クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~

キャッシュレス社会でこの先生きのこるため、クレジットカードのお得情報や入会審査に関する情報を発信しています。

GoogleがAppleに検索のために年間3000億円超を支払っている理由とは?

投稿日:2017年8月20日 更新日:



世界のトップ企業同士だからかもしれませんが、一般人が常日頃あまり気にもかけずに使っていた検索エンジンのために、何とも巨額の資金がやりとりされていたというニュースが衝撃的でした。改めて独自の利益構造を世界に根付かせたGoogleという企業の恐ろしさ、iPhoneで文字通り世界を変えたAppleによる革新の規模の大きさがはっきり分かるニュースです。それと同時に、その気になれば出来たのに、失敗の責任回避を第一にして動きの遅い日本企業が徐々に衰退していく理由も何となく分かってしまい、寂しい気持ちにもなりました。

そんなニュースに対するネットの反応を交えつつ、私見を書いてみます。

 

引用元 : 【IT】GoogleがAppleに検索のため3年で3倍増の年間3000億円超えを支払っているのにウィンウィンの理由は?
URL    : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502785208/

 

Appleデバイスの標準検索エンジンにしてもらうのには3,300億円かかる!

1: ノチラ ★ 2017/08/15(火) 17:20:08.64 ID:CAP_USER
Androidを開発するGoogleはiOSを開発するAppleのライバルですが、iOSのデフォルト検索エンジンになるためにGoogleは、なんと30億ドル(約3300億円)という破格の契約金を支払っていると報じられています。それにもかかわらず、この契約はGoogle・Appleにとってウィン・ウィンの関係だそうです。 

アライアンス・バーンスタインのアナリストのA.M. Sacconaghi Jr.が、「GoogleがiOSのデフォルトの検索エンジンに指定してもらうためにAppleに支払うライセンスフィーが、年間で30億ドル(約3300億円)である」との予測を投資家向けの報告書内で明かしました。

iOSのブラウザSafariの検索エンジンは、Google、Yahoo、Bing、DuckDockGoから選べますが、デフォルトでは「Google」にチェックが付いており、検索エンジンとしてGoogleを使う事になります。もちろんユーザーでGoogle以外の検索エンジンを指定することは可能なので、Googleはこのデフォルト検索のチェックをつけてもらうためにAppleに年間3000億円以上の金銭を支払っている、というわけです。 

「2014年にiOSのデフォルト検索エンジンの地位を約束してもらうためにGoogleがAppleに支払った金額は10億ドル(約1100億円)だった」と裁判記録から明らかになっていることから、契約料は3年間で3倍に跳ね上がったことになります。

Appleにすれば検索エンジンの指定にかかるコストはほぼゼロであることから、30億ドル分はまるまる利益ということになり、これは2017年のAppleの営業利益の5%を占め、過去2年間の売上成長の25%を占める可能性があるとSacconaghi氏は述べています。

Appleにとってみれば濡れ手に粟のような契約にも思えますが、Googleにとっても検索エンジンのデフォルト指定のメリットは大きいのだとのこと。Sacconaghi氏によると、Googleのモバイル検索収入の約50%がiOSデバイスからであり、モバイル検索からの収入は30億ドル(約3300億円)を支払ってもなお儲かるのであり、巨額のライセンス契約はGoogle・Apple双方にとってウィン・ウィンの関係なのだそうです。

モバイル端末OSではAndroidとiOSという完全なるライバル関係にあるGoogleとAppleですが、互いにとってメリットになるならば良い関係性を持つという、ハイテク企業の柔軟性がよくわかる事例となっています。

33,00億円払ってでも標準検索エンジンであれば儲かるということで、いったい画面上の広告をクリックするたびに出稿者はいくら払ってるんだろう…。ちょっと気になっちゃいますね。

そしてこれ。
「2017年のAppleの営業利益の5%を占め、過去2年間の売上成長の25%を占める可能性がある

もしかして廃れてきた感のあるiPad事業による収入ってこれを下回る可能性もあるってことか…。

 

 

4: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 17:51:20.98 ID:nhrU0aVD
払わなくてもググるんじゃね?

 

19: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 19:14:07.36 ID:O0g+i7JD
>>4
標準の検索エンジンを使う奴が多いんじゃね?

 

43: 名刺は切らしておりまして 2017/08/16(水) 02:01:14.94 ID:XWIizEMs
>>Googleのモバイル検索収入の約50%がiOSデバイスからであり、
モバイル検索からの収入は30億ドル(約3300億円)を支払ってもなお儲かるのであり

モバイル検索からの収入額もでているはずなのに書けないって事は
支払っても儲かるというレベルじゃないって事だよね。

 

46: 名刺は切らしておりまして 2017/08/16(水) 08:37:32.93 ID:dG9XJ1Eb
>>43
今やGoogleの収入の半分近くがモバイル広告

 

48: 名刺は切らしておりまして 2017/08/16(水) 10:20:06.12 ID:Dx4w5D6x
iOS利用者は意識は高いが情報弱者だからデフォルトから変更するスキルはほぼない。
たぶんBingをデフォルトにすると、不便になったといいながらBingで検索しつづける。

 

49: 名刺は切らしておりまして 2017/08/16(水) 10:48:41.80 ID:dG9XJ1Eb
>>48
検索なんてそれくらいどうでもいいこと
だからGoogleが金出さなかったらあっさり乗り換えられる
iOS向けの広告収入が無くなったら今の成長率の乏しいGoogleじゃ売上が前年比マイナスになってしまうから大変よ
それ考えたら30億ドルなんて安いもの

 

23: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 19:53:24.05 ID:blyHXWPJ
GoogleはFirefoxにも莫大な金払ってる。
Googleにしてみればいちばん大事なのは広告を表示してくれるプラットフォームであり
それがGoogle製品である必要はない。

Googleの収入の大半がモバイル広告、ということは、Appleに多少くれてやっても余裕で儲かりまくりということですね。やはり、カネを払ってでも標準検索エンジンの座をキープしていれば二位以下に落ちた場合と比べて全く儲けの次元が違う、ということになるのでしょう。

多少、が30憶ドル(3300億円)ってのがスケール大きすぎて想像つきませんが…。

また、Google自身は誰がプラットフォームとして勝とうが、そこに搭載される検索エンジンとして首位であれば自動的にカネが入ってくるということでもありますね。事業のあり方として、集中するべきところをしっかり弁えているということになりますか。

スポンサーリンク

36: 名刺は切らしておりまして 2017/08/16(水) 01:01:02.50 ID:Rmor1+qx
だからAndroidの父、アンディルービンは
Appleのエンジニアで、スピンアウトして
Androidを作った。そのAndroidをGoogle
が買った。全ての道はAppleに通ずる。
え、MS? まあ、頑張ってるよねw

 

39: 名刺は切らしておりまして 2017/08/16(水) 01:18:50.66 ID:q5492MNB
利益をグーグルに依存してるってことだろ
毒リンゴ食わされてるのはアップル側だったとか笑えない

これはどちらが依存している側か、と考えるとAppleが依存していると言っていい。

仮に全端末がAndroidであった場合でも、Googleは良質な客層 (≒ 現iPhoneユーザ) からの広告収入で今とそう大して変わらぬ収入が見込めるのに対して、Appleはデフォルト検索エンジンであることに毎年カネを払ってくれるのはGoogleだけである可能性が高い。GoogleにしてみればAppleがいなくなっても実はそこまで困らない、ということに。

Google恐るべし。

日本人の見る目のなさへの批判も

11: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 18:23:44.30 ID:xotIRAJ1
検索エンジン作っといてその将来性に気づけなかった日本は本当に見る目ないな

 

20: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 19:25:52.03 ID:dIOSquh5
>>11
バカ上司「で、前例はあるの?」
あるわけがないこの馬鹿チンがーw

 

24: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 20:15:50.13 ID:I+VhIE1s
>>11
>>20
社内政争のせいで複数の検索関連技術者をGoogleに流出させちゃった某通信会社もある。

前例がなければだれも責任を取りたくないからやらない、という上司像が日本企業に多いようです。
そりゃ中国企業にも負けるわけだわ…、というのは置いておいて。

前例がない → 責任取りたくない → やらない

これの最たる例が、実はiTunesやiPadだったりします。

一時期下り坂まっしぐらだったSONYですが、実は現在のiPadのプロトタイプとも言うべきタッチパネル式のタブレット端末は2005年過ぎぐらいには試作品の開発が完了していたようです(ガイアの夜明けかWBSどちらかでかなり昔に見た記憶が…)

その時も、「前例がない」という理由であえなく製品化は却下。元々、ウォークマンの様な革新的な製品で、70年前は東京五反田のしょぼい町工場でしかなかったSONYが世界のSONYに大躍進したはずでしたが、却下した方々はそれをすっかり忘れてしまっていたみたいですね。

同様に、スティーブ・ジョブズ自身が協業を持ちかけたiTunesも却下。今やGoogleがプラットフォームを牛耳るAndroid端末しか作れず、落ちぶれたものです。

既存技術の組合せで全く新しい価値観を生み出すのがイノベーションというやつだと個人的には思いますが、かつてはウォークマンで「音楽を持ち歩く」というその当時ではあり得なかった価値観で躍進したはずなのに。インターネット検索エンジンを広告媒体にしてビジネスがなかった場所を金のなる木にしたGoogle、既存技術の組合せだけでiPhoneを作り上げ、大昔言われていた「ユビキタス」を実現したAppleと比べてかなり差がついてしまいました。

スポンサーリンク

27: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 21:18:28.82 ID:Q6FvgBWq
任天堂とソニーもこんな関係を築けないもんかね?

 

28: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 21:34:41.55 ID:LPCJpxJv
>>27
日本企業は排他的で自前主義だから無理だろうな

 

40: 名刺は切らしておりまして 2017/08/16(水) 01:20:06.51 ID:CtEjPobM
>>28
任天堂とソニーはSFCの頃まで協業関係だった
スーファミのサウンドチップはソニー製だったんだぜ?
が、N64(予定)だったハードの仕様すり合わせで折り合わず破断
あろうことか、その時もちよったアイデアをベースにPSなんて作っちゃったから関係劣悪に
以後、任天堂がソニーとお付き合いすることはなくなった

この二社は、やる気とアイデアがあれば、プラットフォームの一角に食い込めたと思いますが、最後までゲーム機から抜け出せませんでしたね。スマホが携帯ゲーム機の一角に食い込んでくることも当時予想できていなかったんじゃないでしょうか。

しかし、任天堂のGame BoyやDSが今のスマホの携帯ゲーム機としての側面の原型になったというは間違いないでしょうし、今でもスマホと対抗して安定した業績を叩き出す任天堂はそれはそれですごい企業です。ポケモンに代表されるコンテンツ事業でも根っこを握り続けているため、そこで利益を出し続けられていますし。

それと比べると…、SONYって今何かあったっけ、と言いたくなりますね。しつこいけど。

盛田昭夫マインドを完全に忘れてしまい、他人が作った土台で安寧を求めるだけの人が上層部にはびこるとああもダメになるんだな。任天堂、Google、Appleはそういった人物が経営層に配置されない様な人事管理がきちんと出来ているんでしょうな。

スポンサーリンク

 

AndroidユーザとiPhoneユーザの客層の違い

12: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 18:26:07.25 ID:0l6lX1pE
Andoroidのシェアの方がかなり高いはずだけど
広告収入はiOSが半分もあるんだな

 

 

14: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 18:48:49.42 ID:inpG3xL1
GoogleってAndroidが売れてもiPhoneが売れてもどっちでもいいんだな
最強じゃん

 

18: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 18:59:20.47 ID:4CIu1tNt
>>14
Androidが売れた方がいいに決まってるじゃん
林檎に無駄金払う必要がなくなるわけだから

 

26: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 21:17:05.38 ID:ht4/3VXv
>>18
Androidユーザーは購入意欲が低く(貧乏)、iOSユーザーは購入意欲が高い(金持ち)。 
広告として金になるのはiOSだから。
AndroidのシェアがiOSより圧倒的なのにGoogleの広告収入の50%がiOSから、というのがそれを証明してる。

iPhoneからの広告収入が、台数が圧倒的に多いAndroidからの広告と同等ってことは、やはりAndroidユーザが広告経由でモノを買わないという傾向が強い、ということになりますね。良くいえば情報強者?、悪くいえばタダで必要な情報だけ取るよろしくない客層ということになるでしょうか…。

要求水準だけ厳しくて全然案件を持ってこない客先担当者みたいなもんですかね。

スポンサーリンク

 

Appleとサムスンの関係とは明らかに異なる

22: 名刺は切らしておりまして 2017/08/15(火) 19:38:32.40 ID:LPCJpxJv
AppleとGoogleはライバル同士というよりは協業企業に近いんだよな
Appleのライバルはどちらかと言うとサムスンだろ

 

51: 名刺は切らしておりまして 2017/08/16(水) 17:40:52.18 ID:kv7i9V7n
>>22
AppleとSamsungで特許侵害訴訟を年中起こしてスマホで利益を得ることが出来る上位2社同士で
独禁法を避けることが出来るという、単なる茶番

 

34: 名刺は切らしておりまして 2017/08/16(水) 00:14:04.55 ID:uw+vXgEJ
そもそもアップルは、ライバルで訴訟まで起こしてるサムスンに基幹部品のSOC造らせたり節操ないからね

Appleにとってはサムスンのスマホがどうなろうが知ったこっちゃないというのが本音じゃないでしょうか。iPhoneの基幹部品であるSOC (System On Chip) を要求仕様通りに開発・納品してくれれば良いわけで。

独禁法にひっかからないように訴訟合戦をする相手がたまたま同じサムスンだったというだけかも。その相手がサムスンだろうがノキアだろうがファーウェイだろうが、独禁法にひっかからなければそれはそれで良いんじゃないかな、と。

その辺りかなりドライで合理的な気がします。

関連記事

当サイトで人気のクレジットカード

ライフカード年会費有料版(Ch)

審査が不安な方向けのライフカード登場!
他社でクレジットカードを作れなかった人、申し込む価値アリです。
・年会費5,000円+消費税
ライフカードの完全独自基準による寛容な審査。
「審査の通りやすさ」がウリ。
・お誕生月はポイント3倍!ポイントは各種ポイント、マイル、仮想通貨に交換可能

カード不正利用・紛失対応 〇
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
5,000円+消費税0.5%~1.5%
ANA 2.5~7.5マイル/1000円
★+
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
一週間程度10万~200万円★★★★++★★★++

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード

ANAマイルへ1:1交換できるポイントが貯まる、アメックス発行の提携カード。
各種プロテクション(不正利用補償・盗難/紛失補償)が付帯。
ANAマイルを無期限化することも可能!
入会ボーナスでANAマイルを1,000マイルプレゼント! & ANA航空便搭乗でボーナスマイル+10%
入会審査は寛容な模様 (現況重視)。
・国内空港ラウンジ … ○ (同伴者一名も無料利用可能)
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
7,000円(税別)1%
ANA1マイル/100円 
 ★★★
最短発行ステータス度サービス充実度お得度
通常1~3週間★★★★★★+★★★++

楽天カード

楽天カードマンでお馴染み、年会費無料の高還元率カード。最初の一枚におススメ。
・信用育成後は最大ショッピング枠最大300万円/キャッシング枠最大100万円
常時1%以上の還元率
・楽天市場で3%~還元!
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料1%~10%★★++
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
一週間5万~100万円★★+★★★★

ライフカード

誕生月はポイント3倍!審査も緩めなお得カード!
年会費無料カードの中でもサービス充実
・貯まったポイントは各種ポイント、マイルや仮想通貨に交換可能
・年会費は永年無料
カード不正利用・紛失対応〇
海外旅行時のホテル・レストラン手配や病気・ケガの対応デスクサービス〇
審査はかなり寛容な部類。
・入会特典で最大15,000円分のポイントプレゼント!
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料0.5%~1.5%
ANA 2.5~7.5マイル/1000円
★★++
(有料版★+)
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
最短3営業日10万~200万円★★★★++★★★++

VIASOカード

安心と信頼の銀行系ブランド、三菱UFJニコスによる年会費無料カード
・最短で翌営業日発行
国内/海外旅行保険(最大2,000万円)利用付帯
・たまったポイントは1ポイント1円で年一回オートキャッシュバック
・会員用ショッピングモール経由でのネットショッピングで最大10%還元
・ETCカード決済でポイント2倍
・大手携帯電話キャリア利用料金(NTTドコモ、au、Softbank、Y!Mobile)決済でポイント2倍
・大手プロバイダ利用料金(Yahoo! BB、@nifty、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN)決済でポイント2倍
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
無料0.50%
5ポイント/1,000円
★★++
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
最短1~2営業日10万~100万円★+ ~ ★★★★★★★

ビックカメラSuicaカード

Suicaが付帯する多機能高還元率カード!
Suicaチャージで1.5%還元
Suica, ビックカメラポイントカードをまとめてお財布をスリムに
ビックカメラでのSuica支払いで10%還元
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
初年度無料
翌年以降477円(税別)
※カード利用で翌年無料
 1.0%~1.5%★★++
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
即日発行(店頭で仮カード発行)
通常約2週間
10万~80万円★★+★★★★

三井住友VISAクラシックカード

VISAカードの定番、銀行系プロパーカード!迷ったときはこれを作っておけばOK
・緊急時の対応に定評あり、初心者におススメ
クレジットカードに必要な基本機能を一通り備えたカード
信頼と安心の銀行系プロパーカード
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
 初年度無料
翌年以降1,350円
0.5%~1.0%
ANA300~600マイル/10万円
★★★(一般)
★★++ (学生)
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
3営業日10万~80万円★★★+★★★

dカード

ドコモユーザでなくても発行可能!作れば確実にお得、今や作らないのはもったいない
・ローソンでのお買物、5%還元!
・初年度年会費無料、翌年以降もカード利用があれば無料
・マツキヨ系列ドラッグストアでdポイント3倍!
・最短5分の超速審査!
・普段のお買物は1%還元
・ポイントは1ポイント単位で無駄なく利用可能!
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
初年度無料
翌年以降1,250円(税別)
 1.0%~4.0% ★★++
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
即日審査完了(条件付き)10万~100万円★★★★+★★★★★+

Yahoo!Japanカード

Tポイントがザクザクたまる高還元カード。最初の一枚におススメ!
通常1%ポイント還元
・Yahoo!ショッピングとLOHACOでTポイント3倍還元!
・Tカードとしても使えてお財布をスリムに
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
永年無料1.0%~3.0% ★★+
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
通常1~2週間10万~100万円★★★★★★+

アメリカン・エキスプレス®・カード

海外旅行に強いアメックスの元祖、定番のT&Eカード。
各種プロテクション(不正利用補償・ショッピング返品保障・盗難/紛失補償)が充実。
海外旅行サポート … ○
・国内空港ラウンジ … ○ (同伴者一名も無料利用可能)
・海外空港ラウンジ … ○ (プライオリティパス、スタンダード付帯)
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
12,000円(税別)0.3%~1% (最大3.0%)
ANA1マイル/100円 
 ★★★+
最短発行ステータス度サービス充実度お得度
通常1~3週間★★★★★★★★★★★++

おすすめ記事

1

2018年8月現在の、日本国内の主要クレジットカードの審査難易度のランキングです!当サイト独自基準で作成しております。2 ...

2

2018年8月現在の日本国内の主要クレジットカードの審査難易度の一覧をランキング形式で公開いたします!先日公開した、「ラ ...

3

今回は反響の大きかった、「ライフカード有料版(Ch)」と一般のライフカードの違いについて、審査における違いや付帯特典の違 ...

4

今回はクレジットカードの基礎知識として、クレジットカード利用枠のメイン枠である「ショッピング枠」と「キャッシング枠」につ ...

5

今回は、クレジットカードに必ず載っている、「VISA」や「Mastercard」といったいわゆる「国際ブランド」と呼ばれ ...

6

今回は最近よく聞く、「共通ポイント」という言葉の意味や、日本国内で現在主流となっている共通ポイントについて解説します。 ...

7

今回は、2018年4月現在の主要なクレジットカードに特典として付帯してくる、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の一覧表を ...

-時事ニュース

Copyright© クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~ , 2018 All Rights Reserved.