Pasmo Suica 交通系電子マネー

Suica、Pasmoオートチャージまとめ

投稿日:

皆さんは電車に乗るときにオートチャージを使っていますか?使っている方はわかると思いますが、一度使うと二度と手放す気がなくなるぐらいに便利なものです。今回は個人的な備忘録も兼ねて、交通系電子マネーの代表格であるSuicaとPasmoのオートチャージの条件についてまとめておきます。

また、SuicaやPasmo一体型や分離型クレジットカードの比較を後半に載せておきます。

 



Suica(スイカ)オートチャージの条件と制限事項

Suica (スイカ) のオートチャージ条件

Suicaのオートチャージは、手元のSuicaにチャージされている金額が一定以下になった状態で、「首都圏・新潟・仙台の各SuicaエリアとPASMOエリアの駅改札へ入場する」ことで発動します。つまり駅にいちいち行く必要があるわけですね。また、交通ICカード全国相互利用エリアではオートチャージは使えません。

元々が交通系電子マネーとして、タッチアンドゴーをより快適に行うためのものでしょうから、駅改札へ入場するという条件になってしまうのは仕方のない事なのかも。コンビニなどでもオートチャージできてしまうと、万が一オートチャージ設定してあるSuicaを落としてしまったときに無限に使われてしまうリスクもありますし。

スポンサーリンク

Suica (スイカ) のオートチャージに関する制限事項

オートチャージに使用できるカードは、ビューカード発行のクレジットカード、またはビューカードと提携している一部のクレジットカードのみです。

Suicaと紐づけたクレジットカードの、「指定商品利用枠 (*.1)」の限度額がオートチャージに使用可能な上限額になります。

*.1  ビューカードや提携カードには通常のショッピング枠以外に「指定商品利用枠」という利用枠があります。大抵はショッピング枠よりも低く設定されるようです。たとえば、私の手元にあるビックカメラSuicaカードはショッピング枠80万円に対して、指定商品利用枠は40万円に設定されています。

Suicaオートチャージ金額の変更

JR各駅に設置されているATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)でオートチャージ条件や金額の変更が可能です。ただしモバイルSuicaは手元のスマートフォン・タブレットからインターネットに接続されていればその場でオートチャージ条件・金額設定を変更可能です。

 

Pasmo (パスモ) オートチャージの条件と制限事項

Pasmo (パスモ)のオートチャージ条件

Pasmoのオートチャージ発動の条件は殆どSuicaと変わりません。手元のPasmoにチャージされている金額が一定以下になった状態で、「Pasmoエリアまたは首都圏・新潟・仙台の各Suicaエリアの駅改札へ入場する」ことで発動します。やはり駅でしかチャージできません。相互運用の際に足並み合わせたんでしょうね。同様に交通ICカード全国相互利用エリアではオートチャージは使えません。

スポンサーリンク

Pasmo (パスモ) のオートチャージに関する制限事項

オートチャージに使用できるカードは、Tokyo Metro To Me Cardや東急カードなどのPasmo加盟鉄道事業者と提携したクレジットカード会社が発行する一部のクレジットカードのみです。

また、オートチャージ可能な上限額は、一日10,000円まで、月に50,000円までとなります。この点はSuicaよりもかなり条件が厳しくなっていますね。現在定期券を購入せずに通勤しているサラリーマンである私の場合、一日往復330円に加えて喫茶店やコンビニを頻繁に利用するため、最低週一でオートチャージされています。昼食をPasmoで会計するようにしたら恐らく月50,000円の上限に到達するでしょう。上限に到達した場合、次の月までオートチャージできなくなるため、昼食は何があってもクレジットカードで支払っています。

Pasmo (パスモ) オートチャージ金額の変更

Pasmoに加盟する各鉄道事業者の駅内券売機でオートチャージ条件や金額の変更が可能になっています。この点の利便性については大してSuicaと変わりがありません。

また、Suicaと異なりモバイルPasmoなるものは今のところ存在していないため、クイックチャージという点で明らかに劣っています。しかし2018年3月より駅内券売機でクイックチャージが可能になるとのことです!助かりますね!

 

一体型と分離型、どちらがいいのか?

一体型 … クレジットカードとSuica/Pasmoが一枚のカードにまとまっている
分離型 … クレジットカードとSuica/Pasmoを別々のカードとして持つ

一体型の利点は言うまでもなく財布や定期入れスペースの圧縮ですね。一枚で完結するのは非常に楽です。一方、紛失した時は普段使いの(大半の人は定期券も載せているであろう)Suica/Pasmoとクレジットカードを同時に落とすことになるためダメージ甚大です。特にオートチャージしまくったり定期券を乗せたりしていると毎月利用がそれなりの額発生するため、いつの間にガンガン限度額が上がっていき、落とした時のリスクが増大していきますし。

分離型の利点と欠点は一体型と裏返しの関係になります。普段は定期入れにSuica/Pasmoを入れ、財布にクレジットカードを入れるという運用になると思います。

当方は現在のところ、Tokyo Metro To Me Card (分離型) と紐付けたPasmoのみを持ち歩き、本尊のTo Meカードは家の中の引き出しに厳重に保管してあります。やはり落とした時のダメージがでかいというのがネックになりまして…。一応、To Me Cardプライム (年会費2,000円)程度のカード単体で限度額が100万円あるので、これを定期入れに入れて持ち歩く勇気がないのです。

あくまで、当方の私見でしかありません。一体型で快適な生活をエンジョイしている方も多数いらっしゃいますので、最後は好みとリスクを勘案して個々人で決めるしかないところです。

 

Suica・Pasmo、一体型と分離型クレジットカード

Suicaに紐づけ可能な主なクレジットカード

クレカ一体型
分離型
ビュー・スイカカード

カード自体はSuica機能付きだが外部のSuicaとリンク可能
ビックカメラsuicaカード

カード自体はSuica機能付きだが外部のSuicaとリンク可能
JALカードSuica

カード自体はSuica機能付きだが外部のSuicaとリンク可能
イオンSuicaカード

カード自体はSuica機能付きだが外部のSuicaとリンク可能
ANA VISA Suicaカード

カード自体はSuica機能付きだが外部のSuicaとリンク可能
みずほマイレージクラブカードセゾンSuica

カード自体はSuica機能付きだが外部のSuicaとリンク可能
SMBC CARD Suica

カード自体はSuica機能付きだが外部のSuicaとリンク可能
スーパーICカードSuica「三菱東京UFJ-VISA」

カード自体はSuica機能付きだが外部のSuicaとリンク可能
横浜バンクカードSuica

カード自体はSuica機能付きだが外部のSuicaとリンク可能
TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD×

Suicaに紐づけ可能なクレジットカードは、大半がSuica一体型になっています。唯一の例外が分離型のみのTS3カード、これは自前で別のSuicaを用意してそのオートチャージ分の決済金がクレジットカードから引かれる仕組みになっています。

Pasmoに紐づけ可能な主なクレジットカード

クレカ一体型
分離型
Tokyo Metro To Me Card

外部Pasmoへのリンクも可能
小田急OPクレジットカード
×
京王パスポートカード
京急プレミアポイントゴールド/シルバー
×
京成カード
×
SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン
×
相鉄カード
×
東急カード
東武カード
横浜交通hama-eco card
×

Suicaと異なりPasmoに紐づけられるクレジットカードは、分離型のみのクレジットカードも多いです。

イチオシのクレジットカード

楽天カード

年会費無料カードならこれを作っておけばまず間違いのない一枚。審査も比較的寛容で、現況重視です。何より年会費無料でも常時1%、楽天市場で4%の還元率は他のカードより一歩リード。

審査難易度★★
お得度★★★★★
付帯サービス★★
年会費無料
ポイント還元率1.00%~4.00%
メリット・年会費永年無料
・ポイントは実質無期限!

・いつでも1%の高還元率。ETCやEdyでもポイント付与。
・楽天市場でポイント4倍 (キャンペーンで更に増量)
・楽天関連サービスではポイント2倍~ 最大10倍

・街中の提携店でポイントが使える。他ポイントへ交換不要。
・無料カードだが海外旅行保険付帯。

デメリット・楽天関連サービスを利用しない人にはメリットが少ない。

JCB CARD W

JCB CARD WのWはダブルのW!ポイント2倍は当たり前!ついに国際ブランドJCBが本気を出して来ました!

審査難易度★★★
お得度★★★★+
付帯サービス★★★
年会費無料
ポイント還元率0.70%~2.50%
メリット年会費永年無料
・安心と信頼のJCBブランドによるプロパーカード

・いつでもポイント還元率2倍
・学生も入会可能
・JCB CARD W plus Lは女性向け特典多数
・入会後のカード利用でキャッシュバックのキャンペーン
デメリット・年齢制限あり (18歳~39歳)
・Web限定カードのため、紙の利用明細が出ない

三井住友VISAクラシックカード

はじめの一枚や、一枚だけ作るといった場合には三井住友VISAカード が最有力候補の一角になります。ポイントサービス、保険、ETCなどのクレジットカードの基本機能が一通りそろっており、発行元が銀行系である安心感は大きいです。人前で使っても恥ずかしくありません。

審査難易度★★★
お得度★★+
サービス★★★+
年会費初年度無料、二年目以降1,200円(税別)
ポイント還元率0.30%~1.00%
メリット・安心の銀行系カード
・旅行保険、ショッピング補償サービス充実。
・家族カードも補償対象。
・ETCカード無料発行
・最短3営業日のスピード発行
デメリット・ポイント還元率が低め

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード は、アメックスをお試しで持ってみたい人にピッタリの一枚。学生や主婦の方でも申し込めます。年会費も実質無料でポイント無期限!アメリカン・エキスプレス・コネクトやオンライン・プロテクションなどアメックスの特典にプラスしてセゾンカードの優待も受けられます。また、セブン & アイ系列でのnanacoポイント付与や西武系列での5%OFFなど、生活に密着したお得度も魅力。

審査難易度★★+
お得度★★★★
付帯サービス★★★
年会費無料
2年目以降1,000円  ※条件付き無料
ポイント還元率0.50%~1.00%
メリット・年会費は実質的に永年無料 (年一度の利用で翌年無料)
・ポイントは完全無期限!
最短で即日発行!
・セブンイレブン、イトーヨーカドーで同時にnanacoが貯まる
・西友、LIVINで5%OFFの優待日あり
デメリット・生活圏内にセブンイレブンや西武系列のお店がないとメリットが少ない。

三井住友VISAデビュープラス

デビュープラス は三井住友VISAカードの中で、はじめてクレジットカードを作る18歳~25歳の方のためのカード。他カードより高還元率 & 年会費も二年目以降、年一度のカード利用で無料になる事実上の無料カード。大手銀行系の安心とお得な還元率を両立した、学生の方や新社会人向けのクレジットカードです。最短3営業日で発行してくれるのも◎。

審査難易度★★★
お得度★★★+
付帯サービス★★+
年会費初年度無料
2年目以降1,250円(税別)  ※条件付き無料
ポイント還元率0.60%~1.50%
メリット・安心の大手銀行系
・最短3営業日で発行
・ポイント還元率がお得

・年一度のカード利用で2年目以降も年会費無料
デメリット・年齢制限 (18歳~25歳)

楽天ゴールドカード

はじめてのゴールドカードとして飛び抜けてコスパの良い一枚。常時1%の還元率と楽天市場で最大5%還元!国内空港ラウンジも利用できるため旅行でも活躍します。

審査難易度★★+
お得度★★★★+
付帯サービス★★★
年会費2,000円(税別)
ポイント還元率1.00%~5.00%
メリット・ポイントは実質無期限!
・いつでも1%の高還元率。ETCやEdyでもポイント付与。
・楽天市場でポイント5倍 (キャンペーンで更に増量)
・街中の提携店でポイントが使える。他ポイントへ交換不要。
・空港ラウンジ利用可能。
・海外旅行保険利用付帯。
・限度額は余裕の最大200万円!
デメリット・楽天関連サービスを利用しない人にはメリットが少ない。

楽天ANAマイレージクラブカード

ANAマイルを貯めたい人のサブカードにピッタリ。実質無期限の楽天スーパーポイントを好きなタイミングでANAマイルに交換することで、マイルの期限を延長できます。

審査難易度★★
お得度★★★★
付帯サービス★★+
年会費500円 (税別)
年一回の利用で2年目以降、翌年無料
ポイント還元率1.00%~4.00%
メリット・年会費は二年目以降無料にできる
・100円/楽天スーパーポイント1P付与 or
200円/ANA1マイル付与

・いつでも1%の高還元率。ETCやEdyでもポイント付与。
・楽天市場でポイント4倍 (キャンペーンで更に増量)
・ANAマイルの期限延長に!

デメリット・楽天関連サービスを利用しない人にはメリットが少ない。

-Pasmo, Suica, 交通系電子マネー

Copyright© クレカ・電子マネーで節約!~生き残るためのお金の知識~ , 2018 All Rights Reserved.