倍 (キャンペーンで更に増量)
・楽天関連サービスではポイント2倍~ 最大10倍

・街中の提携店でポイントが使える。他ポイントへ交換不要。
・無料カードだが海外旅行保険付帯。

デメリット・楽天関連サービスを利用しない人にはメリットが少ない。

JCB CARD W

JCB CARD WのWはダブルのW!ポイント2倍は当たり前!ついに国際ブランドJCBが本気を出して来ました!

審査難易度★★★
お得度★★★★+
付帯サービス★★★
年会費無料
ポイント還元率0.70%~2.50%
メリット年会費永年無料
・安心と信頼のJCBブランドによるプロパーカード

・いつでもポイント還元率2倍
・学生も入会可能
・JCB CARD W plus Lは女性向け特典多数
・入会後のカード利用でキャッシュバックのキャンペーン
デメリット・年齢制限あり (18歳~39歳)
・Web限定カードのため、紙の利用明細が出ない

三井住友VISAクラシックカード

はじめの一枚や、一枚だけ作るといった場合には三井住友VISAカード が最有力候補の一角になります。ポイントサービス、保険、ETCなどのクレジットカードの基本機能が一通りそろっており、発行元が銀行系である安心感は大きいです。人前で使っても恥ずかしくありません。

審査難易度★★★
お得度★★+
サービス★★★+
年会費初年度無料、二年目以降1,200円(税別)
ポイント還元率0.30%~1.00%
メリット・安心の銀行系カード
・旅行保険、ショッピング補償サービス充実。
・家族カードも補償対象。
・ETCカード無料発行
・最短3営業日のスピード発行
デメリット・ポイント還元率が低め

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード は、アメックスをお試しで持ってみたい人にピッタリの一枚。学生や主婦の方でも申し込めます。年会費も実質無料でポイント無期限!アメリカン・エキスプレス・コネクトやオンライン・プロテクションなどアメックスの特典にプラスしてセゾンカードの優待も受けられます。また、セブン & アイ系列でのnanacoポイント付与や西武系列での5%OFFなど、生活に密着したお得度も魅力。

審査難易度★★+
お得度★★★★
付帯サービス★★★
年会費無料
2年目以降1,000円  ※条件付き無料
ポイント還元率0.50%~1.00%
メリット・年会費は実質的に永年無料 (年一度の利用で翌年無料)
・ポイントは完全無期限!
最短で即日発行!
・セブンイレブン、イトーヨーカドーで同時にnanacoが貯まる
・西友、LIVINで5%OFFの優待日あり
デメリット・生活圏内にセブンイレブンや西武系列のお店がないとメリットが少ない。

三井住友VISAデビュープラス

デビュープラス は三井住友VISAカードの中で、はじめてクレジットカードを作る18歳~25歳の方のためのカード。他カードより高還元率 & 年会費も二年目以降、年一度のカード利用で無料になる事実上の無料カード。大手銀行系の安心とお得な還元率を両立した、学生の方や新社会人向けのクレジットカードです。最短3営業日で発行してくれるのも◎。

審査難易度★★★
お得度★★★+
付帯サービス★★+
年会費初年度無料
2年目以降1,250円(税別)  ※条件付き無料
ポイント還元率0.60%~1.50%
メリット・安心の大手銀行系
・最短3営業日で発行
・ポイント還元率がお得

・年一度のカード利用で2年目以降も年会費無料
デメリット・年齢制限 (18歳~25歳)

楽天ゴールドカード

はじめてのゴールドカードとして飛び抜けてコスパの良い一枚。常時1%の還元率と楽天市場で最大5%還元!国内空港ラウンジも利用できるため旅行でも活躍します。

審査難易度★★+
お得度★★★★+
付帯サービス★★★
年会費2,000円(税別)
ポイント還元率1.00%~5.00%
メリット・ポイントは実質無期限!
・いつでも1%の高還元率。ETCやEdyでもポイント付与。
・楽天市場でポイント5倍 (キャンペーンで更に増量)
・街中の提携店でポイントが使える。他ポイントへ交換不要。
・空港ラウンジ利用可能。
・海外旅行保険利用付帯。
・限度額は余裕の最大200万円!
デメリット・楽天関連サービスを利用しない人にはメリットが少ない。

楽天ANAマイレージクラブカード

ANAマイルを貯めたい人のサブカードにピッタリ。実質無期限の楽天スーパーポイントを好きなタイミングでANAマイルに交換することで、マイルの期限を延長できます。

審査難易度★★
お得度★★★★
付帯サービス★★+
年会費500円 (税別)
年一回の利用で2年目以降、翌年無料
ポイント還元率1.00%~4.00%
メリット・年会費は二年目以降無料にできる
・100円/楽天スーパーポイント1P付与 or
200円/ANA1マイル付与

・いつでも1%の高還元率。ETCやEdyでもポイント付与。
・楽天市場でポイント4倍 (キャンペーンで更に増量)
・ANAマイルの期限延長に!

デメリット・楽天関連サービスを利用しない人にはメリットが少ない。

-1.節約術, クレジットカード, クレジットカードの上手な使い方, クレジットカードの仕組み
-,

Copyright© クレカ・電子マネーで節約!~生き残るためのお金の知識~ , 2018 All Rights Reserved.