1.節約術 クレジットカード クレジットカードの上手な使い方

クレジットカード会社はどうやって利益を出しているのか

更新日:

日常で何気なく使っているクレジットカード。本記事では、クレジットカード会社がどのようにして利益をあげているのかを解説します。クレジットカードの仕組みを理解することで、より上手な使い方ができるようになる、と考えています。



クレジットカード会社の利益構造

クレジットカード会社も営利企業なので、利益を出す必要があります。カード会社の利益の源泉は大きく分けて以下の4つです。

  1. 加盟店手数料
  2. 分割決済の金利収入
  3. リボ払いの金利収入
  4. カード年会費

1.加盟店手数料の仕組み

クレジットカード会社は、カード会員が本来支払うべきお金を一時的にカード会員に代わり立替えて、カード会員が買い物をした店舗や企業に対して支払います。

加盟店手数料の仕組み

心理的に、人間は現金支払いを伴う買い物よりも、その場での現金支払いを伴わない買い物の方が購入決定のハードルが下がります。簡単に言うと、皆さんは少し欲しい程度のものを目の前にしたとき、手持ちの現金が足らなかったら、わざわざお金を銀行やコンビニATMから下ろしてきてまで買わないことの方が多くないでしょうか?ところが、これがカード決済だと手持ちの現金が足らなくても買えるのです。結果的についつい買ってしまいやすくなります。お金を使う、という実感を伴わないからですね。

ということは、品物を買ってほしいクレジットカード加盟店からすれば、クレジットカード払いに対応する方がお客様は買ってくれる可能性が上がり、売り上げアップにつながります。売り上げアップの機会を提供してくれたクレジットカード会社に、加盟店は決済額の数%の手数料を支払います。これが加盟店手数料と呼ばれる、クレジットカード会社の収入源の柱の一つです。

加盟店からすれば、売り上げの数%程度の手数料を払ってでもそれ以上に儲かるぐらいに、クレジットカード決済は売り上げアップの機会を提供してくれるということにもなります。また、加盟店手数料を考慮しつつも他店・他社に負けない価格競争力を持った値付けを行う必要がある、ということにもなりますね。

因みに、クレジットカード加盟店手数料は加盟店規約に則り、加盟店が負担するべきものです。消費者が負担する必要はありませんので、支払いを請求されても支払いの必要はありません。詳細は以下リンク先の記事を参照してください。

クレジットカード手数料の支払いを要求されても払う必要はない

2.分割決済時の金利収入

高いけど欲しいものを、クレジットカードであれば分割返済して購入することが可能です。あなたが分割払いで買ったものを、クレジットカード会社は加盟店側へ代わりに支払ってくれるわけです。カード会社からお金を借りて少しずつ返す、ということになるため、分割決済に対しては金利が発生します。

例) 楽天カードの分割金利

楽天カード_分割金利

ここでは楽天カードを例に取り上げます。楽天カードは二分割では金利が発生しませんが、三回以上の分割払いで金利が発生します。複雑な計算を分かりやすくするため、100円当たりの分割手数料を記載してくれているのが親切ですね。

楽天カード_分割支払い例

上記の例では、5万円の買い物を行い毎月8600円程度返済していくため、毎月金利の計算結果が変動します。そのため、100円当たり最終的にいくらの分割払手数料 (金利) を支払う必要があるか、を明記してくれています。

6回払い (半年で返済) にすると、決済額の約4%ほどの額を消費者が追加負担することになります。カード会社からすれば、半年間の貸付で4%の利回りが得られることになります。銀行金利よりも遥かに高い利回りであるため、ある種の投資と言えるのかもしれません。分割支払いにおける金利収入がカード会社の収入の柱の一つになり得ることがお分かりいただけると思います。

3.リボ払いの金利収入

リボ(リボルビング)支払いの金利収入も、カード会社にとって大きな収入となります。

例) 楽天カードのリボ払い

楽天カード_リボ払い2

リボ払いは、消費者にとっては毎月の支払額を一定としてくれる、分割支払いにはないメリットを提供してくれます。クレジットカード残債がいくらであっても、クレジットカード利用者は毎月一定額しか支払わなくて良いので、「消費者側の月々の支払い」は劇的に楽になります。何も考えずに使うと、長期的にはものすごい額の支払いになりますが…。

楽天カード_リボ払い1

この例で考えてみると、3回目以降の支払いは以下のとおりになります。

楽天カード_リボ払いシミュレーション

支払総額58,438円。実に17%もの金利を支払うことになります。カード会社にとって非常に大きな収入になることはもうお分かりいただけたと思います。「リボ払いにしませんか?」というお誘いのメールが多くなるのもうなずけますね。

消費者が無駄な支払いを抑えるために、リボ払いの際には少額ではなく、毎月返済可能な最大額を設定することをお勧めします。

リボ払いが消費者にとって全くメリットがないものなのか、と言うと決してそうではありません。例えば緊急の高額な出費が発生したが、加盟店側で分割可能な回数が少ない場合など、カード会社側でリボ払いにしてもらうことで、返済可能な最大額を返済しつつ、家計への影響を抑えてくれる効果があります。何も考えずにリボ払いにするのはお勧めしませんが、必要に迫られた場合には思わぬ味方になってくれます。使い方次第、です。

4.カード年会費

クレジットカード会社は自社の発行するカードの会員を増やすため、様々な特典を付与しています。これらの特典を提供し会員を獲得しつつも、収入を増加させることも目論んで、一部カードには会員資格を維持するための年会費が設定されています。

クレジットカード年会費の相場(税抜き)
  • 無料 … 通常カード
  • 2,000円~5,000円 … 最近増えたセミゴールドカードに多い
  • 10,000円前後 … 一般的なゴールドカード
  • 20,000円前後 … ゴールド~セミプラチナカード
  • 50,000円前後 … プラチナカード以上
  • 100,000円以上 … 一部ステータスカード
クレジットカード特典の例

例えばゴールドカードやプラチナカードには以下の特典が付与されることが多いです。

  • 空港のラウンジ使用が無料になる
  • 海外旅行、国内旅行の保険付帯 (通常はそのカードで旅費を決済した場合に保険適用ですが、一部の高ランクカードではそのカードを使用して旅費を決済していなくても保険が自動適用されることがあります)
  • コンシェルジュサービス (国内・海外ホテルやレストラン予約代行の相談などを受付け)

年会費の高いカードほど、一般的には与信枠も多く審査が厳しくなります。しかしカード会社は様々な特典を付与して高額な年会費を負担できる、カード会社から見た「良質な顧客」を囲い込みたいのもまた事実です。比較的高収入で決済額も多い傾向にあり、年会費以外の利益も期待できるためです。

年会費に話を戻しますが、例えば、年会費20,000円のゴールドカードの会員が1万人いれば、年間2億円の収入が約束されるため、カードの年会費はカード会社各社にとって無視できない収入源になっています。

 

以上、本記事ではクレジットカード会社がどの様にして利益を出しているか、を解説しました。

年会費無料カードなら楽天カードで決まり!

当サイトの一番人気は高還元ポイントで大人気の楽天カード。年会費も永年無料です!

はじめてのクレジットカードとしてもおススメです。様々なシーンで貯まる楽天ポイントでお得なポイント生活を始めよう!

安心の三井住友VISAカード

当サイトの人気二番手は、代表的なVISAカード、三井住友VISAカード!

最初の一枚ならこれ作っとけ!というぐらい、クレジットカードの代名詞的存在感は健在です。どこへ行っても使える安心感はやはりこのカードに勝るものはありません。使い込むことでゴールドカード、プラチナカードへとステップアップしていけるのも魅力の一つです。

JALマイルを貯めるならJALカード一択!!

本サイトで人気三番手はJALカード! 何だかんだJALマイルを貯めるなら一番効率がいいカードです。比較的、特典航空券での席を取りやすいのが魅力ですね。以下のリンクで申込みからカード発行までの流れも詳細に解説しております。

クレカ・キャッシュカード・WAONカード三位一体のイオンカードセレクト

生活圏内にイオンモールがある方は作っておいて損のない一枚です。このカード一枚でクレジット、キャッシュカード、WAONカードとして使えます。財布の中のカードが増えて大変…という貴方におススメの一枚。

初年度年会費無料!海外旅行にも強いセゾン・アメックスゴールド

貯めたポイントは永久不滅、失効しません!じっくりポイントを貯める派の人におすすめのセゾンカード。リーズナブルな年会費でアメックスゴールドと同等の付帯保険や各種特典も付いており、海外旅行に安心の一枚です。

-1.節約術, クレジットカード, クレジットカードの上手な使い方
-

Copyright© クレカ・電子マネーで節約!~生き残るためのお金の知識~ , 2017 All Rights Reserved.