1.節約術 ANC(ANAマイレージクラブ) JMB(JALマイレージバンク) MUFGカード ToMeカード クレジットカード 交通系電子マネー 交通費 電車代・バス代

ToMeカードをしゃぶりつくす。都内の単距離通勤者・営業担当者はToMeカードで小銭を稼ぐべし。

投稿日:

さて、今日は大人気のソラチカ (ANA ToMeソラチカカード) ではなく、あえて日の目をあまり見ない、Tokyo Metro ToMeカード (NICOS・JCB・UC発行) をうまく活用する方法を考えてみました。年間にして1万円前後と思われますが、何も考えずに手堅く小銭を稼げます。たまーに好きなものを買ったり外食したりする際の足しに出来るお金があるだけでも気持ちが少し前向きになるんじゃないでしょうか。

関連記事



ToMeカードの効率よい使い方を考える

何をすれば何ポイントが貯まるかを整理

クレジットカードを使用することで各種ポイントが貯まっていくわけですが、それぞれのポイントごとに使い道が変わってきます。この辺り交通系電子マネーが絡むクレジットカードについてはかなり複雑化してしまっています。

  • クレジットカード会社ごとのポイント … ToMeカードでPASMOにチャージした場合、ToMeカードでクレジット決済した場合に貯まるポイント
  • メトロポイント…ToMeカードを紐づけたPASMOで東京メトロの改札に入場するときや、メトロポイント加盟店でPASMOで買い物すると貯まるポイント

ソラチカ含めToMeカードはこの二種類のポイントが貯まります。前者、クレジットカード会社固有のポイントの交換先はクレジットカード会社ごとに少しずつ異なり、有効期限もそれぞれ異なります。
後者のメトロポイントはToMeカード各種共通ポイントの位置づけで、東京メトロに乗車するときや加盟店での買い物の際に貯まるポイントになります。今回はこの東京メトロポイントを貯めることに注力してみます。

いやもう複雑だなあ…。

ANAマイル向けのToMeカードの使い道

ANAマイルを貯めるならソラチカ以外あり得ません。むしろ交通系カードはソラチカ以外作る必要がないぐらい。これについては使い方を別記事で紹介する予定です。いろんなマイラーさんブログで紹介されてるやつですね。

スポンサーリンク

ToMeカードを最大限に利用する

ここではマイル以外の目的、純粋なポイントバックに焦点を当てて考えます。

まず乗車一回で貯まるポイントを把握しましょう。

  • To Me Card 一般(UC)…平日2ポイント、土日祝日6ポイント (年会費無料)
  • ANA To Me PASMO JCB (ソラチカカード)…平日5ポイント、土日祝日15ポイント (年会費2000円)
  • To Me Card Prime(NICOS/JCB)…平日10ポイント、土日祝日20ポイント (年会費2000円)
  • To Me Card ゴールド(NICOS/UC/JCB)…平日20ポイント、土日祝日40ポイント (年会費10000円)

年間何回ぐらい東京メトロに乗車するかを考えてみましょう。

その際、定期券で乗車する回数はカウントしません。定期券での乗車ではメトロポイントは付与されません。定期券をToMeカードで買う場合にはクレジットカード会社固有ポイントが付与されます。まずこの時点でANAマイル以外を目的としたポイント稼ぎのハードルがかなり上がります。

スポンサーリンク

通勤定期券による通勤者向け

東京メトロの駅が自宅最寄り駅や通勤先である場合、東京メトロの自動券売機ではToMeカードしか使えません。非常に不便ですが囲い込みのためなのでご理解下しあ。別に私は東京メトロの従業員でもなんでもありませんが…。

通勤定期で通勤されている方 (恐らく大多数) にとって、勤務時間中に頻繁に東京メトロに乗車する、または休日に東京メトロに頻繁に乗車する方以外、年会費有料のToMeカードを保持する利点はかなり薄れてしまいます。クレジットカード会社固有ポイントのポイントバックを主目的とする場合、年会費無料のToMeカード一般(UC発行)が結局一番お得になってしまいます。UCカードはクレディセゾン系列で、ポイント無期限ですので。

スポンサーリンク

通勤定期を使わずに東京メトロで通勤している人向け

毎日行き先が違う、家と職場が近過ぎていちいち定期券を買ってない (就業規則で許可されていれば)、こういった方はNICOS、JCB発行のTo Me Card Primeを使う利点が発生してきます。恐らくこういう方はかなり少ないんじゃないでしょうか。

勤務日を20日/月とした場合、家と職場の往復で稼げるメトロポイントは、10ポイント x 2 (往復) x 20 = 400ポイント/月 になります。年間で4,800ポイント
ここから年会費2000円+税を引いた分が、メトロポイント(楽天ポイントに交換可能)として稼げる額になります。
※To Me Cardゴールドの場合、年会費が10,000円+税になるので、乗車ポイントが2倍になるとは言え、赤字になってしまいます。

また、一回の乗車を165円とした場合、年間で480回乗車したときの電車賃は79200円となり、1000円で1ポイントのクレジットカード会社固有ポイントを約80ポイント獲得可能です。UC以外では交換可能なポイントが貯まりきる前に有効期限を迎えてしまいそうです。

これが営業担当者などで、勤務時間中に必ず一日二往復はメトロに乗るぜ!という方だと話は変わってきます。通勤による4800ポイント/年以外に、9600ポイント/年のポイント稼ぎを見込めます。年間合計で14400メトロポイントから年会費2000円+税を引いた分だけ手元に残る計算になります。
また、クレジットカード会社固有ポイントは約240ポイントの獲得を見込めます。ようやくまともに交換できそうなポイントが貯まるわけです。

一日メトロで3往復、ここまで頻繁に東京メトロに乗りまくってようやくTo Me Cardゴールドの真価が発揮できます。
To Me Cardゴールドでは乗車ポイントが2倍になるため、年間のメトロポイントは28800ポイントを見込めます。ここから年会費10,000円+税を引いても18,000ポイントが手元に残る計算になります。ようやくゴールドカードにする理由が見えてきました。

クレジットカード会社固有ポイントを考えると、やはりゴールドカードを作るにもUCが優勢に思われます。ポイント無期限だしね。

NICOS発行カードをわざわざ作る理由がない?

まとめると、

  • ANAマイルが欲しければソラチカを作るべき
  • ゆっくりポイントを貯める場合はUC(セゾン)の永久不滅ポイントには敵わない
  • 通勤定期以外で一日複数回、東京メトロに乗車する人はNICOSまたはJCBのToMe Primeカードを作る価値あり

私はメインカードをMUFGニコス系列としているため、個人的に残念な話ですが、ToMeカードを作る場合にわざわざニコスを選ぶ必要性が低いと言わざるを得ません。
ただし以下の条件を満たすJALマイラーは別です。

スポンサーリンク

JALマイルを狙うならNICOSを作るべき

ANAマイル以外貯められないのか…、と落胆し、ANAマイルからJALマイルへの交換ルートを調べてみましたが、最短で226日もかかるらしく全く現実的ではありません。よって、あえてこのTokyo Metro To MeカードでJALマイル蓄積を狙う場合、以下のルートしかなさそうです。

メトロポイントは捨てる

To Meカード紐づけPASMOで東京メトロに乗車するたびに貯まるメトロポイント、これANAマイル以外ではnanaco、楽天ポイント、パスモチャージにしか使えません。ここはnanacoか楽天ポイントにでも交換して割切って使い切ってしまうべきかと。

無理やりANAマイル経由でJALマイルに交換する場合、交換レートが悪い上に、JR九州のカードを作る羽目になったり、色々なポイントサイトを経由するため8か月近くかかります。

MUFGプラチナ・アメリカン・エキスプレスカードの登場

ここで輝くのがこのMUFGプラチナアメックス。NICOSカードのポイントをMUFGカードのポイントに交換すると、100ポイントで800JALマイルに交換可能です (ただし交換に初回は計9,000円の手数料かかりますが)。

例えば、30万円分Tokyo Metro ToMeカードPrimeでPASMOチャージしまくったり定期券買いまくったりして、ようやく300ポイントを2,400JALマイルへ交換できるわけです。PASMOチャージと定期券だけでマイルを稼ごうと思うと効率がかなり悪いです。よって、MUFGカード系列共通の「ポイント名人」というショッピングモールを通してToMeカードPrimeを使用することが、この方法の前提になってくるでしょう。

例えば、電子書籍をBookLiveで購入する場合、ポイント名人経由であればポイントが11倍になりますので、1,000円の買い物で88マイルもらえる計算になります。
…だったらMUFGプラチナアメックスだけ使ってる方が効率いいんじゃね? と言われてしまうとそこまでですが、どうしても通勤定期代や交通費で稼げるポイントをJALマイルにするにはこういうやり方しかないよってことで。

これ以外に何か良い方法あるかなあ。

ともかく、マイラーがソラチカに集中し、ソラチカが楽なのでANAマイラーがJALマイラーと比較すると人口が多いのも頷けますね。これじゃ流行らんよToMeカードも…。ToMeカードから直接JALマイルルートを作ってもらえないと、土俵にすら立てない。

スポンサーリンク

イチオシのクレジットカード

楽天カード

年会費無料カードならこれを作っておけばまず間違いのない一枚。審査も比較的寛容で、現況重視です。何より年会費無料でも常時1%、楽天市場で4%の還元率は他のカードより一歩リード。

審査難易度★★
お得度★★★★★
付帯サービス★★
年会費無料
ポイント還元率1.00%~4.00%
メリット・年会費永年無料
・ポイントは実質無期限!

・いつでも1%の高還元率。ETCやEdyでもポイント付与。
・楽天市場でポイント4倍 (キャンペーンで更に増量)
・楽天関連サービスではポイント2倍~ 最大10倍

・街中の提携店でポイントが使える。他ポイントへ交換不要。
・無料カードだが海外旅行保険付帯。

デメリット・楽天関連サービスを利用しない人にはメリットが少ない。

JCB CARD W

JCB CARD WのWはダブルのW!ポイント2倍は当たり前!ついに国際ブランドJCBが本気を出して来ました!

審査難易度★★★
お得度★★★★+
付帯サービス★★★
年会費無料
ポイント還元率0.70%~2.50%
メリット年会費永年無料
・安心と信頼のJCBブランドによるプロパーカード

・いつでもポイント還元率2倍
・学生も入会可能
・JCB CARD W plus Lは女性向け特典多数
・入会後のカード利用でキャッシュバックのキャンペーン
デメリット・年齢制限あり (18歳~39歳)
・Web限定カードのため、紙の利用明細が出ない

三井住友VISAクラシックカード

はじめの一枚や、一枚だけ作るといった場合には三井住友VISAカード が最有力候補の一角になります。ポイントサービス、保険、ETCなどのクレジットカードの基本機能が一通りそろっており、発行元が銀行系である安心感は大きいです。人前で使っても恥ずかしくありません。

審査難易度★★★
お得度★★+
サービス★★★+
年会費初年度無料、二年目以降1,200円(税別)
ポイント還元率0.30%~1.00%
メリット・安心の銀行系カード
・旅行保険、ショッピング補償サービス充実。
・家族カードも補償対象。
・ETCカード無料発行
・最短3営業日のスピード発行
デメリット・ポイント還元率が低め

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード は、アメックスをお試しで持ってみたい人にピッタリの一枚。学生や主婦の方でも申し込めます。年会費も実質無料でポイント無期限!アメリカン・エキスプレス・コネクトやオンライン・プロテクションなどアメックスの特典にプラスしてセゾンカードの優待も受けられます。また、セブン & アイ系列でのnanacoポイント付与や西武系列での5%OFFなど、生活に密着したお得度も魅力。

審査難易度★★+
お得度★★★★
付帯サービス★★★
年会費無料
2年目以降1,000円  ※条件付き無料
ポイント還元率0.50%~1.00%
メリット・年会費は実質的に永年無料 (年一度の利用で翌年無料)
・ポイントは完全無期限!
最短で即日発行!
・セブンイレブン、イトーヨーカドーで同時にnanacoが貯まる
・西友、LIVINで5%OFFの優待日あり
デメリット・生活圏内にセブンイレブンや西武系列のお店がないとメリットが少ない。

三井住友VISAデビュープラス

デビュープラス は三井住友VISAカードの中で、はじめてクレジットカードを作る18歳~25歳の方のためのカード。他カードより高還元率 & 年会費も二年目以降、年一度のカード利用で無料になる事実上の無料カード。大手銀行系の安心とお得な還元率を両立した、学生の方や新社会人向けのクレジットカードです。最短3営業日で発行してくれるのも◎。

審査難易度★★★
お得度★★★+
付帯サービス★★+
年会費初年度無料
2年目以降1,250円(税別)  ※条件付き無料
ポイント還元率0.60%~1.50%
メリット・安心の大手銀行系
・最短3営業日で発行
・ポイント還元率がお得

・年一度のカード利用で2年目以降も年会費無料
デメリット・年齢制限 (18歳~25歳)

楽天ゴールドカード

はじめてのゴールドカードとして飛び抜けてコスパの良い一枚。常時1%の還元率と楽天市場で最大5%還元!国内空港ラウンジも利用できるため旅行でも活躍します。

審査難易度★★+
お得度★★★★+
付帯サービス★★★
年会費2,000円(税別)
ポイント還元率1.00%~5.00%
メリット・ポイントは実質無期限!
・いつでも1%の高還元率。ETCやEdyでもポイント付与。
・楽天市場でポイント5倍 (キャンペーンで更に増量)
・街中の提携店でポイントが使える。他ポイントへ交換不要。
・空港ラウンジ利用可能。
・海外旅行保険利用付帯。
・限度額は余裕の最大200万円!
デメリット・楽天関連サービスを利用しない人にはメリットが少ない。

楽天ANAマイレージクラブカード

ANAマイルを貯めたい人のサブカードにピッタリ。実質無期限の楽天スーパーポイントを好きなタイミングでANAマイルに交換することで、マイルの期限を延長できます。

審査難易度★★
お得度★★★★
付帯サービス★★+
年会費500円 (税別)
年一回の利用で2年目以降、翌年無料
ポイント還元率1.00%~4.00%
メリット・年会費は二年目以降無料にできる
・100円/楽天スーパーポイント1P付与 or
200円/ANA1マイル付与

・いつでも1%の高還元率。ETCやEdyでもポイント付与。
・楽天市場でポイント4倍 (キャンペーンで更に増量)
・ANAマイルの期限延長に!

デメリット・楽天関連サービスを利用しない人にはメリットが少ない。

-1.節約術, ANC(ANAマイレージクラブ), JMB(JALマイレージバンク), MUFGカード, ToMeカード, クレジットカード, 交通系電子マネー, 交通費, 電車代・バス代
-, , , ,

Copyright© クレカ・電子マネーで節約!~生き残るためのお金の知識~ , 2018 All Rights Reserved.