クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~

キャッシュレス社会でこの先生きのこるため、クレジットカードのお得情報や入会審査に関する情報を発信しています。

ライフカード有料版(Ch) vs ANAアメリカン・エキスプレス・カード

投稿日:



今回はその独自の審査基準から、債務整理などの金融事故の喪明け後の一枚として人気の高い二枚のクレジットカードを様々な角度から徹底的に比較します。

もちろんどちらのカードも、異動情報ありのブラックの方専用というわけでは全くありません。高齢ホワイトの方や審査に自信のない方でも、今現在の支払い能力に問題なしと判断されれば審査に可決します。

本記事を読めば、喪明け後の一枚目や、審査に自信がない方向けの最初の一枚目としてどちらのクレジットカードがより適しているかが分かります。皆様のクレジットカード選びの参考になれば幸いです。

ライフカード有料版(Ch)とANAアメリカン・エキスプレス・カードの概要

ライフカード有料版(Ch)

「審査が不安な方向け」と謳うだけあり、過去の異動や延滞があっても支払い能力を見て審査が行われるようです。年会費5,000円+消費税。

ゴールド、ノワールカードは年会費10,000円+消費税。一般のゴールドカードと同様に空港ラウンジも使えます。

電子マネー「iD (アイディ)」に対応しており、Apple Payでも利用可能です。ETCカードが無料発行される点もクルマを日常的に利用する方にはありがたい点です。無料版ライフカードと異なり、海外・国内旅行保険も付帯しています。

ライフカード有料版(Ch)の説明書2018年版~審査が不安な方はコチラを~

ライフカードには二種類あります。年会費無料の「ライフカード」、もうひとつが年会費有料(5,000円+税)の「ライフカード ...

続きを見る

ライフカード有料版(Ch)からノワールデザイン登場、ゴールド(Ch)と同格の審査に通りやすいカードです!

ひっそりと、ライフカード有料版(Ch)からノワールデザインカードが登場していました。本当に何の通知もなくしれっと申込みペ ...

続きを見る

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

外資系カードのためか、現在の支払い能力を最も重視する審査基準です。信用情報に異動があっても可決した例も多数あります。年会費7,000円+消費税。

T&E (トラベル&エンターテインメント) カードのアメックスなだけあり、旅行関連の特典が充実しています。特にANAマイルへ100円/1マイル相当のレートで交換可能なポイントをゆっくり貯められるのは、いつかは貯めたポイントで海外旅行に行きたい方などにポイントが高いでしょう。ほぼすべてのJCB加盟店でアメックスカード利用可能なので、使えないお店があるかも、という問題点も今日ではかなり解消されています。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの説明書2018年版

今回は、通称ANAアメックス (穴雨) の特徴や審査基準、メリットやデメリットについてのお話をしたいと思います。今回のカ ...

続きを見る

ライフカード有料版(Ch) vs ANAアメリカン・エキスプレス・カード、十番勝負・・・ファイッ!!

ライフカード(Ch)、ライフカードゴールド/ノワール(Ch)、ANAアメックスを色々な角度で比較して、表にまとめてみました。

  ライフカードch(年会費有料) ライフカードゴールド(ch)
ライフカードノワール(ch)
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
カード券面

年会費5,000円+消費税10,000円+消費税7,000円+消費税
ETCカード無料無料発行手数料850円+税
審査難易度★+★+★★★
ショッピング枠10万円 ~ 20万円10万円 ~ 30万円概ね20万円~40万円
リボ・分割払い審査結果次第で利用可。審査結果次第で利用可。最短3か月後から利用可。リボ枠最大150万円。
キャッシング枠なしなしなし
ポイント還元率・有効期限0.50%
誕生月は1.50%
0.50%
誕生月は1.50%
0.33%~1.00%
電子マネーチャージなしなしなし
iD、QUICPAY、Apple PayiD 〇
Apple Pay (iD)
iD 〇
Apple Pay (iD)
Apple Pay (QC)
AMEX Contactless
航空系マイルANA 2.5マイル/1,000円ANA 2.5マイル/1,000円ANA 10マイル/1,000円
海外・国内旅行保険国内 : 最大1,000万円(利用付帯)
海外 : 最大2,000万円(自動付帯)
国内 : 最大1億円 (自動付帯)
海外 : 最大1億円 (自動付帯)
家族特約 : 〇
国内 : 最大2,000万円(利用付帯)
海外 : 最大3,000万円(利用付帯)
家族特約 : 〇
空港ラウンジ利用なし
同伴者1名無料

以下、評価内容の詳細について説明します。

年会費

  • ライフカード有料版 (Ch) … 5,000円+消費税
  • ライフカードゴールド/ノワール(Ch) … 10,000円+消費税
  • ANAアメックス … 7,000円+消費税

単純な年会費というコストを数字で見ると、一番安いのはライフカード有料版(Ch)です。とにかく年会費を安く抑えたい方は、ライフカード有料版(Ch)が有力な選択肢になります。

せっかくクレジットカードを作れるなら、多少年会費がかかっても特典を充実させたい方は、ライフカードゴールド/ノワール(Ch)やANAアメックスが魅力的に映ることになるでしょう。

審査難易度

  • ライフカード有料版 (Ch) … ★+
  • ANAアメックス … ★★★

数値として当サイトでは上記の様に記載しています。理由としては、入会資格まで考慮しているから、ということになります。

ライフカード(Ch)は学生やフリーターの方でもOKですが、ANAアメックスは学生・主婦などNGです。これは定期的な収入のある方のみを入会対象としているためです (年収250万~300万円程度が目安) 。

しかし、信用情報にキズのある社会人が入会使用とする場合、支払い能力に問題がなければ、両者の審査難易度は実はそこまで大して変わらないのではないか、という気もしてきます。特に年収300万円以上の一般的な社会人クラスの収入がある方だと顕著です。

いずれのカードも破産免責から数年経過している状態での審査可決報告の事例はあります。また、破産免責直後~2年ぐらいだと審査に通りにくいと言われている点も同じ。

申込み資格を考慮すると、審査難易度はライフカード(Ch)の方がやや寛容と言ってよさそうです。

ポイント

審査難易度はライフカード(Ch)の方が寛容と言える。しかし、ある程度の年収があればライフカードもANAアメックスもそこまで変わらない。

スポンサーリンク

ショッピング枠

  • ライフカード有料版 (Ch) … 10万円 ~ 20万円
  • ライフカードゴールド・ノワール(Ch) … 10万円 ~ 30万円
  • ANAアメックス … 上限なし

アメックスはショッピング枠の利用限度額を明確に定めていません。定期的な途上与信と自社カードの利用状況を見て、その都度利用限度額を調整しています。カード入会当初は申告年収の5~7%程度のことが多いでしょうか。20万円~40万円ぐらいになると思います。

正確な利用限度額を知りたい場合、カードデスクへ電話するしかないのは今も変わりません。

また、ライフカード(Ch)は最大でも30万円までしかショッピング枠がもらえず、そこから上に「育つ」ことは基本的にありませんが、ANAアメックスの場合は利用実績に応じてショッピング枠が育つのも大きな違いと言えます。

ポイント

ショッピング枠はANAアメックスの方が多い傾向。

リボ・分割払い

  • ライフカード有料版 (Ch) … 利用不可能な場合あり
  • ANAアメックス … あとリボ・ペイフレックス利用開始から3か月以上経過が必要

ライフカードの場合、ショッピング一括支払い枠と同額のリボ・分割枠をもらえたという報告も多いですが、その反面、審査の結果次第で一括支払い枠のみになる場合もあります。

アメックスの場合、入会から3か月以上の経過が必要ですが、審査の結果次第で最大20万円~150万円の利用枠でリボ枠を利用可能になります。

あとからでも個々の支払い単位でリボ払いに切替え可能である事、金額に余裕があることを考えると、この項目の勝負はアメックスに軍配が上がるといって良いでしょう。

キャッシング枠

  • ライフカード有料版 (Ch) … なし
  • ANAアメックス … なし

ライフカード有料版 (Ch)はショッピング専用カードです。しかしアメックスも数年前にキャッシングサービスを停止してしまいました。したがってこの点に付いては引き分けです。

何が何でもキャッシング機能が欲しいという方は、別途ACマスターカードを申し込みましょう。年会費無料で、仮にクレジット審査に落ちてもキャッシング機能のみのカードも発行されます。

ポイント

ライフカード(Ch)もANAアメックスのキャッシング機能なし。どうしてもキャッシング機能が欲しいならACマスターカードを申し込むべし。

ACマスターカードの説明書2018年版 ~最終兵器 : 困ったときのアコマス~

今回は、「アコマス」として知られるアコムから発行されている「ACマスタ―カード」について紹介します。アコムと聞くと『消費 ...

続きを見る

ライフカード(Ch) vs ACマスターカード

今回は、「審査に不安な方でも通る」として密かな人気を集めている「ライフカード有料版(Ch)」と、昔からのリーサルウェポン ...

続きを見る

 ポイント還元率・有効期限

  • ライフカード有料版 (Ch) … 0.50% ~ 1.50%・2年~最長5年
  • ANAアメックス … 0.33% ~ 1.00%・3年~無期限

ライフカード有料版(Ch)のポイント還元率は通常0.50%ですが、誕生月は3倍の1.50%に跳ね上がります。また、有効期限も基本2年有効ですが無料の繰り上げ処理をマイページで行うことで最長5年まで引き延ばすことができます。

反面、ANAアメックスのポイント還元率は当初は0.33%相当。ANAマイルも2ポイント:1マイルのレートでしか交換できません。入会当初のポイント有効期限も3年と長いわけではありません。

しかし「ポイント移行コース」に追加費用を年6,000円支払うことで実質1.00%超の還元率になり、ANAマイルへの等価交換 (1ポイント: 1マイル) も可能になります。また、年6,000円を支払った年はポイントの有効期限が無期限になるため、ゆっくりANAマイルを貯めて海外旅行に行きたいと漠然と考えている方は3年に一度6,000円払ってポイントを延命し続けて実質無期限にANAマイルを貯める、という小技を繰り出すこともできます。

ETCカード

ライフカード(Ch)やライフカードゴールド/ノワール(Ch)はETCカードも無料発行してもらえます。しかし、アメックスのETCカードは発行手数料850円+消費税がかかります (年会費は無料)。

ポイント

僅かな差ですが、ETCを使いたい方はアメックスを選ぶと追加の初期費用が発生します。

スポンサーリンク

航空系マイル

残念ながらライフカードのLIFEサンクスポイントは航空系マイルへ交換するのには向いていません。1ポイント/1,000円のレートで付与され、通常1ポイント = 5円相当の価値ですが、ANAマイルへの移行の際にはLIFEサンクスポイント1ポイント = ANA2.5マイルまで価値が目減りします。

日常のお買物でポイントを貯めてマイルに・・・、と目論んでいる方は一も二もなくANAアメックスをおススメします。ANAマイルへの移行に6,000円かかりますが、100円毎に付与されるポイントで1ポイント = 1マイルのレートで交換可能というのは非常に大きな違いです。

ポイント

費用を抑えてポイント還元を楽しむならライフカード。じっくりANAマイルを貯めていくならANAアメックスがおすすめ。

電子マネーチャージ

  • ライフカード有料版 (Ch) … ポイント付与なし
  • ANAアメックス … ポイント付与なし

実はライフカード(Ch)もアメックスも、プリペイド型電子マネーへのチャージでは一ポイントももらえません。電子マネーチャージの雄、リクルートカードはMUFGカードまたはJCB本体の発行のため審査が厳しめです。電子マネーチャージでウハウハしたい方はライフカード(Ch)やANAアメックスで修業しクレヒスを積み重ねた後に申し込むと審査可決率が上がるでしょう。最低でも半年程度のクレヒスが欲しいところです。

という事で本項目はドロー(引き分け)です。

ポストペイ型電子マネー(iD、QUICPAY)、Apple Payなどの対応状況

  • ライフカード有料版 (Ch) … カード自体にiD機能あり、Apple PayでiD利用可能
  • ANAアメックス … カード自体にAMEX Contactless機能あり、Apple PayでQUICPAY利用可能

iDとQUICPAYの普及度合いから見ても、ポストペイ型電子マネーの利便性はライフカード有料版(Ch)が明らかに勝っています。

未だに多いんですよ、iDのみ対応の自販機とかiDのみ対応の決済端末とか・・・。

ポイント

ポストペイ型電子マネーの利便性はライフカード(Ch)が一歩上を行く

スポンサーリンク

カードデザイン

  • 年会費5,000円+税
  • 年会費10,000円+税
  • 年会費10,000円+税

人それぞれ好みの分かれる点ですが、個人的にはアメックスのカードデザインを押しておきたいところです。

暗色ながら暗くなりすぎず、上品な存在感を放つカードデザインは流石ハイステータスカードを旨とするブランドなだけあります。

個人的な評価ですが、カードデザインはANAアメックスが上を行くと思います。普段使いでもカードを見るとちょっぴり嬉しい気持ちになれるのはアメックスならではです。ライフカードの鮮やかなブルーも気に入っていますが、今回は相手が悪かったと言いますか…。

海外・国内旅行保険 & 空港ラウンジ利用

海外・国内旅行保険はライフカードゴールド/ノワール(Ch)の圧勝です。年会費10,000円+消費税で他社カード付帯旅行保険の補償内容を圧倒する金額です。

  • ライフカード有料版 (Ch) … 海外 : 最大10,000万円(自動付帯)、国内 : 最大10,000万円(自動付帯) & 家族特約〇
  • ライフカードゴールド・ノワール(Ch) …
  • ANAアメックス … 海外 : 最大3,000万円(利用付帯)、国内 : 最大2,000万円(利用付帯)

国内主要空港のラウンジの使い勝手の良さはT&EカードであるANAアメックスが一歩上を行きます。特に同伴者一名無料が助かるという方も多いはず。同行するお友達や恋人、ご家族がカードラウンジを利用できるクレジットカードを持っていなくても同伴者として無料でラウンジを利用できるのは便利ですよ。

  • ライフカード有料版 (Ch) … なし
  • ライフカードゴールド・ノワール(Ch) … 国内空港ラウンジ利用可能
  • ANAアメックス … 国内空港ラウンジ利用可能

各種補償・プロテクション

こちらはアメックスの充実度合いが上に見えるのですが、実態はどっこいどっこいと言ったところです。

  • 盗難・紛失保障 … 届出から60日以内の盗難・紛失によるカード不正使用を補償
  • オンラインプロテクション … オンラインでの不正使用を補償
  • プロテクトYOU … 月額980円 or 1,850円で携行品や財布の中の現金の紛失まで補償

ライフカードは「盗難・紛失保障」しか約款に明記がありませんが、オンラインショッピングにおける不正使用の補償実績もあるそうです。

ただし強いて言えば、約款に明記があるかという点が重要かもしれません。約款に明記されていない場合、必ずしも対応してもらえるか保証がないという意味にもなります。しかしオンラインショッピング全盛のこの時分で、「カード番号流出によるオンラインでの不正使用は知りませんよ」なんてことを言ったら客が離れていくのはどこのカード会社も理解しているので対応せざるを得ないと思いますが。

おわりに

今回は様々な角度から、ライフカード(Ch)とANAアメックスの比較を行いました。

まとめとして、それぞれのカードに向いている人の特徴を書いていきます。

ライフカード(Ch)向きの方

  • とにかく年会費を安く抑えたい
  • あまり海外旅行や国内での航空機を利用しない
  • 電子マネーiD (アイディ) を使いたい
  • ETCカードを安く使いたい

ライフカード公式サイト

関連記事

ライフカード有料版(Ch)の説明書2018年版~審査が不安な方はコチラを~

ライフカードには二種類あります。年会費無料の「ライフカード」、もうひとつが年会費有料(5,000円+税)の「ライフカード ...

続きを見る

ライフカードゴールド/ノワール(Ch)向きの方

  • 外貨建て決済の手数料が安いMastercardブランドのカードが欲しい
  • 空港ラウンジ利用可能なカードが欲しい
  • 電子マネーiD (アイディ) を使いたい
  • ETCカードを安く使いたい

ライフカード公式サイト

関連記事

ライフカード有料版(Ch)からノワールデザイン登場、ゴールド(Ch)と同格の審査に通りやすいカードです!

ひっそりと、ライフカード有料版(Ch)からノワールデザインカードが登場していました。本当に何の通知もなくしれっと申込みペ ...

続きを見る

ANAアメックス向きの方

  • ANAマイルをじっくり貯めたい・追加費用がかかってもいいのでANAマイルを有効期限なしで貯めたい
  • American Express Contactlessを海外でガッツリ使いたい
  • 各種補償サービスで安心感が欲しい
  • 同伴者一名無料の空港ラウンジが利用可能なカードが欲しい
  • アメックスのブランド感を味わいたい

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード公式サイト

関連記事

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの説明書2018年版

今回は、通称ANAアメックス (穴雨) の特徴や審査基準、メリットやデメリットについてのお話をしたいと思います。今回のカ ...

続きを見る

ライフカード年会費有料版(Ch)

審査が不安な方向けのライフカード登場!
他社でクレジットカードを作れなかった人、申し込む価値アリです。
・年会費5,000円+消費税
ライフカードの完全独自基準による寛容な審査。
「審査の通りやすさ」がウリ。
・お誕生月はポイント3倍!ポイントは各種ポイント、マイル、仮想通貨に交換可能

カード不正利用・紛失対応 〇
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
5,000円+消費税0.5%~1.5%
ANA 2.5~7.5マイル/1000円
★+
最短発行利用限度額サービス充実度お得度
一週間程度10万~30万円★★★★+★★★++

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード

ANAマイルへ1:1交換できるポイントが貯まる、アメックス発行の提携カード。
各種プロテクション(不正利用補償・盗難/紛失補償)が付帯。
ANAマイルを無期限化することも可能!
入会ボーナスでANA1,000マイルプレゼント & ANA航空便搭乗でボーナスマイル+10%!
入会審査は寛容な模様 (現況重視)。
・国内空港ラウンジ … ○ (同伴者一名も無料利用可能)
年会費ポイント還元
マイル換算
審査難易度国際ブランド
7,000円(税別)1%
ANA1マイル/100円 
 ★★★
最短発行ステータス度サービス充実度お得度
通常1~3週間★★★★★★+★★★++

 

関連記事

おすすめ記事

1

2018年8月現在の、日本国内の主要クレジットカードの審査難易度のランキングです!当サイト独自基準で作成しております。2 ...

2

2018年8月現在の日本国内の主要クレジットカードの審査難易度の一覧をランキング形式で公開いたします!先日公開した、「ラ ...

3

今回は反響の大きかった、「ライフカード有料版(Ch)」と一般のライフカードの違いについて、審査における違いや付帯特典の違 ...

4

年会費無料ながら、ライフカード(Ch)などと同等に審査に不安のある方でも通りやすいと言われているセディナカードJiyu! ...

5

今回はクレジットカードの基礎知識として、クレジットカード利用枠のメイン枠である「ショッピング枠」と「キャッシング枠」につ ...

6

今回は、クレジットカードに必ず載っている、「VISA」や「Mastercard」といったいわゆる「国際ブランド」と呼ばれ ...

7

今回は最近よく聞く、「共通ポイント」という言葉の意味や、日本国内で現在主流となっている共通ポイントについて解説します。 ...

8

今回は、2018年4月現在の主要なクレジットカードに特典として付帯してくる、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の一覧表を ...

-アメックス, ライフカード

Copyright© クレジットカード社会で生きるということ~生き残るためのお金の知識~ , 2019 All Rights Reserved.